ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

あまり安物な風呂用コーナーラックを選ぶと失敗するかも。

大阪から岡山の山奥に引っ越して二ヶ月半、こちらが新居の風呂となります。正直言って、きれいな風呂ではありません。もともと空き家でしたが備え付けのものは椅子とフタしかなく、壁も床もコンクリート剥き出しでザラザラ。床にものを置くとすぐに汚れます。よって、新たにコーナーラックを購入しましたが…。

広告

今回購入したもの。

ラックを買う前は、最初の写真のように、椅子のうえにシャンプーやらせっけんやらを乗せるしかありませんでした。まったくタイル張りされておらずザラザラな床のせいで、床にものを置いてるとゴミが付着しまくるのです。

だからといって椅子に乗せてても、椅子は平らではないので、ふとした拍子にすぐに床へものが転げ落ちて、結局汚れます。

そこで今回購入したコーナーラックは、「アスベル N・Wコートコーナーラック3段」です。選んだ理由は、とにかく料金が安かったこと。

安いだけあってか外見はシンプルで、ほぼ骨組みだけのような状態です。ただその分、水が溜まることはありません。

また、上段にはせっけん入れが備え付けられています。これさえあれば、別途せっけん入れを購入する必要がありません。しかし、ぼくは先にせっけん入れを買ってしまいましたが。

実際に設置してみる。

そして風呂場の隅にコーナーラックを設置し、椅子のうえに乗せるしかなかったシャンプーなども、コーナーラックに移動させました。

しかし実際に設置してみて問題が発覚。手前の方にやや傾いてくるのです。さらにラックを手に持って揺すってみると、けっこうグラグラ。安定しているとは言えません。

ラックが安定しない原因として、まず1つは床の傾斜が激しいこと。

排水口に水を流して床に水が溜まらないよう、風呂場の床は多少傾斜があることは仕方ありません。ただ、うちの風呂の壁際は特に傾斜があります。でも、コーナーラックというくらいなので、隅以外には置きたくありません。

もう1つ原因として、ラックの接地面の面積が小さすぎること。接地面は計4箇所あるものの、どれも足が小さいので、これで安定した設置ができるとは思えません。

床が平らであれば、小さい足でも安定した設置ができるでしょうけど、うちの風呂の斜め向いててザラザラな床では、厳しいところです。

でも、そんな床でも置けるようにするための対策なのか、吸盤が付属しています。ラックと吸盤をフックでつなぎ、吸盤を壁に貼り付けることで、ラックを押さえ付けられるでしょう。

ところが、うちの風呂は床だけでなく壁もザラザラです。このザラザラの壁に吸盤を貼り付けることはできませんでした。

もっと念入りに探せばよかった。

残念ながらうちの風呂では、このコーナーラックを安全に使うことはできなさそうです。少しでも安定性を上げるために、シャンプーなどは上段以外に置かざるを得ません。

さらに、後日他のコーナーラックもないか探してみると、もっと安いのに足が大きくて安定していそうなコーナーラックが見つかってしまいました。

実際に買ってみるまでは使い勝手がわかりませんが、もう既にコーナーラックを買ってしまい、また買うのもお金がかかってしまうので、しばらくは我慢せざるを得ません。

けっこう勢いで商品を買いがちなので、今回ばかりはもう少し慎重になればよかったと思います。かと言って、いつまでも考え込んでいると何も買えないので、バランス加減が難しいところ。

あるいは、壁と床にちゃんとタイルを張るのが、もう1つの手段。これなら今回のコーナーラックを使い続けることができますし、汚らしい見た目の風呂からもおさらばです。せめて安らぎの場はキレイでありたいものです。

コーナーラック買うよりは高く付きますけどね。

余談。

引っ越す前に居た実家には、シャワーがありませんでした。蛇口から湯も出ません。でも追い焚きはあったので、風呂桶に溜めたお湯をすくって身体を洗う日々でした。

しかし、せっかく身体を洗っても、人が浸かった湯で流すことになるので、こんなんじゃキレイになりません。

ところが新居に引っ越してからは、ついに念願のシャワーが使えるようになったので、ちゃんとキレイな湯で洗えますし、いちいち湯をすくうよりも圧倒的に時間を短縮できました。

他の人達は当たり前にやっていることなのに、ぼくはそれが今までできなかったので、たったこれだけのことで感動ものです。シャワー最高。代わりに追い焚きはありませんけどね。

ところでこのシャワーですが、近所の方がなぜかシャワーを持っており、それを譲っていただけたうえに取り付けもしてもらえました。もともと家に付いてたシャワーが壊れていたので、替える必要があったのです。

地方の人の良さを感じる出来事でした。