ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

アイカツフレンズで、3人おそろいのオリジナルコーデを考えてみる。

アイカツがフレンズになってから、何かと2人チームを推す傾向が強くなっています。

互いがもっとも仲良くなるのはやっぱ二人なので、それはそれでいいのですが、私のマイキャラは3人なので、以前のように3人で遊び続けたいところ。

そして3人の仲良し感を出すためには、3人それぞれに似合うおそろいコーデを考えてみるのも、ひとつの手ではないでしょうか。

広告

形が全く同じの色違いコーデで揃えてみる。

スターズ1年目の頃はノーマルとレアそれぞれに、形は全く同じの色違いコーデが多数存在していたので、ドレスメイクすれば簡単にお揃いコーデが作れたかもしれません。

しかし、コーデの種類が増えすぎてコンプリートが大変になることや、レアを量産できてしまうせいもあったのでしょうか。

理由は定かではないものの、スターズ2年目からはドレスメイクがなくなり、以降は色違いコーデ自体の数がめっきり減りました。

でも、フレンズになった今でも一部のコーデに限り、入手方法がバラバラであるものの色違いコーデがちらほら登場しています。

ガーリービートサンダル

まずはこちら。ただ単純に、純正のままを3人分使っています。

リンクのタイトルが「ガーリービートサンダル」になっていますが、ブロマイドを読み込むことで使えるコーデ名であり、ブロマイドに映し出されているコーデは「○○アンジュベリーコーデ」です。

スターズ2年目の3弾のころに、ゆめのブランド「ベリーパルフェ」が「レインボーベリーパルフェ」にパワーアップしたときに登場したものですね。

左のキャラから順に「イエローアンジュベリー」「プリティアンジュベリー」「スイートアンジュベリー」となっています。

イエローはバインダーのおまけ、プリティは特定の期間中に1プレイで確定出現、スイートは3弾からランダム入手でした。

いずれもスターズのころのものなので、今では入手が難しいかもしれません。

マイキャラ3人が持ってるイメージ。

3人にはそれぞれイメージとなるカラーを考えているので、先程のコーデもメンバーそれぞれのカラーで合わせていました。

真ん中の子(以下、1号)はうちのメンバーの中心的存在。

女児ものでリーダーは基本的にピンクなので、もちろんそれに合わせます。

顔は普通ならばリーダーになりえないポップなのですが、おとなしめなキュートよりはひっぱってくれそうなので。

右の子(以下、2号)は頭良いというイメージなので、やはりこういうのはブルーで。

ブルーといえばクールなのですが、クールはツリ目であり、ちょっとうちのチームとは違うかなって。

残りの左の子(以下、3号)は、某作品の影響でグリーンのイメージなのですが、先程のコーデにはないので、余ったイエローで。

一部分だけ共通のコーデにしてみる。

形が全くお揃いのコーデで揃えるのも、もちろんそれだけでかわいいものはできあがります。

でも、それじゃあ誰でも出来てしまうので、あまり面白みがないというかなんというか。

何気なく他の人が作ったマイキャラたちのコーデを眺めてみると、ボトムスだけ共通の形にしているチームの写真が。

旧カツ(初代アイカツ)のスクールドレスなどがそうであり、ボトムスは全く同じ形でありながらトップスは別モノ。

それでも、統一感のあるデザインとなっていました。

そういう感じのものを、今持ってるカードでも作れないかと考えてみることに。

純正ではない、いろいろなものを混ぜたコーデ、いわゆるオリジナルコーデ、縮めてオリコって呼ばれてるものですね。

あるいはミックスコーデとも。

フランボワーズクレームスカート

先程のアンジュベリーのボトムスだけ共通にしたまま、トップスとシューズだけは別モノに変えるということに挑戦。

ただ、あまりにでたらめにしても統一感がないので、全身の色はなるべく統一。

それを3人分作りました。

3人ともそれぞれボトムスだけはキュート属性ですが、2号と3号は全身の属性が不一致。

3号はボトムス以外がポップであり、2号にいたってはトップスはクールで、シューズはセクシーという、見事なまでの不一致です。

でも、全身違う属性でありながら、色を統一することで、ほぼ純正のような見た目にできたのではないでしょうか。

もうひとつ一部分だけ共通コーデ。

フランボワーズクレームアクセ

ボトムスだけ共通のコーデを、もう1パターン作ってみました。

今度は「○○アラモードコーデ」です。

左から順に「マカロンアラモード」「カップケーキアラモード」「リボンアラモード」となっています。

これはフレンズのものなので、今でも入手はそこまで苦ではないかもしれません。

なお入手方法は、マカロンはフレンズ1弾、カップケーキはソーセージのおまけ、リボンはレアコーデセレクションです。

○○アラモードはポップですが、キュートでもお菓子のイメージのコーデが多いので、キュートと併せても違和感はないかもしれません。

一方で、2号が着ているブルーのものはやはりクールになってしまい、あまり揃っているとはいえないので、これはまだ改良の余地がありますね。

シリーズは違うけど形状が似ているコーデ。

ナイトメアカプリコーンスカート

今度は一部分だけシリーズを統一させるということはせず、シリーズ違いだけど形状が似ているコーデで揃えてみます。

上記の場合だと、トップスはジャケット、ボトムスはショーパン、シューズはスニーカーで統一させています。

形状は似ているものの属性は3人それぞれ別であり、左から順にポップ、キュート、クールです。

一人ひとりの属性は違うものの、ボーイッシュな感じは共通しており、一人の全身で見ると属性は統一されています。

ちなみに、1号のトップスはスターズ1年目の4弾のもの。

1年目の1~3弾ならば3DS版から呼び出せるので、今から入手するのはそこまで苦ではありません。

しかし4弾以降は3DSに登場しておらず、なおかつ1年目はドレスメイクのせいで派生が非常に多かったため、1つ1つがあまり出回っておらず、今から入手するのは残念ながら厳しいです。

とにかく色の近いコーデで合わせてみる。

クールドールトップス

こちらは、とにかく形状は気にせず、色の近いコーデで合わせてみたものです。

全体的に、濃いめのピンク、紫、黒でしょうか。

淡いピンクであればキュートのイメージですが、こちらは濃いめのピンクであり、なおかつ元からセクシーのイメージである紫も混じっているので、やはり全体的にセクシーでしょうか。

セクシーのステージである「ドリームステージ☆」を選んだ影響もあるかもしれません。

それでも三人それぞれに違う形状のコーデを着せて、同じ色でも違うイメージを持たせる努力をしてみます。

1号はフリフリ多めで元気そうですし、2号はトゲが多くてシャープな感じ、3号は丸っこい感じで。

全く違う名前のコーデが、全く同じ形状であることも。

ワンダラスパンプキントップス

現在稼働中のフレンズ4弾のハロウィンキャンペーンで手に入る「ワンダラスパンプキントップス」。

このトップス、よく見てみると、あるコーデに似ています。

ジングルスノーケープ

スターズ2年目の5弾のキャンペーンにあった「ジングルスノートップス」にそっくりなのです。

全身で見ると別物ですが、トップスだけは、細かな飾りを除けばケープの形状が全く同じです。

このように、全く別の名前のコーデでも、同じ形をしているというコーデが、実はけっこう存在しています。

これが神経衰弱やポーカーだったら、ワンペアとして成立していいかもしれません。

悪くいえば使い回しですが、良く言えば気軽にお揃いコーデが作れます。

そしてもうひとつ同じ形のコーデが存在し、それは旧カツの「ブラックサンタミニケープ」になります。

(基本的に安い旧カツコーデでありながら、これは人気が高いのか、そこそこお高い値段でした…。)

実際に合わせてみたらこんな感じ。

2つはクリスマス、1つはハロウィンと、目当てのイベントがバラバラになっているものの、ケープであることは共通なので、これから寒くなる季節にはぴったりかもしれません。

また、ボトムスとシューズはバラバラにしつつも、それぞれのイメージに合わせたカラーで統一させることは欠かせません。

なにげに2号と3号、ボトムスのねこのしっぽも共通してますね。

なお、先程まではブロマイドでの紹介でしたが、これだけは画面の直撮り。

ほぼクリスマスのコーデなので、できればクリスマスシーズンになってから撮ろうと考えているからです。

そのときには、専用のフレームやデコが登場しているかもしれません。

ところで、このケープで統一しようと思ったきっかけですが、単純にそろそろ冬だからというわけではなく。

腕を上げたら、脇がまる見えになるからなんですね…。

一見は厚着に見えて、実は一部だけ開けてる…ちょっとえっちじゃありません?

あと、全く同じ形状というわけではないのですが、「ライムステージケープ」という、緑色のケープも存在しています。

旧カツのさくらのスクールドレスですね。

それがあれば、こんどは4人でお揃いができる…?

4人おそろいもいずれやってみたい。

最大3人までの曲が多いため、基本的には3人でしか遊ばないのですが、ごく一部4人まで可能な曲も存在しています。

ミステリークールスカート

カレイドミラートップス

よって、その曲で4人おそろいをやったこともあるのですが、これは純正のままコーデを組んでいますね。

ただ、4色も展開されているコーデはほとんどないので、統一感が出るオリコは、なかなかの難度となりそうです。

また、いつもの3人と違って、4人目のマイキャラは比べるとオトナなイメージなので、それも合わせるうえで難しいところ。

(オトナ、つまり年上のイメージなので4号とは呼ばず、1号より前の0号ということで。)

いや、むしろ一人だけ全く違う方向性にして、存在感抜群のセンター的にしてもいいかもしれません。