ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

国外からのWordPressログイン時に403エラーになるときの対処法。

今年の頭くらいから在宅フリーランスとして仕事を始めており、仕事のうえで作ったWordpressのサイトが、複数人で運用されるようになってきました。

しかし、プロジェクトに関わっているとあるユーザが、そのWordPressサイトの管理画面にログインしようとすると、403エラーになってしまうと言われました。

ぼく含め、他の人はみんなログインに何の問題もなかったのに、なぜその人だけログインで403になってしまうのでしょうか?

広告

403エラーが起きているユーザの状況。

今回のWordpressサイトは会員制サイトであるため、ログインするためのアカウントは何十個にもおよびます。

ただ、運営側が普段利用しているアカウントは数個だけに留まります。

でも、その運営者用のアカウントすべてでログインを試みても、403になってしまうと言われるのです。

われわれが普段使っているアカウントなのに、なぜその人の環境でのみ403なのでしょうか。

また、プロジェクトに関する会議はすべて、オンラインで行っています。

会社に行かなくても仕事ができる、いい時代になりましたね。

それはさておき、今回のエラーの件で、ぼくとそのエラーを報告した人とは、オンライン上ですが初めてお会いすることになりました。

そのときに、相手は国外から仕事していると聞かされました。まさか同じプロジェクトに、海外に住んでいる人がいるなんて。

でもそれを聞いて、ちょっと疑問が。

まさか国によってアクセスを拒否する設定がかけられているのでは?

でも、ぼく自らそういう設定をかけたことはないのに…。

国外からのアクセスが拒否されていた。

自ら国外からのアクセスを拒否する設定をWordpressに入れたわけじゃないのに、なぜかアクセスが拒否されてしまう。

もうこうなったら原因は一つ。

サーバの初期設定として、国外からのアクセスを拒否する設定が入っているのではないかと。

もしそうなら、いじってもないのに拒否されているのも納得できます。

今回のサイトで使われているサーバは、さくらインターネットなので、そこのコントロールパネルを開いてみます。

コントロールパネルが開かれたら、左メニューから「運用に便利なツール」→「国外IPアドレスフィルタ」に進みます。

するとそこで「国外IPアドレスからのアクセス制限」の設定があり、やはり「有効」になっていました。

そのせいで、ログインしたときに403になってしまったのでしょう。

これを「無効」にして、国外の人にもう一度ログインを試してもらったところ、無事にログインできたと報告をもらうことができました。

というわけでみなさんも、プロジェクトに海外の人がいる、あるいは海外ユーザにも利用してもらう予定があるのなら、あらかじめサーバ設定を確認しておきましょう。

ただ、なんでログインのときだけ403になったのでしょうか。アクセス制限がかかってるなら、すべてのページで403になるべきでは…?

よくわかりませんが、今回はアクセスしてもらうことが目的なので、置いておきます。