ワイヤード・パンチ

クレジットカードの内訳と合計が合わない?

父から、毎月のクレジットカードの支払額の内訳と合計が合ってないと質問されました。なぜそんなことになるのか調べてみましたが、スマホのネット代や電話代、ガソリン代などを合わせて内訳は約6,000円でした。しかし、実際に引き落としされたのは約10,000円でした。

広告

内訳の合計以上に引き落としされている。

クレジットカードでは決められたことにしか使ってないようなので、どの月でも内訳の合計はだいたい6,000円ほどでした。しかし、ここ6ヶ月の実際に銀行口座から引き落とされた額を見てみると、なぜか10,000円をオーバーしているのです。

もしかして内訳として記載されていないものがあるのかと思ったのですが、先に挙げたスマホ代やガソリン代以外に何か購入したわけではありません。それじゃあ、スキミングなどの被害にあって不正利用されたのかとも思ったのですが、目の届かないところにカードを持って行かれたわけでもなく。そもそも不正利用されたとしても内訳には残るはず。

不正利用でないとしたら、もしかしてシステムのバグでしょうか。それで誤って毎月10,000円も持って行かれたのでしょうか。あるいは、本当に証拠が残らないような不正利用をされてしまったのでしょうか。でも、それほどの大事なら、ニュースになってもおかしくないはず。

リボ払いが原因だった。

ぼくの方ではどうしようもなかったため、クレジットカードの会社に電話で尋ねてみることにしました。すると、全額払いではなく、毎月の支払額が一定になるリボ払いにしていることが原因とのこと。過去にさかのぼって利用記録を調べてくれた結果、おそらくどこかの月で大きな買い物をしたらしく、それの支払額がまだ残っているために、毎月余分に引き落としされているということです。ただ、何の支払いが残ったままなのか、そこまではわからず。

そういえばぼくもクレジットカードを持ち始めた頃、結構な額の買い物をしたはずなのに、数ヶ月間毎月3,000円程度しか引き落とされていないことがありました。のちにリボ払いだったことが発覚し、全額払いに変えたとたんに何万円も持って行かれました。

リボ払いは悪く言ってしまえばツケです。よくある、バーでたらふく飲んどいてカネを払うのは後回し、というやつです。というかたらふく飲んだことを忘れて、毎月ちょっとしかカネかかってない、来月は余裕あるやん、と思い込んでしまいます。

ツケが貯まっていくとどうなってしまうのかわかったものではないので、何を買ったか忘れがちな人は、素直に全額払いに変えておいた方が良いでしょう。どうしても全額払えない、リボでなければいけないという人は、常日頃から高い買い物をしすぎないように気をつける必要がありそうです。