ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

シンプルで見やすいAndroid用マストドンアプリをお探しなら、Tuskyがおすすめ。

Android端末からマストドンを操作するとき、以前まではPawooを使っていました。

しかし、せっかくUIが見やすいのに、どういうわけか使うたびに不具合がいろいろと見つかっていくため、満足行くアプリではありませんでした。

かといって他のアプリは、多機能だけどUIがとっ散らかった印象のものが多くて見づらいので、なかなか良いものに出会えませんでした。

広告

乗り換え先が見つかるまでのきっかけ。

なかなか望み通りのアプリが見つからず、不具合を渋々我慢しながらもPawooを使い続けていたところ、ある日に下記を発見。

マストドンのAndroidクライアントレビュー(英語圏向け) – ITmedia NEWS

多数のアプリをレビューされているものの、英語の記事は読めないので、それぞれの詳しい評価は不明。

でも、そんな中でも、多数のアプリをレビューしてきたレビュアーが、常用しているのはTuskyとの一文が。

多数を試したうえでTuskyを使い続けているには、いったいどういう理由があるのだろう。

そう思って、ぼくも実際にTuskyを試してみることにしました。

以下、PawooからTuskyに乗り換えて、良かったところと悪かったところを、まとめてみます。

良かったところ。

UIが似ている。

Pawooに慣れすぎたせいもあるかもしれませんが、他のアプリに乗り換えても、どうも画面が違いすぎて、なかなか馴染めません。

でもTuskyを起動してみてびっくり、今まで使い慣れていたPawooと、画面がけっこうそっくりなんです。

タイムライン画面だけでも、これなら違和感なくTuskyに馴染めそうです。

同じ通知が何度も来ない。

Pawooだとなぜか、すでに見た通知が何度も入ってくることが多くて、けっこう困っていました。

インスタンスを切り替えたときに、よく発生していたでしょうか。

しかも、過去数件にさかのぼって通知が来るので、スマホの通知音が短時間で連続で鳴り響くので、うるさいったらありゃしない…。

でも、Tuskyならば、そんな不自然は現象は一切起こりませんでした。

一度入ってきた通知がもう一度入ってくるなんてことはありません。

それが本来、当たり前のことなんですけどね…。

Android 8.0に対応している。

PCのブラウザでマストドンを開いていると、通知が入ったときにブラウザにも通知音が鳴ります。

だいたいあとからスマホのPawooアプリの方にも通知音が入ってくるはずなんですが、いつ頃からかパタリと通知が入らなくなりました。

一方、同じくPawooを入れているタブレットの方には、引き続き通知が入っています。

何度も同じ通知が入ることは、タブレットでも変わらずですけどね…。

スマホとタブレットで何が違うのか。本体の大きさ…じゃなくてOSのバージョン。

スマホだけ8.0が配信されたのでアップデートをしたのですが、8.0にアップデートしてからPawooから全く通知が来なくなったのです。

でもTuskyだったら問題なし。8.0にアップデートしてからインストールしましたが、問題なく通知は届いています。

これまた、本来は届いて当たり前のことなんですが、8.0が登場して何ヶ月も経つのに、いまだにPawooには通知が来ないもので…。

下書きが使える。

トゥートを書いている最中に、どうしても他の用事をしなきゃならなくなったので、いったん中断。

そしてあとからPawooを開き直して続きを書こうとしたけど、キャッシュが消えていてアプリが再起動、書きかけのトゥートが消えていた…。

ということはありませんか?

いまどきのメーラーとかだったら、途中でアプリが落ちても下書きが自動保存されていて助かった。

ということならあるのですが、Pawooには下書き機能も自動保存機能もないので、書きかけのまま消えたトゥートは、そのまま闇の中…。

でもTuskyなら、その点は抜かりなし。

途中で別の用事をしたくなっても、入力画面の左下のアイコンのうち、ディスクみたいなアイコンをタップすれば、下書きを保存できます

そして下書きを呼び出したいときは、メイン画面左上の三本線アイコンからメニューを開くと、そこに下書きがあるので呼び出せます。

なお、自動保存には対応していなかったので、どうしても長文になるときは、手動で下書き保存するクセをつける必要がありそうです。

リストが使える。

マストドンのバージョンが2.0になったころから、リスト機能が追加されました。

Pawooインスタンスも一歩遅れながらも2.0に上がって、インスタンス自身にはリストが備わっているにも関わらず、Pawooアプリにはいまだにリスト機能がありません

現在使用しているインスタンスの右側の歯車アイコンをタップしてみても、リストは見つからず。

でもTuskyだったら、三本線アイコンを開けばすぐにリストが見つかります

他の項目はちゃんと日本語化されているのに、なぜかリストは英語のままですけどね。

あと、リストの新規作成はなぜかできないのが残念でしょうか。

空行が使える。

トゥートを投稿するとき、あまりにも文字を敷き詰めすぎると見づらいので、適度に空の行を差し込みたいときがあります。

しかし、Pawooからそれをやろうとしても、Pawooでは空の行が勝手に削除されて、文字が詰められてしまいます

でもTuskyなら問題なし。空行はそのまま残って表示してくれます。

ただし、アメブロとか使ってる人がやりがちな、何行も連続で改行して大きく空けるのは勘弁ね。

トゥート入力中に、アイコンが表示されている。

Pawooだとトゥート入力中、画面上部に現在使用しているインスタンスのアカウント名が表示されています

それを見てもいちおう、どのインスタンスを使っているか判断することはできます。

しかし、どのインスタンスでも似たようなアカウント名を使っている場合、パッと見では判断しづらいことがあります。

特にぼくの場合、どのインスタンスでも「wiredpunch」がアカウント名なので。

その結果、投稿先のインスタンスを間違えて恥ずかしい目に合ってしまうこともしばしば。

でもTuskyでは、場合によってはその点の心配は少ないかもしれません。

先程までの画面を見ていただくとわかるように、Tuskyのトゥート入力画面ではアカウント名ではなくアイコンが代わりに表示されています

ぼくはインスタンスごとにアカウント名は同じでも、アイコンを変えているので、これなら投稿先間違いを減らせそうです。

ただし、どのインスタンスでもアイコンが同じって人が居るかもしれませんが、それは相手から見てもインスタンスがわかりにくいので、アイコン変えた方がいいかも…。

お気に入り数のカウントバグが起きない。

Pawooではタイムライン上の各トゥートに、ブースト数とお気に入り数のカウントが表示されているのが長所と言えます。

しかし、Pawooではトゥートをお気に入りした際、なぜかカウントが+2されて表示されてしまいます

実際は+1なので、ページを切り替えると正常なカウントには戻るのですが、一時的ではあっても正しくないカウントが出てしまうのはすっきりしません。

一方でTuskyでは、お気に入りしてもそのようなカウントバグが起きません。

というよりは、Tuskyではそもそもタイムライン上ではカウントが表示されないだけなんですけどね…。

よく使うインスタンスへ切り替えしやすい。

PawooでもTuskyでも、複数のインスタンスを登録することが可能で、メニューからインスタンスを切り替えることができます。

ただ、Pawooでは登録した順にインスタンスが表示されますが、あとから並び替えることができないのは不便でした。

どうしても並び替えしたい場合、一度登録を解除するという手間が発生します。

一方でTuskyの場合だと、現在使っているインスタンスと最近使った2つのインスタンスのアイコンは、メニュー上部に常に表示されています

そのため、よく使うインスタンスにはすぐに切り替えることができるようになっています。

また、そうでないインスタンスももちろん、一覧から選択可能。

最近アクセスした順に表示されるので、しばらく顔を出していないインスタンスを把握しやすいという利点もあります。

むしろ、4つ目以上は1つ先の画面からでないとアクセスできないので、不要なインスタンスを退会してアカウント数を整理するきっかけにもなるかも。

悪かったところ。

CWがやりにくい。

CW、つまり閲覧注意なトゥートを、ワンクッション挟んで見えないようにするための機能ですね。

声を大にして言いにくい荒れる恐れのあるトゥートとか、チョメチョメなトゥートとか…。

Pawooではトゥート入力画面でCWアイコンをタップするだけで、すぐに閲覧注意トゥートにすることができました。

しかしTuskyの場合だと、地球儀アイコンをタップしたあと、公開設定と一緒の場所に閲覧注意にするかどうかの設定も入っていました。

つまり、閲覧注意にするための動作が一回多くなっているということです。

こういうトゥート自体あまりすることはないのですが、それでもちょっとの手間が煩わしく感じます。

アイコンのスペース、まだ空いてるように見えるんですけどねぇ。

お気に入りをすぐ開けない。

個人的にお気に入り機能は、ToDoリスト的に使っています。

このあとやる予定の用事をトゥートしたあと☆をつけて、用事が済んだらお気に入りから☆を外して完了…という感じで。

だから、Pawooのとき、タイムラインからすぐにお気に入り一覧画面へ飛べるのは、ありがたい機能でした。

でもTuskyの場合だと、三本線アイコンをタップしてからでないとお気に入りに飛べません

先程のCW同様、1アクションの手間が増えています。

良い方向に言い換えると、お気に入りなどのアイコンが表示されていない分、タイムラインの表示域が増えているとも言えます。

ブースト数とお気に入り数がすぐにわからない。

先程も書いたとおりですが、Tuskyのタイムライン上では、各トゥートにブースト数とお気に入り数が表示されていません。

あくまでも表示されるのは、自分がブーストおよびお気に入りしたかどうかということ。

そのため、現在タイムラインに流れているトゥートが、みんなに人気のトゥートなのかどうかわかりづらくなっています

個別にトゥートをタップすればカウントが見れないことはないのですが、いちいちタップするのは面倒。

アイコンの表示スペースを見ても、カウントを入れるスペースは充分にあるので、入れてほしいところ。

画像添付後の入力画面が見づらい。

Pawooだといつ頃からか、トゥート入力中は添付画像のURLが表示されなくなり、添付後でも入力しやすくなりました。

しかし、Tuskyでは添付後にURLが表示されることはそのままです。

なおかつ添付画像で画面を大幅に圧迫してしまうので、何を入力しているのはわかりづらくなってしまいます。

そのため、完全に入力を終えてから画像を添付することで、回避せざるを得ません。

これはさすがに、早急に改善を願いたいところです。

まとめ。

基本的に良かった点といえば、Pawooでたびたび起きていた不可解なバグが全く起きなくなったというところ。

それが当たり前といえばそうではあるのですが、それらを見事に改善してくれただけでも、PawooからTuskyに乗り換える価値はあると言えます。

一方でTuskyにも弱点はあるのですが、Pawooではできなかった、本来できて当たり前のことがようやくできるようになったことだけでも、長所が短所を上回っています。

なかなかアップデートされないPawooに不満がある方や、他のアプリのUIには慣れないという方、一度Tuskyを試してみては?

余談。インスタンス使いすぎ?

先程までの写真を見ていただくとわかるように、5つものインスタンスにアカウントを登録していました。

好きなアニメをそれぞれ扱っているインスタンスに、同名アプリの親元にもなっているPawooに、何でも遠慮なく言えるように用意した個人用インスタンス…。

しかし、ユーザ数が少数のインスタンスならまだしも、人の多いインスタンスのローカルタイムラインを見ていると、どうも気に入らない話になることがしばしばあります

だいたいみんな東京住まいか、あるいは東京に行きたがってるか。都心一極化には反対なぼくからすると、あまり好ましくない。

他にも、とあるアニメの展開について、ぼく自身は何も不満もなく楽しく観れていたのに、その展開に不快感を示す人が居て、その人に不快感を抱きそうになったり。

何とも思ってなかったことに大して、他人のせいで気分を害されるということが、しょっちゅうあったんです。

そもそも人の多いところに居ると、その話題に乗らないと仲間外れだと錯覚してしまうんですね。

でも、無理に乗ってもスベるだけ。

何ヶ月も居座ってるとだいたい傾向は見えてくるので、もうそのインスタンスの話題には、無理に乗らないという姿勢にした方がいいかもしれません。

もちろん、無理にタイムラインの話題に乗らず独自にトゥートする人も居るので、良いと思った人はフォローして、個人用インスタンスのホームタイムラインから眺めるのが、一番気楽でしょう。

そもそも、以前までやっていたTwitterには、ローカルタイムラインというものはありませんでした。

良いと思った人だけをフォローして絞っていく方法なので、みんなで1つの話題をしているということは少なかったように思います。

Twitterはシステムや運営に問題が山積みなのでもう戻る気はありませんが、マストドンの使い方に関しては、Twitterを見習うべきだったかも。

とりあえず、インスタンス5つはさすがに使いすぎ。

上記のように話題が気に入らないインスタンスもあれば、ほとんど使っていないインスタンスもありましたし、Tuskyの画面に従って、多くても3つに絞るべき?