ワイヤード・パンチ

そろそろ過去記事の整理をする予定。

コイカツで鏡に操作軸が映り込んでしまうときの対処法。

コイカツのスタジオでマップを漫研やロッカールームなどにすると、鏡が設置されています。

その前にキャラを置いて選択状態にしたり、IKやFKを操作可能な状態にすると、なぜか操作軸が映り込んでしまいます。

操作軸はあくまでもプレイヤーのためであって、キャラが立っている世界に存在していいものではありません。

広告

操作軸非表示が効かない?

鏡にただ操作軸が映り込むだけなら、操作軸の表示をオフにすればいいのでは?

そう思って、Qキーあるいは左下メニューから操作軸のオフを行っても、なぜか鏡にだけ残り続けています

左下を見ると、ちゃんとオフになっていることがわかります。

真実を映し出す鏡なんてネタを作りたいなら、これでいいのかもしれませんが、別に操作軸なんて映したくない…。

IKからFKに切り替えた場合も同様です。

おまたに何も付いてないんだから、そんなものぶら下げないで…。

さらに奇妙なことに、キャラの選択を解除した状態でも残り続けます。

もう一つおまけに、キャラクタを増やしてみると、その分操作軸が映り込みます。

FKとIKを使わなければ操作軸は映らないのですが、それだとあらかじめ用意されたポーズしか使えなくなってしまいます。

何とかならないのでしょうか?

なお、普段はBepInEXを導入したMOD環境ですが、試しにMODをすべて外してみても、同様の現象が発生しました。

よって、MODが影響を及ぼしているわけではなく、もとからの仕様のようです。

操作軸をもっとも小さくしてごまかす。

残念ながら、根本的な解決と言える方法は見つかりませんでした。

ただ、鏡に映り込む操作軸をできる限り見えにくく方法ならあるので、今回はそれでいきます。

やり方は単純。操作軸の大きさを縮めるだけです。

キャラクタのIKもしくはFKの設定画面を開き、サイズというスライドバーがあるので、それを一番左に持っていきます。

すると操作軸が小さくなり、それに伴って鏡に映り込む操作軸も小さくなりました。

ただ、これだけをいじっても、完全に見えなくなるほど小さくなるわけではなく、まだ若干映り込んでいます。

よって今度は、「system」→「オプション」→「操作軸の設定」→「大きさ」の数値を小さくします。

あるいは、Bキーを押しながらマウスを左右にスライドすることでも設定可能です。

先程のはゲーム全体の操作軸の大きさの設定となり、これをいじることで、ようやくIKやFKの操作軸を見えなくすることができました。

厳密に言うと最低まで小さくするということですが、目に見えないくらい小さくなったので、見えないも同然です。

ただ、キャラの基点となる白い点だけは、どうしてもこれ以上縮めることができませんでした。

キャラの大きさを変えても、基点がそれに比例するわけではありませんでした。

足元の見えない撮り方をするなど、工夫するしかありませんね…。

余談。

鏡でもうひとつ不気味な点というと、操作軸とは逆に、タイツはなぜか鏡に映らないということ。

映るべきではないものが映って、映るべきものが映らず…。

残念ながら、タイツの件に関しては解決策が見つかりませんでした。

開発スタッフには早急に直していただきたいところですが、コイカツだけでなくエモクリもこれから先、進展があるのかどうか…。

だって、新作を開発中であることが発表されてしまいましたからねぇ…。

グラフィックがものすごく向上しているのはわかりますが、私はあまりリアル系には興味なくて…。

スーパー系が良い。