ワイヤード・パンチ

サイトレイアウトを変えてみました。よろしければアンケートにご協力ください。

いくら設定温度を低くしても、安物のエアコン暖房では、逆に電気代がかかる?

以前の記事のとおり、去年12月の電気代は約14,000円と、非常に高額になってしまいました。

ほぼ24時間エアコン暖房を付けっぱなしにしていたのに加え、熱帯魚用の水槽ヒーターも稼働させていたせいだと思われます。

しかし、残念ながら熱帯魚が全滅してしまったので、1月の途中から水槽ヒーターは無しとなりましたが、それなのに1月分の電気代はまたもや約14,000円。いったいなぜ?

広告

暖房の使用状況。

去年12月初めの時点で仕事を辞めたため、去年12月も今年1月もともに、家に居る日がほとんどでした。

そして、ぼくの住まいは岡山なのですが、家が山を登ったところにあるせいか、市街と比べると極端に気温が下がります。

そのため、夜間だろうが日中だろうが、四六時中暖房が欠かせない日がほとんどです。

寝ている間も暖房は付けっぱなし。布団を被ってても、寒いものは寒いのです。

ただ、暖房の温度を上げなくても、起きている間は厚着をして足に布団を被せておけば、最低温度である17℃に設定していても耐えられます。

(それでも、どうしても寒いときは1℃や2℃くらい上げますが…。)

でも、いくら2016年式の暖房と言っても、常時稼働ではやっぱその分、電気代が高くなるようです。

もし、買い替え前に使ってた1996年式のままだったら、もっとひどいことになっていたでしょうね…。

水槽ヒーターの仕様状況。

熱帯魚用の水槽にはヒーターが設置されており、水温が下がると自動的に作動し、設定温度まで上がると停止する仕組みです。

しかし、わが家の冬は寒すぎるせいか、常にヒーターが作動しっぱなし。

加熱の動作自体はしているものの、いくら待っても設定温度まで水温が上がり切ることはなく、ほぼ24時間稼働状態でした。

暖房とヒーターともにほぼ24時間稼働であるため、極端に電気代が上がったと言えます。

ただ、ぼくもとい飼い主の不手際でだいぶ数を減らしてしまった熱帯魚も、先月でとうとう全滅

よって、もうヒーターを動かす意味がないため、検針が行われるまでの数日間、ヒーターが完全に停止している状態となりました。

単純に考えたらその数日分だけ電気代が安くなっていいはずなのに、なぜか12月と料金がほぼ変わりませんでした。

高額の原因は大寒気?

12月も1月も寒いことに変わりはありませんが、1月の方が特に寒かったと言えます。

雪が降る日も多く、気温を調べてみると、早朝にはマイナス10℃寸前になる日もしばしば。

家中の水道が凍結する日も多数ありました。去年1月くらいは、1度しか凍結しなかったのに。

そのくらい、今年1月は寒い月だったのです。

めったに雪が振らない都心部でも、大雪が発生したらしいですからね。

そして、寒い日に発生することと言えば、エアコンの霜取り運転。

エアコンの霜取り運転が電気代を高くする!?

あまりに外気温が寒いと、エアコンが突然ブシュウゥゥゥと音を立てて温風を停止してしまい、しかもしばらくの間、冷たい風しか出なくなります。

この症状は、エアコンの故障ではなく、霜取り運転が作動しているために、一時的に暖房を止めて、室外機に付着した霜を取り除いているためです。

しばらくするとまた再開はするのですが、その間に起きた霜取り運転が、電気代が上がった原因かと思われます。

霜取り運転が終わったころには、室温が低下しているので、またエアコンはフル稼働して設定温度にまで運転し続けます。

先月は特に寒かったので、霜取り運転に移行してしまいやすく、なおかつ室温も下がりやすいため、設定温度から大きく離れてしまう。

その頻度が12月と比べるとあまりに多いと思われるため、水槽ヒーターと同じくらいの電気代になってしまったのでしょうか。

電気代を上げないための対策は?

寒冷地エアコンというものであれば、霜取り運転中も室温を維持できるそう。

今使ってる暖房は2016年式とはいえ通常の仕様で、なおかつ一番の安物だったので、もう少し奮発してこちらを選ぶべきだった?

ただ、寒冷地エアコンで霜取り中も温度を維持するために使う電力か、通常のエアコンで霜取り後に一気に温度を上げるための電力。

どっちが安上がりなのかは、わかりません。

温度の面で効率がいいのは、明らかに前者ですが。

本気で電気代を節約したいなら、もはや気合を入れて暖房なしで過ごすか、昼の間だけでもどこか暖房の効いている店で過ごすかになりますけどね。

今みたいに一日中家に居るときの電気代と、新しいノートパソコンの代金と店への移動費の合計、どっちが安上がりだろう…。

と言っても、うちの地域は雪のせいでしょっちゅう道が凍るし、原付しか持ってないから、そもそも外に出れないのでした。

クルマならまだしも、原付で凍結した路面を走るのは、命がけですからね。あと、寒い。

さらに言うと、外に出ないがために、今の生活にしてるんでした。

その分、夏はほとんど冷房を使わないので、そこで補えると開き直るか。

余談。

まだ大阪に居たころは、こんなに暖房代に悩まされることはありませんでした。

霜取りなんて動作をしていることも、意識していませんでした。

もしまだ大阪に居たなら、同じ使い方でもここまで電気代はかかっていないと思われます。

うちの地域が大阪と比べて寒すぎるので、ここまでかかったのかと。

ガスだってプロパンだから高いですしね。

はっきり言えることは、都会は家賃が高いけどそれ以外は安い、田舎はその逆。

都会に居ようが田舎に居ようが、結果的に手元に残るお金は同じ、ってことですね。

利便性を取るか静けさを取るかになるかと。

移住先の選択は慎重に。