ワイヤード・パンチ

プレコ死亡。原因はつかめず。

我が家の水槽には、合計23匹の熱帯魚が居ました。ネオンテトラが10匹、グッピーが10匹、そしてプレコが3匹です。プレコにはサイズの大小があるみたいですが、我が家のプレコは数cmほどの小さい部類のものです。そして、その3匹のうちの1匹なのですが、飼い始めて一週間も経たないうちに突然死んでしまいました
原因は何だったのでしょう?

広告

不意に訪れた異変。

朝起きたときは必ず、水槽内の熱帯魚の状態をチェックをします。まだ飼い始めて数日も経っていない、すぐには何も起こらないだろうけど、いちおうは欠かさず様子を見ておこう。そう思ってこの日も水槽を覗きました。しかし、何かがおかしいのです。

水草の根本のあたりに隠れるようにプレコが居たのですが、微動だにしていないのです。プレコといえば動きが少ないものではあるのですが、明らかに全く動いていないのです。立ち止まっていても、ヒレとか口が少しくらいは動くはずなのです。それすら無いのです。しかも、目玉および体の一部が白く変色していたのです。まさか…。でもネオンテトラとかは色抜けすることがあると聞いたので、それに近いものだと思い、出かける時間も迫っていたので、そのときは詳しく調べることができず、会社へでかけました。

やっぱりダメだった。

夜、会社から戻ったあと、手洗いうがい片付けを後回しにし、すぐに水槽を覗きました。あのプレコは、朝居た位置から全く動いていませんでした。やはりか…?調べるべく、プレコを水槽から引き出しました。もはや確信に近かったので、ピンセットでつまんでしまいましたが、つままれてももがきません。いくら弱ってても、抵抗くらいはするはずです。水から引きずり出されても、もがく様子はありません。確定です、プレコは死にました。

初めて飼った熱帯魚であり、それを死なせてしまったのですが、そんなに悲しい気分にはなりませんでした。魚というものは普段からすぐ死ぬものだという認識があったからなのか、かつて父が熱帯魚を飼っていて何匹も死なせてしまっていたのを見たことがあるからなのか。あるいは魚なんて食い物として食卓に並ぶからなのか。(もちろん熱帯魚のことじゃないですよ。)薄情と思われそうだが、このまま放置することもゴミ箱なんかに捨てるわけにもいかないし、せめて家の近くの土に埋めておくことにしました。

死因は?

はっきりいってわかりません。しかし、考えられるものとしては以下の通り。

他の熱帯魚にエサを取られてしまい、このプレコまで行き届かなかった。

現在使っているエサは、水面に浮きやすいです。そのため、普段は床や壁に張り付いているプレコにとっては届きません。水流に巻き込まれる、もしくは沈めて投下してやれば床に落ちますが、それでも動きの速いグッピーに取られやすいです。たとえエサを食えなくてもコケを食うようですが。(コケ掃除役とよく言われる。)しかしエサが食えないなら、他のプレコも飢え死ぬはず。

他の熱帯魚に攻撃された。

プレコ以外に飼っている他種の熱帯魚は、どれも攻撃性のないものばかりです。それらから被害を受けたとは思えません。もしかしたら行き交う中で体当たりを受ける恐れもあるかもしれませんが、それで死ぬほどヤワなのでしょうか。プレコとサイズが同等かそれ以下のものしかいません。

何かを飲み込み、詰まらせてしまった。

水槽の中にはちぎれた水草や、フンが浮かんでいました。ぼくの手入れ不足は反省したいところです。さらに、床にはソイルを詰めています。これらのうちどれかを詰まらせてしまったのでしょうか。ただし、ソイルの上は普段から口をつけて這いずり回っていますが、飲み込めるほどの大きさではないと思われます。飲み込んだとしても吐き出すのでは。水草やフンも、エサでは無いと認識できそうな。

目に見えない成分を飲み込んだ。

水槽内に水草を植えたり、ゴミを取り除く際に、ピンセットを使いました。しかし、ピンセットの長さが足りず、水面からだと床まで届かないので、腕を入れてしまったこともあります。ピンセットや人間の腕に、何かしら悪さを与える成分が付着しており、それが水中に広がったのでしょうか。でも、他の熱帯魚は健在です。

何かの病気にかかった。

死んだプレコの体で気になる部分が、頭のてっぺんが白くなっていたことです。病気にかかった熱帯魚は白い斑点ができると聞きますが、父に尋ねてみたところ、死んだら勝手に白くなるとのこと。三匹とも生きてたときはすべて黒かったし、斑点ではないので、この白くなっているのは、死んでからこうなったということでしょうか。他の熱帯魚は健在なので、感染症とも考えにくいです。そうだと思いたくないだけとも言えますが。

飼ったときから弱ってた。

特に考えられる原因がこれ。というよりはこれだと信じたい。また薄情だと思われそうですが。まだ店頭で並んでいたときからすでに弱ってたのか、我が家の水槽に移したときにショックを与えてしまったのか。

検死すれば何か出てくるかもしれませんが、さすがに今まで飼っていたものに対してそんな非情なことはできませんし、やり方もわかりません。一つ悔やまれるのが、死んでしまう前日の晩は残業で帰りが遅れ眠かったため、水槽の様子を詳しく見れなかったことです。エサだけ与えて、寝てしまいました。この時点でプレコはまだ健在だったのか、それともとっくに死んでいたのか、それもわかりません。(これだから会社勤めは嫌なんだ。)

これで合計22匹。まだすぐに次が死なないように、様子を見ていくしかありません。