ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

人が少ない田舎こそ、安全運転を徹底的に。

大阪から岡山に引っ越して2ヶ月半。大阪に居た頃は交通機関が無駄に多かったのですが、岡山に来てからは一転、どこへ移動するにも自分の原付が欠かせません。今日も仕事のため原付でいつもの道を移動していましたが、交差点を曲がった直後、突然背後から現れたパトカーに呼び止められ、減点を受けてしまいました。その原因は?

広告

違反の内容。

違反を起こしてしまったのは、最初の写真のような交差点。信号はなく、前方も左右も非常に視界が開けており、安全確認のうえで障害になるものがありません。

(本当はもう少し左右の様子がわかる形で撮りたかったのですが…理由は後述。)

そんな特に危なくもない交差点でやらかしてしまった違反が「一時不停止」。つまり、いったん止まるべき場所で、停止しなかったということ。

写真の手前左車線から来たわけですが、交差点に入る直前で「止まれ」の文字とともに、停止線が引かれています。当然ながらいったん停止して、前方左右からクルマが来てないか確認してから、曲がらないといけません。

しかしぼくはこの交差点に差し掛かるとき、ブレーキして減速はしたものの、停止したわけではありませんでした。充分に曲がれる速度まで落としたとしても、減速=停止ではありません。

速度を0に、足も地面に付ける。これが停止。

正直言って不停止はいつもやらかしていたことであり、今日に始まったことではありません。しかし、どうやら現在は全国的に交通安全強化月間となっており、いつも以上にパトロールが厳重となっていました。

いつもだったら誰も通らないような道路でも、今だけはパトカーが頻繁に通るようになっており、運の悪いことにいつもの交差点で鉢合わせてしまったのです。

違反に至るまで。

いつもやらかしてしまってた不停止ですが、今日は特に安全確認の意識が薄れていました。その原因としてまず1つは、仕事に遅れそうだったということ。

何事も無ければ仕事場には、充分に時間の余裕を持って到着するはずでした。しかし今日に限って、朝起きたときに別の用事が入ってしまったのです。

その用事というのは、ヤフオクの発送手続きです。以前の記事に書いたように、なかなか売れない商品を出品し続けていたのですが、今日寝ている間になぜか複数の商品が落札されていました。

落札してくれた人をおまたせするのは悪いと思い、できるだけ早く届けるために、朝起きて荷造りをしました。そしてその商品を仕事場へ向かう前に、発送可能なコンビニへと持って行きました。

しかしそのコンビニというのが、仕事場へ向かう方向とは反対にあるのです。コンビニへ行くだけでも仕事場へ着く時間が遅くなるというのに、さらにコンビニで発送手続きに時間を取られるので、ますます遅刻してしまう恐れがあります。

コンビニで発送を済ませたときにはもう時間ギリギリで、急いだところで間に合うか合わないかという状況でした。ちんたら走ってたら間に合わないと思い込んでしまったのが、今回の一時不停止につながったかもしれません。

こんなミスを防ぐために今度から気をつけないといけないのは、複数の用事を一気にやろうとしないこと。

今回の場合は、仕事場に向かうということと、発送の手続きをするということ。しかし、優先するべき用事は仕事場へと向かうことでした。

商品が早く届く方がそりゃ当然、相手に取っては嬉しいわけですが、ヤフオクの商品ページには「発送まで1~2日」と設定してあったので、落札されたら即送る必要なんてありませんでした。

今日は金曜日でしたが、今回の商品は土日でも発送可能な発送方法を選んでいたため、平日のうちに済ませる必要はありませんし、朝のうちに済ませる必要もありませんでした。仕事じゃない用事なんて、明日でも良かったわけです。

ちなみに捕まってようが捕まらまいが、どのみち遅刻でした。

もう1つ違反の原因になったと思われるのは、原付の操作が手軽すぎるうえの怠慢でしょうか。

原付というのは、右手ハンドルをひねってアクセルを入れるだけで、簡単に運転できてしまいます。消耗する体力は違えど、自転車のペダルを漕ぐことと同じくらいの楽な操作です。

簡単すぎるゆえに、まるで自転車に乗っているのと同じような感覚に陥ってしまったのだと思います。でも自転車と違って原付は、運転に対する責任が違います。

ぶっちゃけ自転車はいくら全速力で漕いでも危険運転をしても捕まりませんが、原付にはあらゆる交通ルールが付きまといます。自転車とは別物という意識をしっかり持たないといけません。

あと1つ原因になりそうなのは、これはちょっと言い訳くさいですが、「止まれ」の表示がかすれていたこと。

かすれていたせいで、一時停止しないといけない場所だと認識できなかった、なんてこともあるかもしれませんが、何度も通っている道路なので、やはり言い訳できないですよね。

とりあえず表示は塗り直していただきたいところ。

今度こそ安全運転を意識して。

今回の違反により2点の減点です。この減点がリセットされるためには、無事故で1年経たないといけません。

そろそろ免許の更新であり、大阪に居たことは全くクルマに乗っていなかったこともあってか、あとは証明写真を用意するだけでゴールド免許になれたのに、今回の一件で台無しになってしまいました。

次回のゴールド免許になれるチャンスは、またもや5年後です。5年なんて歳月は非常に長いですし、5年も経ったらもうぼくは32歳です。前々から何かと自分で○○おじさんと言ってきましたが、ホンマもんのおじさんです。シャレにならない。

さらに減点だけでなく、5,000円の罰金となってしまいました。そのお金は、銀行か郵便局でのみ受け付けており、コンビニはダメです。

今回は運良く昼休憩の間に払いに行けましたが、もし昼間に外出できない人にはつらいところです。銀行も郵便局も土日は開かないので。

「こんな小物捕まえて小遣い稼ぐなちくしょう」と恨みたいところですが、そういうのは無しにして、次もやらかさないよう気をつけないといけません。

もし今回の交差点が、見通しの悪くクルマ通りの多い場所だったらどうでしょう。左右から飛び出してくるクルマに気付かず、曲がった途端に衝突していたかもしれません。

普段来ない見通しの悪いところだったらさすがに停止していたかもしれませんが、見通しの良いところで不停止ばっかりしていたら、いずれ危ないところでも同じように不停止をやらかしてしまうでしょう。

誰も居ない信号もない開けた場所は本当に気が緩みがち。本当に恐ろしいのは、クルマだらけの街中より、こういったところかもしれません。

しかし、やっぱり5,000円は高過ぎるよなぁ。1日タダ働きになってしまった。1,000円くらいだったら、こんなに根に持たないものの。

高い授業料を払ったと思い込むか、いずれは誰もが通る道だと思い込んで、気持ちを落ち着かせるしかありません。

あるいは、原付だからこの程度の減点と罰金で済んだと思うのもありかも。大型トラックだったらどうなっていたことやら。

また捕まった?

今回の件を写真付きでわかりやすくお伝えするために、仕事帰りに同じ場所で、写真撮影を行っていました。しかしそこにまたもやパトカーが現れ、呼び止められることに。

パトカーから降りてきたおまわりさんから、「あの家撮って何するんや。盗撮か。泥棒か。」なんて感じの職務質問。(ちなみに家はモザイクになっている部分。)

しかし、ぼくはそんなことをするつもりは毛頭ありませんでした。家そのものを撮るという考えは全くなく、道路周辺の様子を撮りたかっただけです。

こういう危険の少なそうな場所でも違反になるということを、知り合いにも伝えたかった、という感じの答えを返しておきました。ブログに載せるとは言えなかった。

1日に二度も捕まったため、また減点されるのか、勘弁してくれと思いましたが、原付にまたがったままではあるものの、端に寄せてちゃんと停止していた、つまり運転状態になかったためか、減点にはなりませんでした。

いちおうおまわりさんは納得してくれましたが、怪しい行動に気をつけろということと、運転にも気をつけろみたいなことを言われて、あとは免許証のコピーを取られて、帰っていきました。

もう少し離れた場所から撮り直すつもりだったのですが、さすがに3回も捕まるのはもう嫌だったので、やめておきました。

なぜ今回ターゲットにされてしまったのか。家の近くで写真を撮る行為が怪しく見えたのももちろんあるでしょうけど、おそらく若者が全然居ない町にぼくのような若者が居たことと、明らかによそ者だとわかる、大阪ナンバーの原付に乗っていたせいもあるでしょう。この辺りのクルマはほぼ岡山ナンバーです。

でもやっぱり写真撮影が一番の原因か。みなさんも、知らない人の家が映り込むような写真を撮るのは、絶対にやめましょう。

それにしても、いくら強化月刊だからって、こんな田舎でもパトロールが多いなんて。こんなに監視が多いと、常に見られているという感覚に取り憑かれて心が休まりません。

もしや、もうここは田舎じゃないのかもしれない。家は山の上だけど、10分もせずに国道にたどり着いてしまうし、国道はクルマ通りが多いですからね。

少なくとも大阪よりは快適ですが、永住の地にするべきかと言われたら、うーん。

余談。

すでに原付に乗っておいて書くのもアレですが、なぜ自動車免許があれば原付も乗ってOKってことになっているのか。

自動車用の講習でも原付のルールは教わりましたが、実習はありませんでした。これじゃあ不適切な運転になっても致し方なし。

原付とクルマの免許を、きっちり分けないといけないのでは。

でもそうなるとまだ教習所行くのが面倒。