ワイヤード・パンチ

こんな変化、誰も求めてない…。(CoD編)

2020年11月27日

今年の11月も例年どおり、コールオブデューティの新作が発売されました。ブラックオプス コールドウォーです。

誰も求めていない未来続きだったBOシリーズですが、ようやく舞台が過去に戻ったため、期待が高まりました。

いざ遊んでみると、CoDシリーズ1の駄作、というかCoDを名乗ってすらほしくなかったBO4よりは、BOCWの方が確実に楽しいです。

ただ、去年発売されたモダンウォーフェアと比べると、ぶっちゃけBOCWよりMWの方が楽しい…。

いじらなくてもよかったところを、なぜいじってしまったのか。といった感じです。

エイムアシストが無い。

今作で一番の不満点。

過去作の話になるのですが、BO2以降はPC版でもコントローラーが使用可能であるにも関わらず、エイムアシストはなぜか搭載されていませんでした。

エイムアシストがなければ、マウスの方が圧倒的に有利です。

しかし私はどうしても、なんというかマウスだとキャラとの一体感を感じられず、あまり好きではありません。

よって、PCでもコントローラーを使っています。

でも去年のMWになってようやく、PC版でもエイムアシストが有効になり、マウス相手でもほぼ対等に戦えるようになりました。

だからBOCWでも、コントローラーで思う存分戦えることを期待していました。

しかし実際にやってみると、銃を撃ってるとどうも違和感を抱くことに。

感覚的なものなのでうまく説明できないのですが、敵に弾を当てても手応えを感じにくいのです。

離れている敵に当たったものが自分に伝わるなんて、現実的にはありえないのですが、MWのときはたしかに弾を当てる手応えのようなものを感じていたのです。

でもBOCWだと、妙にふわふわしているというか。

頭上にHPバーが新たに追加されていますが、HPバーが減っていくのを見て、食らっていることがようやく把握できるといった感じ。

銃の反動が違うから?ヒット時のブチブチ音が小さくなってるから?

設定画面を見て、ようやく違和感の正体がわかりました。

なんと、エイムアシストを有効に設定していても、マルチプレイでは強制的に無効になるのです!

キャンペーンではちゃんと効いていたので、マルチプレイでも有効だとてっきり思い込んでいました。

エイムアシストが弱くなっている?という意見が飛び交うこともありましたが、そもそも効いていなかったのです。

だから、弾を当てる手応えを感じなかったのではなく、そもそもうまく当たっていなかったというわけです。

どうしてこんな仕様にしてしまったのか…。

考えられる原因としては、エイムアシストが有効だと、まれに曲がり角でも敵の存在を察知できてしまうときがあります。

それを防ぐためかもしれませんが、それに対してのデメリットがあまりにも大きすぎます。

MWから引き続いてクロスプレイが有効ですが、コントローラーが基本であるPS勢やXbox勢は、PC勢に手を焼くことになるのではないでしょうか?

CoD以外でエイムアシストがないゲームといえば、バトルフィールドやレインボーシックスシージもそうであり、これらもエイムアシストがないことが、すぐ辞めた原因の1つです。

(というよりこれらの場合、ゲーム性そのものが気に入らなかったというのが、大きな要因ですが。BFはマップ広すぎだし、R6SはCoDでいうS&Dみたいなルールしかないのがきつい。)

スコアストリークがいつ獲得できるかわかりづらい。

死なずにキルし続けることでキルストリークを獲得できたMWと違い、BOCWではあらゆる行動で得られるスコアをもとに、スコアストリークが獲得できます。

キルストリークだと、デスマッチ以外のときでもひたすらキルしか狙わず、目標を無視するユーザーを生む原因でした。

でもスコアストリークなら、旗取りやタグ取りなどでも獲得できる可能性があるので、一見すると利点が大きいように感じます。

スコアストリーク自体は過去のBOシリーズ自体にもあったのですが、今作の場合は死んでもスコアがリセットされないという要素が追加されました。

何度死に続けても、いずれはスコアストリークを獲得できるチャンスがあるということです。

しかし問題なのは、連続キルによるスコアの上昇量を大きくしてしまったこと。

そのため、高コストのスコアストリークを獲得するためには、結局従来どおり死なずに連続キルすることが一番であることに、変わりありません。

もうひとつの問題が、残り何点で獲得なのか把握しづらいこと。

先述のとおりキルのスコアが常に一定ではないため、計算式がややこしくなっています。

それに加えて、残りスコアの表示がリスポーン直後のわずかな時間しか出ず、なおかつ文字が小さいため、あと何体倒せばいいのか、いまいちわかりません。

バーによる表示なら常に表示されていますが、それを見たところで現在値も最大値もとっさにはわかりません。

こんなややこしい仕組みにするくらいなら、MW3やGhostsのときのようにポイントストリークにするのが、シンプルでわかりやすかったのではないかと思います。

なおポイントストリークというのは、キルストリークがベースとなっていますが、旗ゲットや2アシストでも1キル扱いになる仕組みでした。

スコアストリークの性能が卑怯すぎる。

苦労して手に入れるスコアストリークですから、もちろん強力ではあってほしいものです。

ただ、強力にするにしても、嫌がらせに近い方向に強力しているのは、いただけないところです。

BOCWのみならず、BOシリーズ通してこの傾向が続いています。

例を挙げると、巡航ミサイル

MWのときと違ってミサイルが3発になっており、その時点でまず強力です。

必要スコア数が挙がっているので、そうするのが当然と言えば当然ですが。

ただ、レーダーに映るミサイルのマークが小さいうえに薄いため、気づいてからとても回避できるものではありません。

そのため、何もないのに突然吹き飛ばされたと感じることがほとんど。

MWの巡航ミサイルならば、レーダーにでかでかと表示されるので、気づいてから屋内に退避するまで、充分な時間は取れます。

1発で敵を撃破できる威力を持ちながらも、対処法がわかりやすかったのが、MWの良いところでした。

ほぼ気づけずに対処できないのは、砲撃も同様です。

ただ、ヘリやVTOLを落とすときに関しては、デンジャークロースのおかげでランチャーの装弾数を増やせるので、それらは対処しやすくなったかもしれません。

キャラクターが少なすぎる。

まだ発売したばかりなので、すでにアップデートが積み重なったMWと比べて、武器やキャラが少ないのは仕方ないところ。

それにしてもMWの初期のときより、武器とキャラが少なくなっています。

ただ、武器に関しては似たような性能の武器が多かったので、あえて減らしたのは間違いではないかもしれません。

とはいえ、いくらサブウェポン化したとはいえ、ショットガンが2種類しかないのはさみしいけど。

問題はキャラクターの方。

一方のチームには7人、もう一方のチームには6人。合計で13人しかいません。

それだけなら充分居そうな数に見えますが、デフォルトで使えるキャラは、両チームともたった2人です。

他のキャラは特定のチャレンジをこなすことで開放となりますが、キャラによっては条件が異様に厳しいものがあります。

そのせいで、比較的チャレンジが簡単なアドラーとポルトノバ、それにデフォルトを加えた、同じ顔だらけの戦場になってしまっています。

現時点ではスキンが用意されていないので、服装まで被ってしまいます。

のちのちシーズンが開始されればマシにはなると思いますが、せめてもう少し、初めから使えるキャラを増やしてほしかったところです。

(シムズもチャレンジが簡単な方なのですが、同じチームのアドラーと比べると冴えない顔をしてるせいか、あまり見かけない。)

アナウンスが高圧的すぎる。

ゲーム性とは直接関係のない要素ですが、マルチプレイをしていると、アナウンサーがいろいろと状況報告してくれます。

MWだと負けた場合、「手ひどくやられたな。体を休めるといい」、「また次に勝てばいい」など、なぐさめの言葉をかけてくれます。

怒られるにしても、「もういい、退却しろ」といった感じで、マイルドめ。

しかしBOCWで負けたとき、ただ1つ気に入らないセリフが「恥を知れ!

MWのものと比べて、あまりにもきつすぎるセリフです。

負けてイラだっているときにこんな言葉をかけられては、ストレスが加速します。

BO4のときにも「足を引っ張っているのかお前か?」といったセリフもありましたし、どうしてBOシリーズのアナウンサーは、こんなひどい言葉ばかり投げかけてくるのでしょうか?

いくら戦争のゲームだからって、ゲームなんだから楽しくやらせてください。

数少ない良かったところ。

ワイルドカードの存在でしょうか。

これまでのBOシリーズで使われていたPick10システムは廃止となり、MWと同様のシステムに戻りました。

それに加えて、MWにはなかったワイルドカードという装備が新たに追加されています。

そのおかげで、どこかを伸ばすためにどこかを削るといった必要がなく、基本となるすべての装備は持ったうえで何かをプラスする、という組み方が可能になりました。

また、MWから引き続いて登場するフィールドアップグレードも、クラスの中に組み込まれました。

MWだとどのクラスを使っても共通であったため、対戦が始まってからモードに合わせていちいち切り替える必要がありました。

でもBOCWでは、モードごとにあらかじめフィールドアップグレードの異なるクラスを作っておけば、手間が省けます。

ワイルドカードはともかく、フィールドアップグレードのクラス化は、今すぐにでもMWにも輸入してほしいところ。

余談。2つの作品の統合は果たしてどうなるか…。

2日前に、BOシリーズの名物マップであり、もっとも好きなNuketownが実装され、発売当初よりは多少楽しくなりました。

しかし、それでもMWの方が楽しかったと言わざるを得ません。

(そのMWも、最近楽しいはShipment 24/7が来ているときだけなのですが。)

とにもかくにも、エイムアシストがないせいで銃を撃っててもぜんぜん手応えがないのがつらすぎます。

ただ、今月末まではNuketown 24/7が開催中です。

もっとも経験値を稼げるチャンスなので、つらくても今はLv55まで上げて、全ての武器を手に入れるまでがんばるつもりです。

なぜつらいのに続けるのかというと、来月のシーズン1開始とともに、ウォーゾーンにおいてMWとBOCWの統合が始まるから。

(キャンペーンでも、あのキャラがまさかの登場を果たしていました。)

今まで別々だったはずの2つの舞台が融合するので、互いの武器が入り乱れる様子が気になります。

とはいえ、FPSにおけるバトロワというルールは、本当に嫌いです。

装備はランダムかつ、どこに敵が居るかわからないうえに、死んだら即終了の厳しすぎるルールが、なぜ流行っているのかまったくわからない。

せめて、ウォーゾーンでたまに行われる52vs52のリスポーンありのチームデスマッチが、そのときにまた来てくれたら、多少は遊べるのですが…。

また、統合に伴って、今までMWの1モードとしてくっついていたウォーゾーンが、BOCWの1モードとして移転になるようです。

その際に、操作性がMWからBOCWのものに変わってしまわないか心配です。

BOCWは、たとえまたNuketown 24/7が来ても、エイムアシストがないせいでもう楽しめそうにない。

ウォーゾーンも、どっち側の操作性になるのかわからない。52vs52チームデスマッチが来ない恐れもある。

このままではもはや、MWに留まらざるを得ないかもしれません。

これからのシーズンのティア上げは、BOCWとMWで共通のものになるみたいですし。

しかし、MWの方も最近の行方が心配

本来のシーズン6終了日になっても告知がなく、後日になっていきなり延長。

さらに、プレイリストは更新されてるのに、そのときも公式Twitterからの告知はなし。

このままフェードアウトしないことを願いたいものです…。

というか、さっさとShipment 24/7を常設にしろ。

追記。(2020/11/28)

Nuketown 24/7が開催されている間にLv55を目指そうと思ったのですが、もう無理です。限界です。

3連敗で気が狂いそうになりました。

そのあと1勝はできたのですが、やはり何度やっても操作性に全く気持ちよさを感じません。

コールドウォーやめました。

お口直しのつもりでモダンウォーフェアで一戦やってみたところ、初めて行くマップだったのに圧勝。

たまたま味方に恵まれてたということもあるのですが、やはりモダンウォーフェアの方が断然楽しい。

全力ダッシュは使えるし、吸い付くように弾がガシガシ当たってくれる。

まるで自分の手足のように、キャラクターを機敏に動かすことができました。

そういえば、来月からBOCWのシーズン1が開催となります。

それに伴って、BOCWおよびMWでプレイヤーLvは1にリセットされ、なおかつ両作品でLvは共有となるようです。

いちおう今まで手に入れた武器はリセットされないとはいえ、またLv1に戻るのなら、必死こいて今BOCWでLv上げなんてしなくても良かったのです。

月末までBOCWに時間を費やすつもりでしたが、むしろもったいないことに時間を使わなくて良くなったと、せいせいしています。他のやるべき用事が進められる。

シーズン開始後、どちらの作品でLvを上げてもBOCWの武器はもらえるようなので、私はひたすらMWだけでLvを上げつつ、BOCWの武器だけはちゃっかりもらっておこうと思います。

ウォーゾーンも統合されて両作品の武器が使えるようになるので、BOCW自体は嫌いでも、武器はもれなくもらっておきたいところです。

といいつつウォーゾーンも、Rumbleモード以外はめちゃくちゃ嫌いなんですが…。

結局、MWにはまた一年お世話になりそうです。

よく考えると、これまでBOシリーズはすべて、楽しいと思えたことがないんですね…。

BO1よりMW2の方が好きでしたし、BO2よりMW3の方が好きでしたし、BO3や4よりGhostsの方が好きだった。

どのみち、BOシリーズとは相容れない関係だったのかもしれません。

ただ、MWもMWで全く問題がないわけでなく、ShipmentとShoot house以外のマップは広すぎかつ構造が複雑なので、もうShipment 24/7かShoot the Shipが来ているときしか遊びませんけどね。

さらに追記。CoDは終わった。もうやっていられない。(2020/12/11)

BOCWにターゲットエイムアシストという機能が、新たに追加されていました。

MWまでのような、敵を追尾するエイムアシストではなく、敵に照準を近づけたときにひっかかるような感じになるという機能です。

よって、やめようと思ったはずのBOCWを再度プレイ。

さすがにMWほど弾を当てやすくはならないのですが、初期のBOCWと比べると格段に弾は当てやすくなっていました。

しかし、初期より弾を当てやすくなったところで、結局何をしても全く勝てない!

ギリギリまで奮闘したうえに負けたのならまだいいのですが、いつも初っ端から大差を付けられて、全く逆転できることなく終了という展開ばかり。

BOCWの中では一番マシなはずのNuketownであってもです。

いや、あれだけ負けまくっていたら、むしろ一番ひどいマップだったのかも?

またNuketown 24/7が来てくれたので、今度こそLv55を目指そうと思ったのですが、もう無理です。

ターゲットエイムアシストがあったところで、どうにもなりません。

せめて、WarzoneにおけるBOCWとMWの統合まで待って、互いの世界の武器が共存する様子だけでも見ようと思ったのですが、WarzoneのルールそのものがBOCW以上につまらないため、ただの様子見だけでもどうせ時間の無駄です。

リスポーンありのRumbleが来たところで、結局はWarzone特有のマップの広さのせいで、遠くから理不尽に撃たれまくって終わり。

そして最後の望みである、これまで慣れ親しんできたはずのMWは、もう追加コンテンツがなさそう。

いちおうMWで遊んでもBOCWのシーズンのティア上げはできるようになるみたいですが、そのシーズンでMWのアイテムが手に入るとは、どこの記事を見ても一切書かれていない。

やりたくもないBOCWのアイテムのために、MWを遊ぶのもアホらしい。

仮にShipment 24/7が常設になったところで、誰に自慢するわけでもなく、何のために対戦し続けるのか、もはやわかりません。

というわけで、FPSそのものから引退します。CoDのみならず。

他のFPSはバトロワとサーチアンドデストロイばっかりで、まともに遊べるFPSがなかったのですが、その一番マシだったはずのCoDすらダメになってしまったので。

いっそ、対戦そのものから身を引いた方がいいのかもしれません。

勝ち負けという行為で得られるものが、本当に何もない。

むしろ、時間と神経と体力を消耗するだけ。

muro#1316’s Multiplayer Overview – COD Tracker

ただ、いちおうこれまで遊んできた時間を、完全にドブに捨てるのは惜しいので、戦績を確認できるサイトのリンクだけは貼っておきます。

こんなことに何日も使ってしまったという、戒めです。

今後は、対戦に使うはずだった時間を、別の有意義なことに費やしていくことにします。

BOCW、MW、およびBattle.netのアンインストール完了。

空き容量も気分もすっきりしました。

これからは、人と戦うこととは無縁の人生を送りたいものです。

またまた追記。懲りずに再インストールしたけど、結局は惨状を見るだけだった。(2020/12/17)

延期の末にBOCWのシーズン1がようやく開始されました。

無視するつもりだったのですが、どうしても様子が気になったので、我慢できずに再インストールしてしまい、MWの様子を確認してみました。

すると、思ったとおりMWに一切の追加コンテンツは無し。

一方で、WarzoneはBOCW側の1モードとして移行するはずだったのに、今もMWの1モードとして残り続けています。

WarzoneにおいてMWとBOCWの両方の武器が使えるようになりましたが、まだMWがベースであるためか、MW特有の快適な操作性でBOCWの武器を扱うことができます。

しかし、Warzoneというルールそのものがつまらないため、いくらBOCWの武器が扱いやすくなったところで、まるで遊び続ける気にはなれませんでした。

また、MWとBOCWでレベルが共有になり、MWで遊んでもBOCWのレベルを上げられるようになりました。

(ただし現在値は、アップデート前のBOCWの方のレベルに合わせられました。1にはなりませんでした。)

しかし、いくらMWで遊んだところで、操作が快適じゃないBOCWと、ルールがつまらないWarzoneのための武器がもらえるだけ。

もちろんMWで使えるものは、もう何ももらえない。

そんなBOCWとWarzoneのためだけにMWで遊び続けるのも、ただただむなしいだけ。

挙句の果てには、至るところでもうMWを見捨てたとしか思えない画面になっていました。

PC版においては、Battle.netのランチャーからModern Warfareという名前が消失。Warzoneに置き換わっています。

(Warzoneのロゴの下にMWがうっすらと見えていますが、MWとわかるのはただこれだけ。)

MW起動直後の画面においてもMWの名前はなく、BOCWとロゴと写真がでかでかと表示されるため、間違ってBOCW起動した?と一瞬思わされることに。

いちおうMWそのものにもアップデートは入っているのですが、一部の武器の強化と、プレイリストの更新だけ。

もちろんプレイリストには大人気のShipmentはなく、12vs12サーチアンドデストロイなど人をよほど選びそうなモードばかり。

こんなことでMWにプレイヤーが戻ってくるとは思えません。

ユーザーが望んでいないことばかりするCoDに、もはや未来は見えません。

他のFPSをやろうにも、MWほど操作性に優れたものはなく、ルールもバトロワやサーチアンドデストロイっぽいものばかり。

CoDどころかFPSそのものの衰退です。

またもや無駄な時間を過ごしてしまいましたが、もう復活の兆しはないということがわかっただけでも、良しとしましょう。

今度の今度こそ、CoDをインストールし直すことはありません。