ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

ヤフオクで売れたものまとめ。ゴミにする前に一度、出品してみよう。

大阪から岡山の山奥に引っ越してからの2ヶ月間、ネットのない生活を強いられていましたが、ようやく開通したのでヤフオクに手を出してみることに。引っ越しに伴って仕事も変わり収入が落ちたので、不要なものは売り払って少しでもお金にしたいところです。売上金額や、出品に至るまでの経緯をいろいろと。

広告

壊れたスマホ。

Docomo版の「Xperia Z3 Compact」です。今回出品した商品の中で、一番の目玉です。

ただ、目玉といっても普通の人ならばまず買わない状態です。裏向けると、ものすごいひび割れがあるのです。液晶部分には問題ないため操作は可能ですが、とにかく破損部分が存在するため、いわゆるジャンク品と呼ばれる状態です。

ヤフオクに出品する前にまず、実店舗の方で査定してもらったのですが、ひびがひどいせいか、やはり買い取り不能でした。こうなったらもうヤフオクしか頼れません。かすかな望みをかけて出品してみることにしました。

買い取ってもらえず処分に困る品ですが、かといってゴミにするのももったいないので、せめて送料分だけでいいから売値が付けばいいやと考えていました。

ところが出品してから数時間後、商品ページの閲覧数がみるみる増加し、あっという間に送料以上の値が。

そして終了時刻になるまで競り合いは続き、最終的についた金額は19,600円。予想をはるかに超える売値が付きました。完品状態で店舗に売るよりも高い値がついています。

ジャンク品であるにも値がついた理由として考えられるのは、まずスマホを修理できる技術を持った人が買ったのではないかということ。

落札者の履歴を見てみると、同じ型のジャンク品を多数買い占めていたので、すべて修理して自分が持つ店舗に並べるつもりなのでしょう。

次に考えられる理由は、ジャンク品にしては状態が良い方であること。壊れている部分が背面だけであり、操作には問題ないため、ひびさえ気にしなければ普通に使える状態と言えます。

あとは、Xperia Z3 Compactが人気機種であること。今となっては同じサイズのものだとZ5 Compactがありますし、のちにX Compactの発売も控えていますが、Z3 Compactは今でも充分に通用するスペックを誇っています。

もしAndroidスマホを探している人がいれば、真っ先にZ5 Compactをおすすめするのですがまだまだ価格が高いので、どうしてもお金をかけたくないならZ3 Compactも充分に選択肢に入るでしょう。

ただ、Z5 CompactとZ3 Compactの、SIMフリー版はおすすめしません。Band19に対応していないので、地方に住んでると電波が入りません。

以上のことにより、壊れてしまって一見はダメに思えても、ヤフオクなら売れる可能性が残っています。ダメもとで出品してみましょう。とはいえ、壊さずに出品するのが一番良いんですけどね。

しかし、1つ惜しいことをしたのは、自動延長をオフにしてしまったことです。自動延長は必ず起こるシステムかと思い込んでいたのですが、デフォルトではオフだったようです。

自動延長がオンだったら、終了間際に入札があれば制限時間が延長されて競り合いが続いて値が釣り上がる可能性があったのに。いや、競り合いになるのが嫌いで、そもそも入札を恐れる人もやっぱり出てくるかも。

ちなみに、なぜスマホが壊れたかというと、もともとこのスマホはぼくが過去に使っていたものですが、買い替えにより父にあげました。しかし父がズボンの尻ポケットにスマホを入れたままクルマを長時間運転してたら、いつの間にか壊れてたそうな。そして父が壊れたスマホを買い替えたので、またぼくの手元に戻ってきたということです。

尻ポケットにスマホを入れたままクルマを運転するのは、絶対にやめましょう。

魔法つかいプリキュアのキーホルダー。

正確には「魔法つかいプリキュア!フラワーレスイング」です。フラワーレと名乗っていることから、花がモチーフのキュアフェリーチェが登場したあたりで発売されたガシャポンだと思われます。全4種。

最寄りのデパートでたまたまこのガシャポンを見つけました。プリキュアのガシャポンというと、キャラクタが持っている道具にちなんだものとかばかりで、そういうのはぼくとしてはあまり欲しいと思いませんでした。

ところが今回のガシャポンは、キャラクタそのものの形をしたキーホルダーです。こういう商品を待っていました。周りの小さなおともだちの視線が気になるところですが、回してきました。

一回目に当たったのはモフルン。でも、おともよりはプリキュアが欲しいかなぁ。ということでもう一回。次に当たったのは主役であるキュアミラクル。

お目当ての主役が当たったので、このまま引き上げようかと思ったのですが、全4種のうち2種が当たったので、ここまで来たら全部揃えたくなりました。

それから何度が挑戦し、新たにキュアマジカルも当たりましたが、以降はなぜかキュアミラクルとモフルンばっかり当たるハメに。こんなにいっぱいいらないのに。

あと1つ、キュアフェリーチェだけ出ればコンプリートなのに一向に出ず。でも、あまりやりすぎるとお金が心配なので、悔しいけど引き上げることにしました。

そしてたくさんダブってしまったキーホルダーの扱いに困ることに。近所に住む女の子にあげたいところですが、話す機会もないですし、「しらないおじさんからものをもらった」という事案が発生する恐れもあります。

ということでヤフオクに出品してみることに。しかし、すでにフェリーチェ以外はたくさん出品されているため、それらよりも安く設定しないと売れないという事態に。

よって、今回設定した価格は各50円。一回のガチャ代を完全に取り返すことはできませんが、安く設定したおかげかまとめて買ってくれる人が現れ、無事に取引が成立しました。

ちなみにこのあと、たまたまフェリーチェが1つだけ出品されているのを発見し、この機を逃すまいとすぐさま落札しました。これでようやくコンプリートです。

他のキャラよりも価格が高めで数も1つしかなかったことから、フェリーチェはレアものなのかもしれません。

月刊スカパー!2016年9月号。

以前の記事にも書いたとおりですが、毎月20日ごろになると家に届くはずのガイド誌が、なかなか届かなかったため連絡したら、ガイド誌が2つ届いてしまいました。

2つ同じものを持ってても困るのですが、周りにスカパーを観ている人は居なさそうですし、とりあえず出品して片方を片付けることに。

他の出品と違って、袋から開けていないため新品扱いとしました。通常と同じ値段を付けても買い手は付きそうにないですし、もともとタダでもらえたものなので、あまり高値を付けるのも気が引けるので、ここは100円という抑えめに価格を設定。

ヤフオクでガイド誌を探す人はなかなか居ないと思われますが、今月号という点があるためか、時間はかかりましたがなんとか落札されました。すでに過ぎた月の号だったら、買ってもあまり意味ないですしね。

なお、落札者から「安く譲っていただけた」とコメントを頂けました。相手は安く商品を手に入れ、こちらは処分に困る品を手放すことができ、気分良く終われた取引となりました。

ディスカバリーチャンネルのクリアファイル。

スカパーにあるチャンネルの1つ、ディスカバリーチャンネルで放送されている番組、「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」のクリアファイルです。抽選で当たったものであり、非売品であると思われます。

スカパー加入者限定で応募できる抽選はたくさんありますが、片っ端から応募できるので、何に応募したかすっかり忘れていたところで、この景品が届きました。

しかし、ディスカバリーチャンネルも含まれたパックを契約しているものの、この番組は観たことがないので特に思い入れはなく、またクリアファイルは他に多数所有していたため、多く持ってても仕方ないと思い、手放すことに。

他に同じものが出品されていないか確認しましたが見つからず、どのように価格設定すれば良いか悩みましたが、クリアファイル自体大した値段が付かないので、ここはもうたった50円で設定することに。

需要が少ないのかなかなか検索してくる人が居ませんでしたが、数日後には買い手が見つかり取引成立。手放すことができました。

なお、A4サイズの封筒に入れて送りましたが、実際はA4よりもやや高さがあるため、折り目が付かないよう丸めた状態で梱包するハメに。

何らかの拍子で折られてしまわないか心配でしたが、落札者からのメッセージには特に苦情はなかったので、いちおう無事に届いたようです。

ところで、ぼくがスカパーで観る番組はやっぱりアニメばかりなのですが、ディスカバリーのようなドキュメンタリー専門のチャンネルをたまに観てみると、けっこう面白かったりします。

地上波でやってる番組みたいに、スタジオに居座る余計なゲストに水を差される、なんてことは一切ありません。大変観やすい作り、というか本来こうあるべきなんです。高いカネ払ってVTRを観るだけの芸能人を呼ぶ前に、番組の中身をちゃんとしてほしいものです。

ワンピースのクリアファイル。

またまたクリアファイルですが、こちらは何ヶ月か前に、期間限定キャンペーンでワンピースの絵柄が入ったnanacoカードを買うことができ、それに付いていたおまけとなります。

このときはまだ大阪に住んでいましたが、家の近くにセブンイレブンがあり、結構寄ることがあったので、いちおうnanacoカードを持っていた方が良さそうと思ったのです。

でも、どうせnanacoカードを持つのなら、普通のものよりは何か特別な絵柄のものが欲しいと思い、ちょうど良いタイミングでワンピースのキャンペーンが始まっていたので、それを買うことにしたのです。

ついでに、これまであまり読んだことがなかったワンピースにも、手を出してみることにしました。世間的には知らぬものはいないはずの大人気作品なんですが。

しかし、先程も書いたようにクリアファイルはすでにたくさん持っていて何個もいらないうえに、ワンピース自体も結局は最初の10巻くらいまでしか読みませんでした。特に残しておこうという気にはならなかったので、これも手放すことに。

でも世間的には人気作品というだけあってか、先程のクリアファイルよりは早く買い手が付きました。3つあるのでまとめて50円では安すぎると思い、3つまとめて100円にしましたが、問題はなかったようです。

というよりは、他にも多数出品されていたので、それらよりも安い価格じゃないと買い手が付きません。

ちなみにnanacoカードですが、クレジットカードみたいに買った分だけあとから口座引き落としかと思いきや、あらかじめチャージする仕組みであり、最低金額も5,000円からという使いにくさだったので、結局買うだけ無駄でした。

岡山に引っ越してからも、最寄りのコンビニはセブンイレブンとなりましたが、現金かクレジットカードで済ませています。

ぴこぷり 2016年4~6月号。

ゲーム雑誌の中で特に有名なファミ通と同じところから出版されていますが、こちらは女の子向けのゲームに限定して扱われています。

これを買ったときはもう8月だったのですが、なぜか最寄りのスーパーでまだ残っていました。それほどぼくの住む地域に子供は少ないのでしょうか。

表紙からわかるようにこの号では、どうぶつの森が大きく特集されており、同作に使えるふろくも多数収録されています。

しかし、どうぶつの森を全くプレイしたことがないぼくにとっては、それに惹かれず。それなのに何で手にしたかというと、左上にあかりちゃんが居たから。つまり、アイカツ!My No.1 Stage!の記事があったから。

去年秋頃発売のゲームを今でも取り扱ってくれることにも感心したので、レジの人の視線が気になるところですが実際に買って読んでみることに。

でも実際に該当ページを見てみると、表紙では上段の他のキャラクタより大きめに映っていたにも関わらず、通常のページよりやや小さい紙の2ページだけで、一部のプレミアムドレスの在り処が載っている程度でした。

と言っても、攻略情報が必要になるほど難しいゲームでもないですし、発売から時間が経っているので大きく取り上げるほどの出来事もないでしょうけど、あまり望みどおりの記事ではなかったので、手放すことに。

しかし、メインの特集であるどうぶつの森をプレイしている人からすると、そのふろく欲しさに手に入れたくなるはず。実際に、すでに同誌がいくつか出品済みでした。

でも他の出品済みのものを見ていると、ふろくだけだったり、本誌のみでふろくがなかったりと、状態がバラバラ。しかも、価格が安めではないためか、買い手が付いていない印象です。

よってそれらを出し抜くために、本誌もふろくも揃った完品状態で、なおかつ価格も100円と、安く設定しました。その結果、無事に買い手がつき、取引成立です。

なお、雑誌を送るときは定形外郵便よりもクリックポストが便利です。平日の昼間しか開かない郵便局に寄らずとも、ネットでラベルを発行可能かつ料金も全国一律164円で、さらに追跡も可能。詳しくは各自で調べてください。

売上結果。

スマホは予想以上にかなり高く売れてバンザイなのですが、それ以外は全然稼ぎになっていません。安く設定しすぎたせいか、送料と封筒代とプレミアムアカウント代すら稼げたかどうか。

でも、ゴミにしてしまうよりもらい手が付くほうが、互いのためにも地球のためにもなるというものです。

他にもヤフオクでいくつか出品してるけどなかなか売れないものや、ヤフオク内をぶらぶらしているうちに、つい見つけて衝動買いしてしまったものなどを紹介したいところですが、記事が長くなりすぎるので、またの機会に。

余談。

先程のぴこぷりの表紙に、初音ミクが居ることに驚きました。初音ミクと言えば、若くても高校生くらいから、特に男のファンが多いと勝手に思い込んでいたのですが、小さい女の子でも初音ミクに興味があるとは全然思わず。

でもよく思い出すと、かつてアイカツでも初音ミクとのコラボがありました。それに、女の子であってもかわいい女の子キャラに興味を抱くことはあるでしょうし、やっぱり居ても不思議ではないんだなと。ぼくは男ですが。

これの影響で、雑誌でも取り扱っていた3DSの「初音ミク Project mirai でらっくす」を実際に買って遊んでみました。これまた去年のゲームなので、新しいゲームとは言えませんが。

初音ミク関連はキャラクタの姿と名前程度しか知らないのですが、収録楽曲数がかなり多く、さらに服装やルームアイテムなどのコレクション要素も多彩で、ファンアイテムとしてかなりおすすめできる作品ではないでしょうか。

また、リズムゲームとして見てもキー数や譜面の関係から、アイカツやプリパラは簡単すぎたけど、ビートマニアなどは難しすぎる、でもこれはちょうど真ん中くらいの難度という感じであり、充分にやりごたえがあります。

ただ、難点を挙げるとするならば、1曲まるまるフルでプレイするので長いところ。けっこう体力使います。