ワイヤード・パンチ

ミナミヌマエビはコケを食べない。むしろコケなんて駆除しなくていい。

image

水槽内に糸状のコケが目立ってきました。これがアオミドロってやつなんでしょうか。コケ取り要因としてはすでにオトシンクルスが存在しているのですが、どうやらこいつらが対応できるのは壁面に生えた茶ゴケだけのようで、糸コケはまったく減る気配がありません。(むしろコケよりも残飯をよく食ってくれます。)どうしましょう。

広告

この糸状コケは何者?

image

いつ頃から生えてきたのでしょうか…いつの間にかこうなっていました。水草がボーボーに生えていたのでちぎって整理していたところ、葉っぱに糸コケが付着していることに気づきました。触ってみると、まるでとろろのようにぬめぬめしています。手で抜き取っていこうと思ったのですが、思った以上に数が多いうえにうまく抜き取れないので、めんどくさくなってやめました。(あとから知ったのですが、歯ブラシで楽に取れるそうです。)また、葉っぱだけでなく流木やらヒーターにもくっついています。

発生原因は?

image

思い当たるものとしては、照明の当てすぎです。以前の記事にも書いたとおりですが、平日はでかける時間が長いせいで、どうしても照明時間が長くなってしまいます。熱帯魚への影響は少ないのかもしれませんが、逆にコケへの影響は大きいとも考えられます。

もう一つ思い当たるのが、添加物の与えすぎです。水換えする際は、新しい水に必ずカルキ抜きを投入します。(近くに川や池でもあればそんなことしなくていいのでしょうけど、ここは大阪。魚には毒になる水道水しか手段がありません。)そのカルキ抜きですが、正確な分量を測らず、あてにならない目測をしていました。もしかしたら必要以上に入れてしまった恐れがあります。

とは言っても、今までは壁面にある緑色の斑点コケだけだったのに、なぜ糸状コケまで増えてしまったのか。やっぱりわかりません。

ミナミヌマエビ投入。

image

安易にコケ取りを任せるべきではないと、これまた別の記事で書きましたが、生えるとは思いもしなかった種類のコケを目にしては、やはり気になってしまいます。そこで、新たなコケ取り要因としてミナミヌマエビを投入してみました。数は10匹です。糸状のコケを食ってくれるそうです。

ミナミヌマエビより体格の大きくコケ取り能力の高いヤマトヌマエビという選択肢もあったのですが、体格が大きいため他の熱帯魚への影響が心配で、値段も張るため(安い方ではありますが。)ミナミヌマエビにしました。

そして実際に、水槽内へエビたちを開放。それぞれ思い思いの場所へ散っていきます。すでに脱皮をやらかしたものもいます。散っていったエビたちはどういうわけか、流木に取り付いて生い茂ったウィローモスの下などに隠れることがほとんどですが、見えるところで出てきた者に関しては、何本も生えた足をごねごね動かす様子が確認できます。かわいいです。魚にしろエビにしろ、何を考えているのかわからないところが逆にかわいいと思いませんか。たまりません。

ちなみに、ウィローモスも食うそうです。成長は遅いけど、初めのときより伸びているのは確実なので、ちょうどいいエサになるのでは。本当に食うのかどうか、ウィローモスに取り付いたエビを眺めていてもわかりませんでしたが。

結局、コケは減らない。

image

糸コケの生えた葉っぱやヒーターの上などにエビが取り付いている様子も確認でき、そのコケ取りの成果を期待して一晩寝てみましたが、結果はほとんどかわりなし。一晩だけでは作業しないのかな?それとも夜は行動しない?とにかく一晩だけでは判断できないので、会社から帰ったあとや、もう一晩経ってからも様子も見てみましたが、それでもコケが減る様子なし。むしろコケがどんどん伸びています。

さらにひどいことに、10匹居たエビのうちの1匹が、早々に死んでしまいました。グッピー産卵用のネット型隔離ケースがあるのですが、そのネットのへこみの部分にひっかかって死んでいました。本当にそこにハマって身動きが取れなくなったのか、他のところで死んでからたまたま流れ着いたのか、これまたわかりませんが。ところで、このような食用じゃないエビでも死ぬと赤くなるんですね。

しまいには、ほとんどのエビが行方不明になってしまいました。流木を動かしても底におらず。どこかで死んでから食われたのか、あるいはウィローモス内に隠れているのか、そのまたあるいは探し足りないだけか。

なぜコケを食ってくれない?

image

考えられる原因は二つ。一つは、ミナミヌマエビが対応できないほどに、すでにコケが伸びきってしまったかもしれないということです。伸びきったコケ一本にしても、ミナミヌマエビの体長を超えています。自分の体内に収まらないものを、誰だって食おうとは思わないでしょう。あるいは、徐々に食えばいいのかもしれないけど、コケが太く硬くなって、かじろうにもかじれない硬さになった恐れもあります。そもそも食い物だと思っていないということも。

もう一つは、コケのある場所までエビが辿りつけない恐れがあることです。水槽の底の方だと比較的コケは小さいのですが、水が注がれて水流の強い上層の方になると、それに比例するかのようにコケの数も多くなっています。コケが多いことに加え水流が強く、上層まで泳がないといけないので、魚よりも泳ぎが不得意なエビでは流されて、仮に辿りつけてもコケが多いので対応しきれないとも考えられます。水流と止めると酸素を取り入れる手段がなくなるので、止めるわけにもいきません。

もはやコケは放っておこう。

image

まるで水槽内にコケが繁殖することは悪のような風潮がありますが、別にコケを無理して取ることは無いんじゃないかと思えるようになってきました。熱帯魚は本来、自然の中の生物でしたし、自然ならコケが生えています。(そんな熱帯魚を水槽の中に連れ込んでしまったことや、コケが必要以上に繁殖してしまった事は、もはや自然とは呼べないのですが。)魚とコケの同居は当たり前のものです。

コケを取りたい最も多い理由としては、やはり景観を損なうからだと思われます。糸状のコケがボーボーに生えまくって、緑一色の芝生のように化している写真などもありますが、むしろここまで来ると、逆にすごいとぼくは思います。とにかく、コケが邪魔だと感じているのは人間だけで、熱帯魚側から見ればとくに影響はないはずです。(と言っても、前面ガラスに生えた斑点コケだけは、ほっとくと水槽の中すら見れなくなるので、これくらいは人の手で取るべきでしょう。)

さすがに、熱帯魚の泳ぎの妨げになるくらいコケが伸びてきた場合は考えます。