ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

コイカツにKKPEを導入して、髪の毛やスカートを直感的に動かそう。

コイカツのキャラスタジオにおいて、キャラクタの関節などを動かす方法として、FKとIKの2種類が用意されています。

FKの場合は回転ツールを使うことになりますが、IKはマウスドラッグで動かすため、どちらかと言えばIKの方が直感的でやりやすい操作方法だと思います。

しかし、デフォルトの状態だとIKはスカートと髪の毛に対応していませんが、KKPEというMODを導入すれば、それが解決できます。

広告

そもそもKKPEをダウンロードするには?

[KK] KKPE 1.1.0 | Joan6694 on Patreon

上記のサイトからダウンロードすることができます。

なお、動作にはBepInEXも必須となっていますが、その導入方法は割愛。

これを導入することで、キャラスタジオにKKPEというボタンが追加されます。

キャラのIKを使用可能にしている状態でKKPEボタンをクリックすると、デフォルトには存在しない、新たなメニューが登場します。

スカートや髪の毛をIK的に動かしてみる。

KKPEには多数の機能が存在するのですが、今回は先程も上げたとおり、スカートなどをIK的に動かす機能のみを紹介します。

それを使用するためにはまず、KKPEのウインドウを開き、紫の「Adv. mode」というボタンをクリックします。

画面右下に新しいウインドウが現れるので、次にその中から「Dynamic Bones」をクリックします。

すると、スカートや髪の毛の周囲に緑色の丸いアイコンがいっぱい現れます。

緑色のアイコンをマウスドラッグで動かすことで、そのアイコンに対応した部位を移動することができます。

これで、細かく部位が分かれていて動かすのが非常に大変だったFKに頼らずとも、スカートや髪が足にめり込んでしまうのを簡単に修正できるでしょう。

アクセもIK的に動かせる。

FKでないと本来動かせないものといえば、先程も書いたようにスカートや髪。

ところが、FKであってもアクセや、さらには付け毛MODはどうにもなりません。

自分では動かせないので重力任せです。

でも、このKKPEを使えば、なんとアクセもIK的に操作することが可能です。

本来動かせないテールリボンなどを重力に逆らわせたり、羽をもっと広げたりすることが簡単にできます。

注意点。

これらの移動機能ですが、Ctrl+Z・Ctrl+Shift+Zによるアンドゥ・リドゥには対応していないので注意。

もし、どうにもならない位置までアイコンが吹っ飛んでしまった場合は、赤文字で書かれている「Reset all」をクリックすれば、初めの状態に戻すことできます。

また、通常のIKのようにXYZそれぞれへの矢印や、2軸平行移動を使用することができません。

簡単にいえば、中央の薄いグレーのボックスだけが存在しているような状態です。

よって、いちいちカメラの向きを変えないといけないのが、少々面倒です。

とはいえ、FKで細々とやるよりは早いかもしれません。

でも、一番の問題点といえば、極端な角度には曲げられないという点でしょうか。

思いっきり緑のアイコンを動かしても、傾きには限度があります。

そういう場合は、素直にFKに頼らざるを得ないでしょう。

特に、しゃがんだポーズではKKPEでは厳しいかもしれません。

めり込みがそこまでひどくないポーズであれば、KKPEで手っ取り早い修正ができるでしょう。

あと、Adv.modeのウインドウが開きっぱなしだと、緑のアイコンも表示されっぱなしです。

ジャマなときは、closeボタンで閉じましょう。

余談。

いちおう最初の写真は、どちらのキャラもFK未使用です。

IKの状態で、KKPEを使ってスカートの調整をしています。

とりあえず言えることは、よっぽど複雑なポーズでなければ、KKPEでやるのが手っ取り早いよってことで!