ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

じぶん銀行を使ってきたけど、SBIネット銀行に乗り換えようか考え中。

ネット銀行の一つである、じぶん銀行。最大の特徴であるスマホATMを使いたいがために、メイン口座にしていました。

しかし、都合の悪いことがいろいろと出てきてしまっため、やはり別の口座に変えようか考えています。

以下、じぶん銀行で良かったことと悪かったこと、乗り換え先として検討中であるSBIの特徴をまとめてみます。

広告

じぶん銀行の良かったところ。

スマホATMが使える。

何といってもこれ。スマホで専用アプリを使えば、キャッシュカードがなくともATMから現金の出し入れが可能になります。荷物が増えません。

使えるATMはセブンイレブンにあるもの限定となるのですが、ぼくが現金を使う場面といえばゲーセンくらいであり、その道中にセブンイレブンはあるので、店舗が限定されていても問題はありませんでした。

大金がなくても手数料無料の回数を増やせる。

実店舗のある銀行の場合だと、同じ店舗のATMからだと何度手続きをしても手数料がかからない代わりに、他の店舗のATMだと手数料が高い。というのがだいたいの特徴です。

一方でネット銀行の場合だと、どの店舗のATMを使っても、月に数回までは手数料が無料、それ以降は手数料が発生、というのが特徴です。

状況によって無料の回数が異なりますが、他のネット銀行をいくつか見てみると、残高によって回数が変動というのが大半。それも、何十万から増加とか。

そんな大金ありません。ぼくではいつまでたっても無料の回数が少ないままです。

でもじぶん銀行にはFXがありまして、それで月に最低1回でもいいからFXで取引を行っていると、引き出しは8回、振り込みは3回まで、急激に増加できるのです。

じぶん銀行の悪かったところ。

先程挙げた長所ですが、実はそれが短所にも結びついていたりします。

FXの取引の最低数量が1000から。

最低1回でもFXで取引するだけで手数料無料の回数を増やせるのはいいのですが、取引するために必要な通貨の数量が多いのです。

そのせいで、たった1円分の取引をしようと思ってもできません。どうしても最低4~5000円くらいの資金をかける必要がでてきてしまいます

また、FXで取引の際には必ずスプレッドと呼ばれる手数料のようなものが発生するので、すぐに済ませようと買ってからすぐ売っては確実にマイナスです。

だから少しまってプラスになるのを狙いたいところですが、4~5000円というそこそこ大金をかけてるので、マイナスになった場合はさらに損害が膨れます。

一台の端末でしかスマホATMを利用できない。

普段持ち歩くのはスマホですが、家にはタブレットも置いています。

だから家でも寝転がりながら残高などを見たいと思って、アプリを入れてみたのです。

しかし、タブレット側で初期設定をする際、他の端末での設定はすべてリセットされてしまうことに。

つまり、スマホでまた使いたいときは、再度初期設定をやり直さないといけなくなったということです。

LINEと同様の仕様ですね。

IP電話だとそもそも口座開設できない。

口座開設には携帯電話の番号を求められるのですが、050で始まるIP電話の番号を入れようとしても、「070/080/090のいずれかで始まる番号を入れてください」という感じのメッセージを返されてしまいます。

とはいえ、じぶん銀行に限らず、ほとんどの銀行でこのような仕様だと思われます。

今の時代、正直言ってIP電話じゃない番号なんていらない気がするのですが…。

IP電話だとネット回線で電話するので、ぼくの住まいのように電波の悪い田舎でもwi-fiがあれば電話できますし、月額料金はなくかけた分だけ料金が発生し、しかもその料金も安いという、良いことづくめ。

頭の固い銀行員方にも広まっていただきたい…。

スマホATMの利用には、音声通話による認証が必要。

スマホATMの初期設定時、口座の契約情報に登録されている電話番号に、音声通話をかけてもらうことで認証完了となります。

ぼくがじぶん銀行の開設時には、現在のIP電話ではなく、音声通話つきSIMを使っていたため、その番号で設定を完了させられました。

それからしばらくしてIP電話に乗り換えをしたのですが、口座の情報やアプリの設定を特に変えずとも、スマホATMは利用できていました。

ところが、先述の一台のみログイン可という仕様のせいで、初期設定をやり直すハメに。

初期設定には音声通話による認証が必要なのですが、もともと利用していた音声通話つきSIMの電話番号はもうありません。

よって、口座の登録情報を変えないといけないのですが、これまた先述のとおり050電話では登録することができません。だから電話をかけてもらうことが不可能。

SMSのみの080番号ならあるのですが、音声通話による認証であるため、これでは意味がありません。

さらに、電話番号の変更を適用するにはスマホアプリからの承認が必要なのですが、タブレットでいったんアプリを使おうとしたためスマホでは使えなくなってしまい、初期設定にもつまづいているので、スマホ認証サービス解除の書類をもらわないといけない事態に。

つまり、050番号に乗り換えたあとにアプリのログインが切れてしまうと、もう二度と初期設定ができず、スマホATMが利用できなくなったということです。

今回、じぶん銀行をやめようと思った最大のきっかけがこれです。スマホATMのないじぶん銀行に意味はありません…。

乗り換え先をSBIにする理由は?

スマホATM目当てで使い始めたじぶん銀行だったのに、050番号に変えた、たったそれだけで使い物にならなくなりました。

キャッシュカードがあれば使えないこともないのですが、それでは他の銀行と変わりません。

でも、別の用事がきっかけで住信SBIネット銀行が良いのではと思えてきたので、それに乗り換えたくなったのです。

ただ、申込みはしたものの、現在はまだ審査が完了しているかどうかわからないです。

SBIFXに即入金できる。

以前、投資信託を利用していることについてお伝えしましたが、現在はFXを利用してお金を貯めていこうと考えています。

その理由はまた別の記事で挙げるとして、SBIFXトレードというサイトを利用しています。

ここでは証拠金を入金する際に、一部の銀行ならば振込日を待たずとも、即座に反映されるのが便利です。

ただ、その対応銀行一覧の中に、今まで使っていたじぶん銀行はありません。じぶん銀行から入金したい場合は、通常の振り込み手続きが必要になります。

サブ口座としてゆうちょも持っているのですが、じぶん銀行からゆうちょにわざわざ振り込んでは二度手間なうえに手数料無料回数を費やしますし、回数を使わないためにATMから直接移すのも面倒です。

ゆうちょ自体も、振り込みに関しては手続きの面でも手数料の面でもあまり使い勝手が良いものではないので、メインにはしづらいところ。

だから、即入金に対応しているSBIの口座をメインにしようと考えたわけです。

手数料無料の回数増加条件を満たせそう?

スマートプログラム – ランク判定条件|住信SBIネット銀行

SBIの口座で手数料無料の回数を増やす場合、上記サイトにその条件が載っています。

デフォルトであるランク1からランク2に上がった場合、引き出しは5回、振り込みは3回までになります。

現状のじぶん銀行より引き出しは少ないのですが、現金を唯一使う場面であるゲーセンに行くのは毎週日曜くらいなので、充分足ります。

そしてランク2になるための条件として、いくつかあるのですがその中から満たせそうなものとして、まずは給与の受け取り。そしてカードローンの利用

情けない話、クレジットカードに支払い残高が多量に残っていまして、その年利がかなり高いのです。

だから少しでも負担を減らそうと思い、クレカよりは年利が低いローンをツケに充てようと考えたわけです。

音声通話SIMじゃなくてもカードローンに登録できそう?

口座開設とともにカードローンにも申し込みできるのですが、当然ながら電話番号の入力が必要です。

そしてSBIでも、050番号では登録できないという点は同じでした。

でも諦めきれなかったので、ここはSMSのみが使える080の電話番号を入れてみたのです。その結果、申し込みはできました。

カードローンの申し込みには勤め先の情報も入れる必要があり、申し込みをした翌日には、実際にSBIから勤め先に、本人確認のため電話がかかってきました

その後、仮審査が完了したとのメールが届いたのですが、勤め先で本人確認ができたから、個人電話の確認は必要ないということでしょうか?

なお後日、審査が承認されたとの連絡が入り、カードが届き、ローンも使用可能の状態になっていました。

結局、キャッシュカードを持ち歩く生活に戻ってる。

スマホATMが使えなくなった以上、財布に現金とキャッシュカードを入れてゲーセンまで向かうようになったのですが、この程度の荷物をポケットに入れてるくらいなら特に支障は気がしてきました。

移動中は原付のトランクへ財布に入れてますし、いざゲーセンについたときも、ポケットに小銭をそのまま入れているのはこぼしそうなので、やはり財布に入れておくのが安心でした。

そして財布にはカードを入れるスペースがあり、カードを入れる程度なら財布がかさばることにはなりません

また、ゲーセンと言ってもデパートの中にあり、デパートにはATMもあるため、わざわざ道中のセブンイレブンに寄るより、デパートのATMから引き出した方が早いです。

取引にかかる時間も、キャッシュカードの方が手っ取り早い。

以上のことから、そもそもスマホATMのない口座でもやっていけると考えたわけです。

…本音を言うと、ゲーセンの全ゲームがさっさと電子マネーとかクレジットカードに対応してくれたら、口座のことやATMのこと、現金の持ち歩きにもう悩み必要がなくなるんですけどねぇ。