ワイヤード・パンチ

フォルダを削除しようとしても「このフォルダーを変更するには、Everyone からアクセス許可を得る必要があります。」というエラーが出るときの対処法。

デスクトップにただ置いているだけのこのフォルダ。

いらないので削除しようと思っても「このフォルダーを変更するには、Everyone からアクセス許可を得る必要があります。」と言われ、いくら再試行しても削除することができません

他のウインドウが開いているわけでもないのに、そもそも何で権限うんぬんを言われてしまうのでしょうか。

広告

以前にも同じエラーメッセージがあった。

Windows10「このフォルダーを変更するには、Everyone からアクセス許可を得る必要があります。」の対処法。 | ワイヤード・パンチ

同じエラーメッセージが出たことは以前にもあったのですが、そのときとは状況が異なります。

以前は、フォルダを消そうとしてもUbuntu側でDropboxの共有対象としているままだと、Windows側からそのフォルダを削除できないというものでした。

でも今回はUbuntu側で何も同期しているものはありません。Dropboxも、もう利用していません。

この状況に陥るまでの経緯。

まず、Chromeの拡張機能「Fireshot」を使って、WEBサイトのスクリーンショットを行いました。

保存先はChromeのダウンロード設定に依存しますが、Fireshotは必ずフォルダが生成されてしまうシステムなので、Fireshotというフォルダの中にスクリーンショットの画像が含まれます。

その画像をPhotoshopで編集し、上書き保存してPhotoshopは終了。

マストドンに画像をアップロードし、もう画像もフォルダも不要になりました。

よってFireshotのフォルダごと削除しようと思ったのですが、上記のエラーになったというわけです。

いきなり冒頭のエラーになるというわけではなく、まず「このフォルダーを削除するには管理者の権限が必要です」というメッセージが出てきます。

そもそもこの時点でおかしな話です。

UACが有効の状態であり、Program filesなどでこのメッセージが出てくるのはわかりますが、普段デスクトップでこのメッセージが出てくることなんてありません

デスクトップの設置場所もDドライブに変えているので、Dドライブに管理者権限なんてかかるわけありません。

それでも構わず続行を押してみたら、冒頭のメッセージになったというわけです。

いちおうPCを再起動すれば状況は改善されるのですが、そのたびに再起動するのは面倒な話です。

他の作業中のため、またいろいろとウインドウを開き直すハメになりますし。

対処法。

実に簡単でした。Googleドライブの同期ツールをいったん終了させたら、無事にフォルダを削除できるようになりました。

つい最近、クラウド同期ツールはGoogleドライブに乗り換えており、デスクトップも同期対象としていたのですが、Googleドライブが原因だったようです。

タスクトレイのアイコンを見ると同期処理はすでに終えているはずなのに、それでもフォルダのロック解除がうまくいってなかったのでしょうか。

なお、またGoogleドライブを起動し直そうと思って、スタートメニュー内を探し回ったのですが、どこを見てもGoogleドライブの姿がありません。

そういうときは、Windows10の場合ですが、タスクバーの検索窓に「Backup and Sync from Google」と入力すれば、Googleドライブの同期ツールをまた起動できます。

実際は全部入力しなくても、「b」あるいは「ba」あたりで出てきてくれることでしょう。

今後また同じ状況が発生する恐れはありますが、ひとまずこの方法でPC再起動はしなくて済みそうです。

余談。なぜGoogleドライブに乗り換えた?

以前の記事に書いたように、もともとはDropboxを使っていました。

当アカウントの場合、無料なら3.5GBまで使える状態でした。

しかし、3.5GBなんかではぜんぜん足りません。かといって無料で容量を増やすには招待が必要ですが、そんなアテはありません。

よって、月額1,000円を払って、1TBまで使える有料版にしていました。

ただ、3.5GBでは少なすぎるのはたしかですが、1TBはあまりにも多すぎて、おおいに余ります。

そんな容量を余らせた状態で1,000円も払うのは、非常にお金がもったいないです。

一方でその当時はVPSも利用しており、サーバ容量に余りがありました。

よってDropboxをやめてVPSにownCloudを設置し、そちらで同期をすることにしたのです。

もうターミナルを操作するのが辛いのでVPSやめた。ついでに月額も安くなった。 | ワイヤード・パンチ

でも今度は、VPSのあまりのメンテナンスのややこしさに嫌気が差し、なおかつクラウド同期として使うには、料金に対して容量があまりに少ない

これでは割に合わないと思って、結局ownCloudもやめました

そこで今度はGoogleドライブ

こちらは無料でも15GB使えますが、目玉はなんといっても、Googleフォトとも同期すれば、よほど大きいファイルでない限り、画像と動画は容量計算に含まれないとのこと。

実際に大量の画像と動画を入れ込んでみましたが、見事にすべて容量は0として扱われました。

そして、ASUSのタブレットを所有しているのですが、それにはクーポンが付属しています。

ASUSタブレットのクーポンを使うと、2年間もタダで100GBの容量上限がアップするという太っ腹っぷり。

画像と動画を省いた状態で100GBも空きがあれば、たいていのデータが入れられます。

今後はこれで行くことになりました。もっと早く気づきたかった。

2年も経てばだいたい次のタブレットが出ているでしょうし、もしそのときも同じクーポンがあれば、また100GBアップを維持できます。

ただ、同期速度が遅く感じたり、今回のようにアプリの不具合があったりはしますが、安さを考えると仕方ないところでしょうか。