ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

原付のライト交換は自動車屋でもできるけど、すぐ対応してくれるとは限らない。

ぼくの住まいは田舎であり、どこへ行くにも徒歩ではままならないため、乗り物が必須です。

ただ、独り身なので誰か乗せるわけでもなく、重い荷物も買わず、なおかつ維持費もかかるので、乗り物は原付があれば充分です。

でも、わが家の近くにはバイクの専門店がありません。もしヘッドライトが切れたときは、どうすればいいでしょうか。

広告

自動車屋でもヘッドライトの交換は可能。

幸いなことに、周りが畑と山ばっかりのわが家であっても、自宅のすぐ側に自動車屋があるのです。

そこは普段、自動車の販売および修理を専門としているのですが、いちおう原付を診てもらうことも可能でした。

普段ぼくは在宅フリーランスとして仕事しているため、外まで働きにでかけていた去年までと違って、夜に外出することはほとんどなくなりました。

だから、ヘッドライトの電球がすでに切れていることには気づいていたのですが、費用がかかるため、そのままにしていました。

しかし、明日は用事のため外出することになり、なおかつ帰りが夜遅くになる恐れがあるので、さすがにヘッドライトの電球交換はしておかないといけません。

ライトの交換には工具が必要になりますが、そのような工具は持ち合わせていないので、やはりここは自動車屋にいるプロに任せることにします。

そしていざ自動車屋に原付を持ち込み、ライトを診てもらったのですが…。

「すみません、あいにく在庫が切らしていて、このままだとお取り寄せになります。」

残念ながら、普段は自動車を専門としているためか、原付に対しての準備は万端ではなかったようです。

かといってライトが必要なのは明日のため、お取り寄せは待っていられません。

ライト持ち込みで交換も可能。

すぐに交換可能な方法して、一つ提案された。

「これと同じライトを買ってきてもらえれば、今日交換できますよ。」

担当者に原付から取り外してもらったライトを見せてもらいました。

どうやら原付のライトはホームセンターなどで簡単に買えるようで、そこで買ってから持ち込めば、すぐに対応してくれるとのことでした。

本当は今日、どこも出かけるつもりはなかったのですが、この際仕方ありません。

自らホームセンターに向かい、ヘッドライトの電球を探しに行くこととなりました。

今回必要なライトは、「12V30/30W」と書かれたもの。

ソケットの縁に刻印されています。

いざホームセンターに到着し、クルマ用品のところを眺めていると、すぐに見つけることができました。

以前付けていたものとメーカは異なると思われますが、形は全く一緒であり、なおかつ同型の商品が他になかったため、すぐに選んで帰ることにしました。

また、もし型番がわからなくても、パッケージには2輪車用と記載されていたので、それで判断できるかもしれません。

なお、ヘッドライトはロービームとハイビームの切り替えが可能、ライトは2つ必要かと思いこんでいたのですが、1つだけでした。

無駄に2つも買ってくる必要はありませんでした。

交換にかかる費用。

ホームセンターで購入した電球を自動車屋に持ち込み、無事に交換を終えることができました。

しかし、当然ながら電球自体の値段も工賃も、タダではありません。

レシートを捨ててしまったためうろ覚えですが、電球の値段は990円で、工賃は1,000円ほど

合わせて2,000円近くでした。

なお、以前にもライト交換をお願いしたことがあり、そのときは電球に在庫がありました。

店側に電球の在庫があったときの工賃は2,000円ほどでした。

持ち込みであってもそうでなくても、合計の費用にはほとんど変わりありませんでした。

ただ、店側に在庫があるかどうかはわかりません。

よって、夜帰りになる日の直前に慌ててライト交換するのではなく、ライトが切れていないか日頃からチェックしておくのが良いでしょう。

原付は仕様上、ライトを切ることができませんが、乗っていると明るい昼間ではライトが付いているかどうかわかりにくいので、乗り始めるときに前に回って確認するクセをつけておきましょう。

また、ライトが切れていることに気づいたら、早めに自動車屋に持っていき、在庫がないと言われたら、用事のついでに買って帰れるようにしましょう。

それを今回していなかったので、無駄にでかける時間を使ってしまったということ…。

余談。中古車はやめておくべき?

ぼくが現在乗っている原付は、5万円程度で買った中古品です。

正確な製造時期はわかりませんが、自動車屋に診てもらったところ、「これ、ぼくが高校生のときくらいに出てたやつやで」なんて言われて…。

その人がいくつなのかは知りませんが、たぶん10年以上は経っているでしょう。

そのくらい古い型の原付です。

だからなのか、ところどころガタが来ています。

ヘッドライトの電球を新品に交換したのに、ロービームだけいくらやっても付きません。

詳しく調べてもらったわけではありませんが、おそらく導線がどこかショートしている恐れがあるそうで。

また、走行中に速度メータを見てみると、針がぶらぶらと安定しない動きを見せることがあります。

そのせいで、正確な速度がわかりません。

ヘタすると、速度オーバーを犯しているかもしれません。原付で超スピードを出すことはできないものの…。

ロービームの不具合も、速度メータの不具合も、もはや新車に買い換えた方が安いなんて言われるレベル。

そもそも、何かを理由に手放されたのが中古車という存在ですから、何も起きない方がおかしいのかもしれません。

結局新品に変えないといけないハメになるのなら、初めから中古なんて選ばない方がよかったのではと、徐々にそう思えてきました。

他の例で言うと、当時は高性能と言われていた掃除機を中古で買ったものの、変なニオイは相変わらず出るわ音も静かではないわで、正直言って失敗した買い物だと感じています。