ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

マストドンで他のインスタンスにフォローしようとすると承認待ちになるときの対処法。

先月あたりまではTwitterを利用していたのですが、訳あってやめました。そして運良くマストドンを発見。今はそちらに居座ってます。

それはさておき、マストドンは各自でインスタンスを建てられるので、ぼくも自分のサーバに建ててみたのですが、いざやってみると不具合が発生。

他のインスタンスにいるユーザをフォローしようとしても、相手は非公開でないのに承認待ちとなったまま進まないのです。

広告

不具合の状況。

まず、他のインスタンスのユーザのプロフィールを見たい時は、画面左の検索欄に、ユーザIDを入力すればでてきます。

「@ユーザ名@ドメイン名」という形式になっています。

当時の写真を取り逃してしまったため、上の写真は状況が異なるのですが、検索によりユーザが見つかったので、いざ画面右上になるフォローボタンを押してみます。

すると、ボタンが青く点灯するので、一見は正常にフォローできたように見えます。

しかし、フォローされた側のインスタンスを開いて通知欄を見ても、フォローされたことの通知は入ってきていません。フォロワーの中にも居ません。

何かおかしいと思って、フォローした側のインスタンスで、相手のプロフィールページを更新してもう一度見てみると、フォローボタンが砂時計マークになっており、マウスカーソルを置いたままにすると、承認待ちというメッセージが出てきます。

承認待ちというのは、非公開ユーザをフォローしたときに出てくるもので、フォローされた相手が承認することで、フォローが成立するというものです。

でも、今回フォローした相手は非公開ユーザではありません。それなのに承認待ちになってしまいます。

先述のように、相手にも通知が届いていないので、承認してもらうこともできません。そもそも承認という作業が必要ではないのですが。

不具合の原因。

他のインスタンスのトゥートが表示されず、フォローも正常にできない。 – 設置・運用 – Mastodon日本語メタフォーラム

いくらフォローし直しても、インスタンスを作り直しても結果は同じだったので、このままではラチが明かないと、フォーラムに質問を投げてみました。

すると、なんと有名なインスタンスの一つであるpawooの管理者の方から、アカウントの状況を見ていただくことができました。

なお、今回不具合が起きたのは、自作のインスタンス(以下、自作丼)とpawooにある、自分のアカウント間で起きたことです。

調べていただいた結果、下記の回答をいただきました。

Pawooの管理画面から wiredpunch@mstdn.wiredpunch.com のアカウントを確認してみたところ、Inbox URLやOutbox URLが httpsではなくhttpで登録されていました。
既にhttpのURLとしてusername, domainがDBに記録されているため、httpsのURLでアカウント情報を保存しようとしたときにusername, domainのユニーク制約でバリデーションエラーになっているようです。

どうやらpawoo側のアカウントからだと、自作丼のURLがhttpsではなくhttpだと記憶されてしまったようです。

SSLが有効なサイトなので、本来はhttpsで記憶してほしいところなのですが。

URLが食い違っていたために、正常にフォローできなかったようです。

なぜURLの食い違いが出てしまったのか、その原因はおそらく、始めの立ち上げ時に作成する.env.productionファイルにて、LOCAL_HTTPSの値を誤ってfalseにしたせいだと思われます。

実はフォローの不具合の前にも、上記の設定ミスのせいで、証明書に関する警告が出てきていました。

その警告を無視してページを開き、他のインスタンスとつながろうとしたのがいけなかったのかも。

その後、trueに変えてから再度インスタンスを立ち上げることで警告なくページは開くようになったものの、他のインスタンスからはhttpで覚えられたままということでしょうか。

今回の対策。

他のインスタンスに入っているDBが影響しているので、こちらからはDBをいじったりなどの対策しようがありません。

よって、フォーラムでも最も手早い対策として教えられたとおり、別のドメインでインスタンスを作り直すことにしました

もちろん、今回はちゃんと、LOCAL_HTTPSがtrueになっているのを確認してからです。

ドメインを変えてインスタンスを立ち上げ直した結果、ようやく他のインスタンスのユーザをフォローすることができるようになりました。

よってみなさんも、もし新規インスタンスを立ち上げる際は、今後SSLで運用するかそうでないか、きっちり決めておく必要があるでしょう。

今回はミスによる不具合でしたが、始めはSSLなしでやってたとして、あとからSSLありに変えたくなっても、簡単には変えられません。

そもそもマストドンは本来は多数のユーザを抱えるサービス、というか今の時代にSSLなしはありえないので、もはやLOCAL_HTTPSはtrueで固定にするべきでしょう。

余談。Twitterからマストドンに移った理由。

Twitterをやめた理由。

ずばり息苦しさを感じてきたから。

まず一つ目として、Twitterにはいらない機能が多すぎるから。

フォローしている相手がいいねしたものが唐突にタイムラインに紛れこんできたり、広告があたかもツイートのように紛れこんできたり、世間のうっとおしいニュースなんて知りたくもないのにトレンドという欄があったり、さらには残り文字数の表記が数値ではなく円形バーになってわかりづらくなったり。

日を追うごとに、どんどん使いづらさが増している気がします。URLが文字数としてカウントされないなど、いいところももちろんあるにはあるのですが…。

もう一つの理由は、気に入らないユーザに出会ってしまったから。

こんなことを言うのもアレなんですが、ぼくはR指定ならくがきを描くことがあります。

とある作品のR指定な二次創作らくがきを、タグつきでツイートしました

もちろん、未成年には見せられないものであるため、普段のアカウントではなく、フィルタのかかったアカウントからです。

すると、とあるユーザから突然、お叱りを受けてしまいました

公式サイドも使っているタグに、そのような絵を上げるな。元の作品の年齢層的にふさわしくない。だの何だの。

しかしこの指摘、おかしくないですか?

公式も使ってるタグだからって、他のユーザが使うことを禁止はされてないはず。

また、元作品にふさわしくないというのはその人だけの価値観であって、さらにそもそもフィルタがかかってるんだから、解除でもしない限り、大半のユーザには見えないはず。

わざわざフィルタを外してまで、らくがきを見に行ったのは相手なのに、なんでこんなこと言われなければ…。

さらに、先程のらくがきを上げた途端、とあるフォロワーが突然、R指定は無理といった旨の内容でプロフィールを書き換えてきました

まるで遠回しにぼくに言っているかのようでした。

無理なら無理で、黙ってぼくをブロックなりミュートなりすれば良いのに…。

これらのユーザの言動には付き合う必要もなかったのですが、とても気分を害する出来事でした。

もう、こんな人ら相手も嫌だと思って、それ以来Twitterを使うことをきっぱりやめました。

マストドンに移った理由。

そして、どういう理由でマストドンを知ったのかは忘れてしまったのですが、とにかくネットをうろついているうちにマストドンの存在を確認。

たぶん、pixivを見ているときに、マストドンのインスタンスであるpawooとリンクされているのを見たからだったかと。

いざpawooを使ってみると、とくに誰もフォローしていなくても、ローカルタイムラインを見れば登録ユーザ全員の投稿が見えました。

しかも、ある程度話題が共通しているので、まるで昔のチャットルームを見ているような感覚でした。(なぜか大半は下ネタだけど。)

また、Twitterでは公式が無理に押し付けてくるような、いらない世間のニュースなどを話題にするようなユーザもあまり居ません

しばらく居座るうちに、とても居心地の良さを感じるようになってきました。うまくは説明できないのですが、ある程度閉じられたコミュニティというところが良いんでしょうか。

ただ、もう少しマストドンのことを調べてみると、ぼくの好きな作品の一つであるアイカツをメインにした、kirakiratterというインスタンスも発見。

pawooのように流れが早過ぎるということはなく、さらに話題についていきやすかったため、現在はここが定住地となりました。

そして、マストドンは自分でインスタンスを建てられるのが、もっともな特徴。

よそのインスタンスで目立つ存在になれたとしても、所詮はよそのDBに書かれていることなので、やはりトゥートという自分の資産は自分のところにも必要ということで、今回のように自分のサーバにもインスタンスを建てるに至ったわけです。

というわけで、現在はkirakiratter自分丼pawoo、この3つにアカウントを持っている状態であるのですが、正直言って使い分けに困っています。

ただ単純に、androidアプリでアイコンが3つ並んでいる状況を見たかっただけかもしれません。

なお、上の写真の顔アイコンは、アーケード版アイカツスターズで使っている、ぼくのマイキャラちゃんたちです。かわいいでしょう?