ワイヤード・パンチ

もう他人と対戦するゲームやめたい。

2020年7月13日

毎日マルチプレイをやるという行為に、意義を感じなくなってきました…。

今作は間違いなくシリーズ1の傑作だけど…。

コールオブデューティ(以下、CoD)シリーズ自体はCoD4(MW1)からずっとプレイしてきましたが、BO3の頃から、PCでも同じゲームできるからという理由で、XboxからPCに移転しました。

しかし当時のCoDのPC版は、XboxやPSと比べて明らかにプレイヤーが少なく、対戦すら始まらないことが頻繁にありました。

それ以降、しばらくCoDから離れていたのですが、去年になってようやくモダンウォーフェアが登場。

誰も望んでない未来戦ばかりだった近年の作品から一転して、ようやく待望の現代戦が復活。

クロスプレイが実装されたことで、PC版からであってもPS4やXboxOneのプレイヤーと一緒にプレイ可能になったので、プレイヤー数不足は解消。

さらに、PC版ではなぜかコントローラー使用時のエイムアシストが無効だったのが、MWでついにエイムアシストが有効に。

CoDシリーズに復帰するには、充分すぎるほどの理由でした。

それに加えて、過去作では有料だった新マップ追加が無料になり、マップ所有の有無によるマッチング差別も解消。

BO3以降悪名高かったサプライドロップ(いわゆるガチャ)も廃止され、好みのアイテムはストアから自由に選んで購入可能に。

もちろん、ガチャじゃないと絶対に手に入らないベース武器というのもありません。

武器のバランスうんぬんに関しては少々まだ問題があるものの、今作は間違いなくCoDシリーズ1の傑作であり、発売以降毎日のようにマルチプレイに明け暮れていました。

お金が湯水のように溶けていく。

先述のように、ガチャは廃止され、武器やキャラを着飾れるアイテムは、ストアから自由に選んで購入できるようになりました。

(海外ではガチャもといルートボックスが社会的に問題視されているため、その影響もあるかもしれません。)

しかしそのせいで、ちょっとでも欲しいと思ったアイテムはすぐ、気軽に購入できてしまいます。

ちょっと欲しいが何度も積み重なってしまい、気づけばクレジットカードに想定以上の請求が来てしまいました。

欲しいものが出るまで何度も回し続けないといけないガチャというのも、たしかに問題です。

それがあるため、私はガチャにあまり手を出しません。

でもガチャ廃止になってから、まさかガチャ以上の資金を費やすことになるとは思わず…。

さらにもったいないのは、一部を覗いて、ストアで買ったアイテムを、結局長く使い続けることはありませんでした。

たしかに外見こそ魅力的なアイテムは多いものの、性能的に扱いづらい武器だった場合、すぐにタンスの肥やしです。

また、ストアからアイテムを自由に選べると書きましたが、ラインナップは一定期間で切り替わってしまいます。

そのとき欲しいと思ったアイテムが、いつの間にかストアから消えてしまったということもあります。

再登場することもありますが、それはいつになるのかわかりません。

そのため、ストアで見かけたアイテムは消えないうちに即買わなければならず、それも浪費の原因のうちの一つです。

毎日やらなきゃもったいないという重圧。

今作にはデイリーチャレンジが実装されており、日替わりのチャレンジをこなすことで、限定のアイテムを入手することができます。

名前のとおり日替わりであるため、次の日になると別のチャレンジおよび報酬に変わってしまいます。

つまり、逃してしまったチャレンジは、次回いつ登場するかわかりません。

そのため、もし欲しいアイテムが出てきた場合、何がなんでもその日にチャレンジを完了させないといけません。

ただ、どうしてもその日に別の用事が発生したときは、さすがに用事をすっぽかすわけには行きませんし、チャレンジを捨てる羽目に。

そうなると、欲しかったアイテムを入手できなかった後悔に悔やまれます。

ほぼストアと同様ですね。

また、連隊に所属していると、特定の時間帯だけ経験値2倍になるハッピーアワーを設定できます。

ハッピーアワーを逃すと経験値がもったいないため、これも無理やり毎日やらされてしまう原因。

さらに、一定期間で更新されるバトルパスも存在しており、プレイ時間を積み重ねてティアを上げることで、様々な限定アイテムを入手できます。

ただ、ティアを上限の100まで上げるには、多大な時間をMWに捧げないといけません。

時間が足りない場合はティアの購入もできますが、それはそれでまたお金がかかります。

他に用事がいっぱいあるため、MWだけに時間を費やすわけにはいきません。

そもそも、バトルパスに存在するアイテム全部欲しいと言われたら、ぶっちゃけそうでもありません。

そもそもFPSなので、いくら着飾ったところで、自分の目からはそんなに見えません。

銃なら見えますが、激しい対戦のさなか、見ている暇はありません。

そんなもののために時間とお金を費やすなんて…。

特定のルールでしかほとんど勝てない。

私のマルチプレイの成績ですが、現時点では上の画像のとおり、1000戦以上行った中で、勝率が67.7%あります。

キルデス比こそ0.93といまいちなものの、積極的に勝ちに向かう行動を取れていると自負しています。

muro#1316’s Multiplayer Overview – COD Tracker

(COD Trackerによる計測です。)

しかし、どのルール、どのマップでも約2/3の確率で勝てるのかと言われたら、そんなこと全然ありません。

私が得意なのは、Shipment・Rust・Shoot houseなど比較的狭いマップだけであって、それ以外が出てくるとほぼ負けます。

広ければ広いほど、勝率はどんどん落ちます。

最近、上記のマップばかりやってるので、勝率が伸びているだけです。

だから基本的に、登場マップが限定されるモードにしか行きません。

ただ、厄介なのはプレイリストが週変わりであること。

そのため、やりたくないマップが混ざる週が存在することもあり、そのときは遊んでてもちっとも楽しくありません。

望みのマップが出るまで入退室を繰り返すという手段もありますが、それをやってるとなかなかマッチングが終わらないので、結局はしぶしぶ嫌いなマップでプレイします。

また、得意なマップが出たとしても、ルールが得意なものになるとは限りません。

ドミネーションやハードポイントなど、拠点まで走り回る事ができて、なおかつ敵の出どころが予測しやすいルールは、どちらかと言えば得意な方です。

一方で、敵の出どころが予測しづらく、慎重な行動が求められる、ごくシンプルなはずのチームデスマッチは大の苦手。

本当はどのマップやルールでも勝てるように努力するのが一番良いのですが、確実に勝てるようになるまで負け続けるという苦行が、私には耐えられません。

実力差が埋まらない。埋めるのがつらい。

先程書いたマップやルールが条件であれば、かなりの確率で勝てますし、チーム内スコアも1位を取れます。

ただ、対戦相手の中にはどうしても強いやつが出てきます。

たとえば、正面切って撃ち合っている最中に、突然しゃがんで回避するやつ。

基本的に胴体から上をめがけて狙うので、しゃがまれるとそれだけで弾が当たらなくなり、なおかつ自分で前に構えた銃に視界を遮られて、敵がどこにいったか一瞬わからなくなります。

そうなると、敵からは一方的に狙えるのに、こちらは敵を見つけられないので、当然やられます。

そんな芸当、デフォルトのコントローラー配置ではできません。

Xboxコントローラーの場合、RTで撃って、右スティックで照準しながら、しゃがみのBボタンを押すなんて、さすがにできません。

そのため、しゃがみを右スティック押し込みなどにすれば、照準を合わせて撃ちながらでもしゃがめるようになりますが、今まで慣れてきた操作を変えると、あまりの違和感に襲われて気持ち悪くなってきます。

撃ちながら飛び回るのも同様で、デフォルトのキー配置だと、右スティックに触れながらジャンプのAボタンは押せません。

だからこれもジャンプをLBなどに変えることになりますが、こうするとエイムに入るLTは変わらないものの、今まで人差し指で押していたLTを中指で押すことになり、また違和感に襲われます。

慣れれば強いのは間違いないのですが、そうなるまでにぎこちない動きを晒すことになるので、また負けが積み重なります。

行くも苦痛、留まるも苦痛。

PCでやるなら、コントローラーよりもマウスとキーボードの方がさらに強いとは思いますが、それで操作するのも苦手。

キャラとの一体感が感じないというかなんというか、結局は苦痛。

世間の流行りに全く共感できない。

サーチ&デストロイおよびガンファイト。

これらは、なんといってもリスポーンなしが最大の特徴。

でも私は、そのリスポーンなしというルールが、本当に嫌いなのです。

絶対にやられてはいけないという緊張感というのはたしかにあるものの、やられてしまうと次のラウンドになるまで、もうそれ以上何もすることがありません。

正確には味方視点のカメラに変わるのですが、応援くらいしかすることがありません。何も手出しできません。

そのカメラをただ眺めているだけの時間が、非常に退屈であり屈辱の時間です。

このようなあまりにも厳しい、どう考えても万人受けしそうにないルールが、なぜ流行っているのか本当にわかりません。

ほとんどの人が、コントローラーを持つよりカメラを眺めてる時間の方が長くなるのに。

どうして、同様のルールでリスポーンありのデモリッションやフェイスオフではダメなのでしょうか?

(フェイスオフに至っては、期間限定モードだからいつも遊べるわけじゃない。)

ただ、ガンファイトやS&Dは、まだマシな方と言えます。

本当になぜ流行ってるのか全く理解できない、むしろ理解したくないと言えるのが、WARZONE。いわゆるバトロワ。

武器がランダムなせいで使いたい武器が使えず、マップが広すぎるせいでただ歩くだけの時間が大半で、リスポーンなしだからやられるともう退場。

あらゆる要素がランダムなので、確実に勝利を決められる得意な手段が使えず、敵もどこにいるか全く掴めず、あまりにも運任せになりすぎます。

このモードだけ基本無料になっているので、誰でもプレイ可能なのですが、だからって何で1位以外全員負け扱いのモードをみんなやりたがるのでしょうか。

いくら時間をかけても敵が見つからない、それなのにどこからか撃たれて、突然終わり。そしてまた時間をかけてマッチング待ち。

こんなモードを何回も繰り返すより、リスポーンありのモードですぐに復帰した方が楽しくないですか?

なお、CoD以外でS&D的なゲームといえば、R6SとかCS:GOとか、未プレイですがヴァロラントとか。

他のバトロワゲームといえば、PUBGとかフォートナイトとかAPEXとか。今後、ハイパースケープとかいうやつも出るそうな。

これらもやったことはあるのですが、やっぱり他のゲームも復帰できない理不尽さのせいで、まるで楽しくありませんでした。

楽しさを見いだせるまで続ける気にもなりません。一度ダメだと思ったら、そこで縁切りです。

結局はCoDに立ち戻り、リスポーンありのモードだけを遊びます。

負けたときのイライラを抑えられない。

ただ負けるにもしても、互いに拮抗した状態が続いた末に負けたのなら、良い勝負だったとしてまだ納得できます。

しかし、負け方として許せないのが、いきなり大差をつけられてそのまま逃げ切られてしまうこと。

もう一つは、初めは余裕でリードしていたのに、途中から逆転されてそれから為す術もなく終わってしまうこと。

こんな大敗を喫したときには、部屋で一人勝手に喚き散らしてしまいます。

さらに、最近は得意なルールやマップを続けて勝率が徐々に上がっている状態なので、勝率がまた落ちてしまうのも許せません。

それに加えて、得意なルールやマップなのに負けたら、なおさらです。

せめて1敗で抑えられたらいいのですが、連敗したときには、もうどこに怒りをぶつけていいのやら。

しまいには、自分は悪くない、味方のせいだと言い張ってしまいます。

もう味方を信用できなくなったらおしまいです。

自分勝手なことしか考えない味方も、たまには居ますが…。

勝っても誰も得しない。

負けたら得られるのはイライラだけ。

じゃあ勝ったらどうなのか。

自分ひとりが快感になるだけです。

基本的に一人でしかプレイしないので、勝っても喜ぶのは自分だけ。

一緒にCoDをやる知り合いもいないので、勝利報告や成績を投稿したところで、誰も興味を持ってくれません。

一方で、他人の活躍に興味あるかと言われたら、私は全然興味ありません。

世間でeスポーツが流行っていますが、誰が優勝して大金を得ようが、しったこっちゃありません。

自分が他人の勝ち負けに興味ない以上、自分が勝利したところで誰も興味持ってくれないのは、当然と言えます。

一緒にプレイする人が居れば多少は違うのでしょうけど、先述のとおり、負けて喚き散らす恐れがあるので、とても他人と一緒には遊べません。

勝ち負けで得られるものを見いだせない以上、もう勝ち負けにこだわるのがむなしくなってきました。

チャレンジが確実な勝利を妨げる。

今作のなかでもっとも問題点だと思うのが、チャレンジの存在。

限定アイテムをもらうための工程ではあるのですが、その内容に無茶なものが多すぎます。

特に厄介なのが、最大の難関である武器のゴールド迷彩を得るためのチャレンジのうち、ロングショットキルのチャレンジ。

わざわざ武器の威力が最低まで落ちる射程まで離れて、敵をキルしなければいけないという、勝利とは程遠い行動を強要されてしまいます。

やはりゴールドは努力の証明だからなのか、みんなこぞって狙いたがり、よく現れるのは、ドミネーションでA旗・C旗の地点から一向に動かず、狙撃しかしないやつ。

チームが窮地に陥ってもそっちのけで、自分のことしか考えない芋虫が大量に湧く原因となっています。

スナイパーが相手だった場合は、どのみち敵いませんし。

こんなもの入れるくらいならゴールド迷彩なんて、というよりはチャレンジなんて廃止してほしいです。

せめて、BO1やMW3のときのように、好きな武器をひたすら使い続けるだけでゴールドにするべきです。

ダマスカスやオブシディアンなんてのも登場してしまいましたが、ゴールド以上の無茶を要求するレアな迷彩は本当にいらない。

苦行に時間を費やすより、得意な戦い方で勝利を重ねる方が、よっぽど有意義な時間の使い方。

もうムダな時間は過ごしたくない。繰り返さないためには?

他の用事もあるのに、毎日勝負事に時間を費やし、そして得られるものはどうでもいいものばかり。

そのことに気づいてしまったので、しばらくはMW含め、他人との対戦があるゲームはやりたくありません。

かといってMWをそばに置いていると、またやりたくなってしまい、そして損する恐れがあります。

そのために、まず真っ先に取る手順は、MWおよびBattle.netのアンインストール。

MWはサイズが200GB以上もあるため、またインストールしようとすると、何時間も待つことになります。

それだけで充分な抑止になります。

Battle.netからのインストールになるので、ランチャーを消しておけば、さらに抑止になります。

一方で、ゲーム自体をやめるつもりはなく、あくまで対戦したくないだけなので、Twitterでゲーム系の情報の収集は続けています。

ただし、洋ゲーを扱うアカウントもフォローしているので、このままだと当然、CoDなどの情報も入ってきます。

情報を見るとまた気持ちが揺らぐ恐れがあるので、キーワードミュートをかけてシャットアウトしておきます。

CoD関係のみならず、先述の嫌いなバトロワおよびS&D系ゲームも含めています。

どうしても漏れがあった場合は、情報の深追いをせずに即座にそのワードを追加。

残念ながらタイムライン上でしか効きませんが、検索したりプロフィールを開かない限りは自衛できます。

これで、毎日1時間以上ムダにしていた時間を浮かすことができました。

対戦のことは忘れて、他にやるべき用事を進めていきましょう。

またゲームをしたくなっても、人と争わないゲームにすればいいのです。

余談。

ここまで書いておきながら、CoDの次回作は気にせずには居られません。

次回はブラックオプス(以下、BO)シリーズになる説が濃厚ですが、BOシリーズはMWシリーズと比べて、あまりハマれたことはありませんでした。

BO1はPERKのプロ化が厳しすぎで、BO2はキルストリークが理不尽に強く、BO3は高機動になりすぎて操作が厳しく、BO4は体力が高すぎてアナウンスが高圧的すぎ。

発売されたら少しはやるかもしれませんが、MWほど時間を使うことはないでしょう。

MWで充分時間を浪費しているので、時間を浮かすちょうどいいきっかけです。

追記。やっぱり対戦は無理してやらなくていい。(2020/7/26)

とあるラジオを聞いてると「FPSやってると放送できないレベルで口が悪くなる」みたいなこと言っていました。

まるっきり二週間前の自分に当てはまっていました。

ラジオの場合はそれもネタになるので良いのですが、私のような知名度のない一般人だと、ブチギレながらゲームするのは自分自身にとって全くもってムダな時間ですし、配信していた場合は視聴者にとってもただのノイズです。

モダンウォーフェアをやめて二週間が経ち、その間に他のゲームや用事をすることはありましたが、モダンウォーフェアをやっていたときほどブチギレることはありませんでした。

全くもってイライラせずに過ごせたわけではないのですが、対戦のような他人の妨害がある出来事のせいでイライラさせられた、ということはありませんでした。

しかしこの二週間、モダンウォーフェアやFPSの情報を完全にシャットアウトできていたのかと言われると、実はちょっと情報を探ってしまいました。

とはいえ、再び遊ぼうという気にはなりませんでした。

モダンウォーフェアの方ではこの二週間、Shoot HouseやShipmentなど、得意なマップだけが出てくるプレイリストがまたあったみたいなのですが、もう起動すら面倒くさいという気持ちにしかなりませんでした。

つまり、モダンウォーフェアをやめるまでの毎日は、ただただ惰性で遊んでいただけということが判明しました。

その日そのシーズンでしか手に入らないアイテムが多々ありますが、もう逃してしまっても、ぜんぜん悔しくありません。

むしろ、毎日の縛りから解放された気分です。

気分が楽になっただけでなく、余計なアイテムも買わなくて済んだので、お金も浮きました。

本当、やめてよかった。

ただ、どうしてもまた対戦ゲームに復帰したくなったとしても、昔のCoDのように、シーズン制や期間限定の要素がないゲームが望ましいです。

CoDの過去作ではMW3が一番好きだったのですが、MW3を遊んでいた当時は、毎日とりあえずやらないと…という強制的な気分ではなく、ちょっと遊びたい気分だから遊ぶという、気ままなペースで遊べていた気がします。

追記。暴力要素さえなければ対戦は楽しい? (2020/8/11)

もう対戦やめたいと言っておきながら、また対戦ゲームに復帰してしまいました。

ただ、対戦とは言っても、CoD含め人殺しが当たり前のFPSは、しばらくやるつもりはありません。

今やってるのは、先週から配信されて、突然世界中で大人気となったFall Guysです。

あまりにも話題なため、始めてしまいました。

もはや説明は不要かもしれませんが、簡単に言ってしまえば60人規模の大運動会といったところでしょうか。

毎回ランダムで選ばれるコースを順に勝ち抜き、最終的に1位を取れば勝利という、いわゆるバトロワです。

ただ、バトロワと言っても、大規模マップで散り散りにスタートし、しらみつぶしに敵を探すだけの、私の大嫌いなあのバトロワとは全く違います。

選ばれる競技は障害物競走等なので、何も起こらない時間というのはないですし、敵と直接殺し合うことは一切ありません。

キャラの操作もジャンプとダイブと掴みだけで非常にシンプルかつ、変なコントローラーの持ち方をしないとできないような、複雑な高等テクニックは必要としません。

物理演算も働いているため、細い道をみんなで一斉に抜けようとして渋滞したときに、互いにぶつかりあってなぜかあらぬところまで吹っ飛ぶことがしょっちゅう。

多々発生するハプニングで、負けることも多数ですが、見ているだけで愉快な光景なので笑って許せます。

また、このゲームには戦績の記録がありません。

バトロワなので1位以外はすべて負けとなりますが、いくら負けても恥ずかしい記録が残らないので、連敗がさほど気になりません。

デイリー要素もないので、毎日無理にでもやらなきゃという強迫概念に駆られることもなく、気が向いたときに気ままに遊べます。

もちろん、負けとは程遠い行動を取らされるチャレンジ要素もありません。常に全力で戦えます。

ゲームのルール自体にストレスが少なく、なおかつ戦績などのようなルール以外でストレスになる部分もなく、ここ数年で心から楽しめる対戦ゲームにようやく出会った気分でした。

ただ、絵柄的にもルール的にも、FPSよりも圧倒的に平和に見えるゲームであっても、どうしても少々イラつきを感じずにはいられない部分がありました。

直接的に他のプレイヤーを殴ったり蹴ったりといった、暴力行動を取ることはできませんが、掴んで身動きを取れなくする妨害をすることはできます。

渋滞さえしなければ大したことない競技だったのですが、動く段差が迫ってくる直前に敵プレイヤーに掴まれてしまって、そのまま段差につまづいて転倒し、場外まで流されて落ちてしまいました。

意図しない渋滞で吹っ飛ばされしまうのならまだ笑って許せたのですが、掴みという明確な敵意を持って落とされてしまったので、さすがにこのときばかりは相手にキレてしまいそうでした。

勝てば最終戦まで進めたかもしれないというラウンドだったので、なおさらです。

今は配信されたばかりなので、各プレイヤーの腕前が成熟しきってしないということもあり、のちのちこのような手段を取ってくるプレイヤーが頻出する恐れがあります。

また、今までなかったようなゲームだから、負けても楽しく感じるのは今だけかもしれません。

FPSは長年遊んできたので、勝ちが当たり前みたいなところがあります。

この先、このゲームでも平穏に遊び続けられるか不安になってきました。

とはいえ、明確な妨害を食らわなければ今は楽しいので、しばらくの間は毎日遊び続けると思います。