ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

カエレバのアフィリエイトの提携先を、すべてもしもアフィリエイトに変えました。

本サイトの各記事の下の方にはいつも、カエレバによって作成した商品アフィリエイトのリンクを設置しています。

実際に記事内で紹介した商品へのリンクを貼っていることもあれば、特に紹介するものもないので記事内にあるワードからテキトーな商品をネタ的に貼ったり…。

それはさておき、リンク先としてamazonと楽天市場とYahooショッピングがあるのですが、いつの間にかすべてもしもアフィリエイト経由でリンクできるようになっていました。

広告

以前はバリューコマースも使っていた。

amazonと楽天市場に関しては以前から、もしもアフィリエイト経由のリンクを作成することができました。

しかし当時、Yahooショッピングだけは、バリューコマース経由でなければダメでした

もしもアフィリエイトだったら毎日、収益が発生したときに通知メールを送信させる機能があります。

amazonだったらだいたい夜0時3分ごろ、楽天市場だったら朝の十時半ごろに、いつも収益発生のメールが来ます。

でも、バリューコマースには収益発生の通知メールを送信する機能がありません

つまり、Yahooショッピングから商品を買われて発生した収益だけは、わざわざバリューコマースの管理画面を開いてチェックせざるを得ませんでした。

収益が発生していればそれはそれでいいのですが、発生もしていないのに管理画面をいちいち開いていては、時間の無駄でした。

また、もしもアフィリエイトとバリューコマースでは、収益の振込日が異なります

前者の場合は月末ですが、後者の場合は15日ごろ。

振込日も振込者も異なるため、月に合計いくら入ったのか、これまたいちいち計算しないとなりませんでした。

すべてもしもアフィリエイトに統一した場合。

以前まではYahooショッピングだけバリューコマース経由と書きましたが、いつ頃からかカエレバで、もしもアフィリエイト経由でもYahooショッピングのリンクを作成することが可能になっていました。

つまり、amazonも楽天市場もYahooショッピングもすべて、もしもアフィリエイト経由で統一することができます。

その事により、どのようなメリットがあるかというと、先程の項で書いたことが、すべて解決できると言えます。

まず、もしもアフィリエイトで収益発生メールを送信する機能は、Yahooショッピングのアフィリエイトでも利用可能です。

よって、毎日の収益発生メールの中に、Yahooショッピングも含まれます

なお、Yahooショッピングの収益メールは、だいたい夜の2時ごろに来ます。寝てますね。朝起きたときに気づきます。

そして、3つのショップをすべてもしも経由に統一するため、収益の振込日も月末に統一されます

3つのショップの収益がすべて合計されて振込されるため、いちいち自分で合計を計算する手間が省けます。

よって、カエレバでYahooショッピングのリンクを貼っているけど、バリューコマース経由のままにしている方は、もしも経由に切り替えてみてはいかがでしょうか。

余談。

先程は切り替えてみてはいかがと言ったものの、実際に切り替えるのはそんな楽じゃなかったりします。

全記事に貼っているカエレバのパーツを、すべて手動で差し替えていかないといけないのですから…。

ぼくはなんとか全部で400件近くのカエレバパーツを差し替えましたが、めちゃくちゃめんどくさかった…。

あと、なんでYahooショッピングをもしも経由で作成できるようになったことに気づいたかというと、ブラウザのキャッシュをクリアしたため

キャッシュをクリアしない限り、カエレバの情報は残り続けるのですが、とあるサイト制作の動作確認のために、キャッシュクリアせざるを得ませんでした。

そのことによりカエレバの保存データがなくなってしまい、また設定し直しめんどくせぇと思ったのですが、それがなければYahooショッピングの提携先追加に気づきませんでした。