ワイヤード・パンチ

サイトタイトル変えたい…。もうメカメカしいの関係なくなった…。

フレッツ光のルータ「PR-S300SE」の設定画面に、IPv6の項目が無いときの対処法。

回線が混雑しそうにない田舎であっても、夜になるとたまにページの表示が遅いときがあります。

どうにかならないか調べていると、通信方式をIPv4からIPv6に変えると、早くなるとかならないとか。

IPv6の詳細については省略しますが、それに変えるための設定を行おうとしても、設定画面が見当たらない問題に直面しました。

広告

当環境の回線状況について。

私の住まいはとある田舎であるため、都市部の一般的なフレッツとは違い、役所から契約しなければいけない、フレッツ光マイタウンというものを利用しています。

でも、回線の品質に関しては、フレッツ光ネクストと同等のようです。

料金や、別途プロパイダを契約しなければいけない点も同じ。

プロパイダは、おすすめされるがままに、OCNを契約しています。

そして使用しているルータはPR-S300SE

フレッツ側から自動的に貸し出される、必ず利用することになる機器です。

PR-S300SEの設定について。

接続設定|サービス情報サイト(IPv6/IPv4)|サービス別サポート情報|サポート|NTT東日本フレッツ公式

当環境はフレッツ西日本のエリアですが、東日本のサイトに、PR-S300SEでIPv6を行うための設定について記載がありました。

(上記画像はフレッツ東日本のサイトより引用)

192.168.1.1からルータの管理画面を開き、左メニューから「詳細設定」→「高度な設定」へ進みます。

その中に、「IPv6ブリッジ」という項目があるはずでした。

しかし私の環境では、同じ画面までたどり着いても、その「IPv6ブリッジ」という項目が表示されていなかったのです。

ファームウェアも、現時点での最新版である22.01にしているにもかかわらず。

その項目を表示させるようにするような設定方法すら、どこを探しても書かれているわけではなく。

これからの主流になるはずのIPv6を削ったなんてことも考えづらい。

まさか、田舎だからIPv6に対応してない。なんてことはあるのでしょうか…?

無線ルータ「RT-AC1200HP」の設定を変えてみる。

先程のフレッツのルータとともに、ASUSの無線ルータ「RT-AC1200HP」も合わせて利用しています。

普段は「APモード」で利用していたのですが、いったん「無線ルータモード(デフォルトモード)」に切り替えます。

すると、管理画面の左メニューの中に「IPv6」という項目が現れます。

その中に接続タイプの選択肢があり、「FLET’S IPv6 Service」を選んで適用します。

IPアドレスについて| OCN

設定を適用して再起動後、プロパイダがOCNなので、上記サイトからIPv4かv6、どちらで接続されているか判定を行ってみました。

しかし、残念ながらIPv4のまま変わっていませんでした。

まだ何か足りないのでしょうか?

フレッツのIPv6オプションに申し込む。

サービス申込受付ページ

フレッツにはIPv6オプションという、無料で申し込みできるサービスがあります。

もしかしてこれを契約してないから?と思って、申込みしてみることにしました。

(西日本の場合は、上記リンクから申し込めます。)

そして申込みから一時間後、利用できるようになったとのメール通知が届きました。

よってもう一度、さきほどの管理画面から高度の設定の画面を開いてみましたが、状況は変わらず…。

ルータの再起動をかけても同じでした。

IPアドレスについて| OCN

もしかしたら設定画面は同じでも、すでにIPv6になってるとか?

と思って、先程同様に上記サイトからIPv4かv6の判定を行ってみましたが、やっぱりv4のまま…。

お問い合わせ|「フレッツ光」をご検討中のお客さま|NTT西日本

なぜIPv6オプションに申し込んだのに、IPv6の設定項目がない?ということについて、フレッツにお問い合わせしてみました。

なお、お問い合わせ先は上記リンクから、「設定に関するお問い合わせ」の方に電話をかけました。

すると、プロパイダの方でもIPv6関係の契約を結んでほしいとのことでした。

OCNでIPv6を申し込む。

フレッツにお問い合わせしたときに言われたとおり、今度はOCNの方にお問い合わせしてみます。

OCN|OCNプロバイダー 安心と信頼のOCNプロバイダー[会員サポート]

上記リンクから、「カスタマーズフロント」に電話をかけました。

電話がつながったら、IPv6で接続できるようにしてほしいと伝えましょう。

IPoE方式への通信に切り替えるか、有料のIPv6対応ルータをレンタルするか尋ねられましたが、無料である前者にしました。

手続き完了後、一週間ほど反映されると伝えられました。

そして反映後、ルータの設定はとくに変える必要はないとのこと。

無事にIPv6に切り替え完了。

OCNのIPv6に申し込んで2日経った頃。

ふと自分の回線のIPアドレスが変わっていることに気づいたので、もしやと思ってIPv6かどうかのチェックをかけてみました。

すると、本記事の初めの画像のように、無事にIPv6による接続ができていることが確認できました。

一週間かかると言われていたのですが、2日で済みました。

OCNから言われていたとおり、ルータの設定はとくに変更していません。

念の為、またフレッツのルータの設定を覗いてみましたが、IPv6ブリッジは現れていないままでした。

でもIPv6接続はできているので、よしとしましょう。

また、ASUSの無線ルータはAPモードに戻しています。

まとめ。

ルータの設定項目の中に、IPv6ブリッジというものが出てこない原因は、結局わからずでした。

ただ、フレッツとOCN両方のIPv6サービスに申し込めば、自動的に利用できるようになることがわかりました。

よって、これからIPv6を利用したい方は、まずは申込みしましょう。

サイトやプロパイダによっては、とくに申し込みしなくても利用可能なんて記述がありますが、当環境の場合は申し込みしないと駄目でした。