ワイヤード・パンチ

ゲーム実況配信は、もうやめた。コミュニティの流れについていけない。

ゲーム実況配信と言えば、普段よく遊んでいるゲームをプレイしながら、Twitchとかでリアルタイム配信してみんなに見てもらえるやつ。

私も短い間ですが、一時期やっておりました。

しかし、とある状況がきっかけで結局やめました。

誰のためにもならない配信になっていたと感じたからです。

普段よくやっているゲーム。

コールオブデューティ モダンウォーウェア、以下MWです。

ゲームの詳しい概要については割愛しますが、今人気のFPSゲームの中ではもっとも好きです。

ひたすら敵がやってきて撃ち合いできる感覚は、CoDシリーズの醍醐味だと思います。

配信をやろうと思ったきっかけ。

以前所有していた、グラボがGTX1650のPCでは、配信しながらプレイするパワーの余裕がありませんでした。

しかし、そのPCが壊れてしまい、新しいPCが届くまでの間、店頭から中古の初期型PS4を買ってきて、それで暇を潰していました。

でも、以前のPCと違って、PS4に備わっている配信機能を使ってみると、配信しながらでも全くプレイに支障が出ることがなく、快適でした。

ただ、そこで思ったのは、何もしゃべらない、とくにうまくもないプレイの配信なんて、誰が見てくれるのか。

銃声だけが鳴り響く配信なんて、ラジオにもなりもしません。

たいていの配信を覗いてみると、うまい下手はさておいて、何かしらしゃべりながらプレイしていることがほとんどです。

独り言であっても、パーティプレイであっても。

私はただいま一人暮らしですが、それでも部屋の中で結構叫びながらゲームしていたりします。誰が聞いているわけでもないのに。

でも、その興奮っぷりを誰にも伝えないのはもったいない。

よって、ヘッドセットを購入し、実況しながらの配信に挑戦してみることにしました。

安物ヘッドセットを使っても、FPSで敵の足音は聞こえるのかどうか。

なお、ヘッドセットなのでヘッドホンとマイクがセットではありますが、ヘッドホンで耳が塞がるのが好かなかったので、結局は首にかけてマイク部分だけ使っています。

嫌いなものを配信するべきではなかった。

モダンウォーウェアの中でもとくに好きなルールは、いつもの6vs6の対戦であり、それだけをやっているときは、大きな不満を挙げることなく配信できていました。

うまいわけではないので、「くそーやられたー」みたいなつぶやきは何度もしてしまいますが、ブチギレに発展するまではありませんでした。

しかし、今月に入ってから、以前から噂されていたバトロワモードWarzoneが、とうとう配信されてしまいました。

ぶっちゃけ、私は今流行りのバトロワが本当に嫌いです。

CoDといえば、小規模のマップでひたすら接敵し、やられても何度も戦線復帰できるスピーディーさと、細かい装備カスタマイズが魅力だと思っています。

しかしバトロワといえば、装備はランダムかつ、あまりにも広大なマップからしらみつぶしに敵を探して、一度でもやられたら終わりという、普段のCoDとは真逆のゲーム性です。

そんなバトロワが配信されるとすぐに、CoD界隈はバトロワ一色になってしまい、私としては非常に気分が悪い状況となりました。

でも、もしかしたら他のバトロワゲーとは違うのかも…。

このままだとバトロワやWarzoneという単語を見るたびにつらいので、良くなっているかもという希望を抱いて、一度はプレイしてみることにしました。

しかし実際にやってみたところ、やっぱり面白くありませんでした。

同じバトロワでもPlunderというモードなら、復活ありかつ装備を持っていけるという改良が加えられているのですが、結局はつまらないことに変わりなし。

たしかに何度も復活できるけど、待ち時間が20秒以上と長すぎるうえに、マップがでかすぎるので移動がだるいうえに、敵が見つけられない。

戦う時間よりも、待っている時間と移動している時間の方が長くなり、もはやゲームと呼べるものではありませんでした。

そのプレイ中、何度も「ふざけんな!」だの「何じゃこのクソゲー!」だの連呼してしまいました。

しかしあとになって思い返すと、こんなことばかり言っている配信、誰が見るでしょうか?

私が他の人の配信を見ているときだって、少しでも愚痴が飛んできたら、その配信はもう見ません。

その逆の立場になっていることに気づいてしまいました。

いちおう長時間の1プレイを終えましたが、こんな気分にさせられるくらいなら、もう二度とバトロワと配信はやらないと思いました。

配信のみならず、コミュニティから距離を置いた。

バトロワがつまらなさすぎるという考えは、今後も変えるつもりはありません。

早くFPS界隈から無くなってほしいです。

しかしそんな私の考えとは反対に、残念ながら世間はいまだにバトロワブームです。

どの配信を見てもバトロワばかりやっています。

配信のみならず、ツイッターでハッシュタグ検索を覗いてみても、バトロワだらけです。

こんなバトロワしか知らない連中の気を引くのはもう無理だと思い、配信およびつぶやきするのをやめました。

ただ、バトロワじゃなくていつものマルチプレイであれば、昔から変わらず楽しめます。

誰も話題にはしないものの、マルチプレイも遊ぶには困らないくらい、充分なプレイヤー数はいます。

よって、自分だけが楽しめるように、いつものマルチプレイは引き続き遊んでいきます。

もはやコミュニティの連中が、どう思っていようが知りません。

やはりゲームは、自分が楽しんでこそなんぼです。

完璧な配信をするには、準備が大変すぎる。

PS4単体で配信できないことはないのですが、初期型PS4の場合だと、解像度が最高で720Pになってしまいます。

また、ノイズも多くてお世辞にもきれいとは言えません。

よって、PS4版で画質を重視したければ、PS4 Proを買うか、PCにキャプチャボードをつけないといけませんが、どちらにしても高い出費です。

さらに、前者だと配信映像のカスタムはできませんし、後者だとPCも起動していないといけません。

そんなことするくらいなら、初めから性能の良いグラボをつけたPC版から配信した方が良さそうですが、それだともっと出費になります。

グラボ一つでPS4と変わらない値段になってしまいます。

また、安物のヘッドセットだと、音質もあまりよろしくありません。

自分で自分の声を聞くのと、スピーカーから自分の声を聞くのでは、どうしても印象が異なるかもしれませんが、あまりにもガラの悪い声になってしまいました。

声が耳障りでは、仮にしゃべりの内容が良かったとしても、聞いてもらえません。

機材をがっつり準備した挙げ句に誰も見てもらえないとなると、ショックは計り知れませんね…。

そもそも他人との関わりに興味がない。

配信の参考にするために、同じゲームの他人の配信を見ることもありましたが、正直言って何の配信を見ても面白いとは思えませんでした。

他人が何かつぶやきながら、やったりやられたりを繰り返しているだけの映像…。

そんなものを見ているくらいなら、自分で遊んだ方がよっぽど有意義でした。

他人の配信に楽しみを見いだせない以上、自分の配信を見てもらえるわけがありませんね。

また、すでにいくつかのファンを得ている配信者が、親しいファンと馴れ合いしていたり、まだ知名度のなさそうな配信者が、ファンを得るためか参加者を募っていたり、さほど興味のない配信者にも必死でフォローかけたり…。

さらには、MWだけに限らず他の界隈でも、顔を出すたびにおはようのあいさつをもれなくかけたり…。

その他人をつなぎとめておこうとする行為が、どうも気持ち悪くてたまりませんでした。

私は他人と一緒に遊ぶことに興味がなく、同じゲームを一緒にする仲間を持ってしまうと、もうそれ以外ができなくなってしまう気がしてしまいます。

他にもやりたいことが多々あるので、結局は配信という行為に向いていないのでした。

まとめ。

今回の件では、配信がどうのこうのというより、無理に世間の流行りに便乗したり、人との関わりを持とうとしなくていいということの方が痛感したかもしれません。

余談。

最近流行りのバトロワゲーは、あの問題作バトル・ロワイヤルが元になっているらしいのですが、いきなり無人島に拉致されてみんなで殺し合えって言われるのと、初めから殺す気マンマンで自ら無人島に乗り込むのとでは、面白さの質が異なってきますよね…。

バトロワゲーやるくらいなら、映画や漫画のバトル・ロワイヤルを見た方がいいです。

ただ、良い子は見ないように。

あと、バトロワといえば、なんでフォートナイトが子供たちにも人気なんでしょうか?

コロコロにも載ってるし、おもちゃ売り場でも見かけるし…。

いくら見た目がコミカルとはいえ、あれも銃持って殺し合うゲームのはず…。

イカがペンキ塗り合うゲームじゃないんですよ?