ワイヤード・パンチ

サイトレイアウトを変えてみました。よろしければアンケートにご協力ください。

地上波もBS/CSもスカパープレミアムも観れる録画サーバは、Rasberry Piで作れるの?

SNSなどを眺めていると、放送している最中のアニメのキャプチャがすぐに飛んでくることがしばしば。

テレビをカメラで直撮りしてるわけでもないですし、どうやっているのか気になってたのですが、頂いた意見によると、録画サーバを使っているとのこと。

レコーダーなどで録画すると何かと制約が多いので、録画サーバをちょっと作ってみたいと思ったのですが、望みどおりのものはなかなかできそうにないかもしれません。

広告

今回欲しい録画サーバの条件。

そもそも録画サーバの最低条件として、PCにテレビチューナーカードを搭載して、ただPCで観れるようにするだけでなく、いつでも予約録画できるように、24時間稼働させられるようにすること。

そうなると、普段使っている作業用PCは、24時間も稼働させておくわけにはいきません。

音もLEDも気になりますし、電気代も心配です。

だから、24時間稼働させていても問題ないPCが、新たに必要になります。

安価で軽量なPCとして有名なラズベリーパイでも、録画サーバとして作ることが可能だそうなので、それを使う前提で考えてみます。

サーバPCと聞くとでかいPCを想像しがち。ぼくはなるべくモノを増やしたくない性格ですが、ラズベリーパイのように小さいものなら、許容できます。

しかし、今観ているテレビでは、地上派やBS/CSだけでなく、スカパープレミアムも観れるようになっています。

これら3つの放送形態に対応する録画サーバを、はたして作れるのでしょうか。

地上波だけならすぐにはできそう。

Raspberry Pi 3+Chinachuで地デジ録画サーバー構築 – Qiita

ラズベリーパイで地上波だけが観れる録画サーバにするなら、上記サイトなどを参考にすればできそうです。

必要な機材はラズベリーパイの他に、USB型の地上波チューナーと、B-CASカードを読み込むためのカードリーダー。

あとはOSインストールのためのSDカードや、ラズベリーパイの電源代わりとなるmicro-USBケーブルを用意すれば、合計15,000円ほどでしょうか。

わざわざ専用の電源を買わなくても、USB充電器があればいけるらしいですが、ラズベリーパイを持っているわけではないので、真偽は不明。

SDカードはOS用ですし、録画保存用に別途HDDなども必要になりますね。それも含めると、もう少しかかります。

ラズベリーパイにPCI-Eスロットはないため、内蔵型のチューナーを搭載することができません。

だから上記サイトでは、USB型のチューナーを選んでいるのでしょう。

BS/CSを観たくても、機材が見つからない。

上記サイトを参考にサーバを作ったとしても、観れるのは地上波だけ。

そこからさらに、BS/CSも観れるようにするには、もう1つ機材が必要になります。

先程のUSB型チューナーは地上波専用なので、BS/CS専用のUSB型チューナーが必要です。

しかしそれを探してみても、「PX-BCUD」という古い機種ただ1つだけ。

しかも、どこのショップを探しても、古いせいか「PX-BCUD」はとっくに売り切れているので、今からだと中古ですら買うことができないのです。

いちおうヤフオクには中古が多数出品されているのですが、どこを見ても値段が12,000円近くついており、簡単に手が出せる値段ではありませんでした。

買って使った結果、ダメだったしても、オークションは返品できませんからね…。

スカパープレミアムを観るとなると、さらに厄介。

BS/CS以上に難関になりそうなのが、これ。

ラズベリーパイにはPCI-Eスロットがないので、内蔵型のチューナーが使えず、USB型のチューナーを探すことになります。

しかし、いくら探してもUSB型のチューナーで、スカパープレミアムに対応したものは存在しませんでした。

USBスロットをPCI-Eに変換するような装置もありませんし、ラズベリーパイでスカパープレミアムを観るのは、現時点では無理かもしれません。

ラズベリーパイでやることにこだわらなければ、PCI-E型の内蔵チューナーに頼ることになりますが、これも古いものばかりであり、現在でも使えるのかどうかは不明。

スカパープレミアムを観るには専用のICカードも必要になるので、カードリーダーも追加しないといけませんが、そもそも対応ICカードは機種ごとに異なります。

スカパー公式サイトを観てもプレミアム対応機種の一覧にPC内蔵チューナーの名前はなく、いざ買ったところで問い合わせてもカードをよこしてくれるのかどうか…。

BS/CSのスカパーだと、一部のチャンネルはHD画質になりませんし、そもそも観れないチャンネルもあったりするので、できればプレミアムで観たかったのですが…。

複合型の外付けチューナーもあるが…。

地上波用、BS/CS用のUSB型チューナー、カードリーダーをそれぞれ別々に用意しなくても、「PX-W3U4」などのように、1つの機器にくっついているタイプがありました。

BS/CS対応ですが先程と違って、これなら今でも16,200円で購入可能です。

ただ、公式サイトによると対応しているOSは、CentOS 6

CentOS 7が出ている今となって、6を使うことは不安が残ります。

また、別途ACアダプタの接続も必要なので、散らかしくたいと考えてる身からして、あまり好ましくありません。

USB接続するんですから、そこから電源を取るだけじゃ足りないんでしょうか。

結局どうする?

もっとも安上がりに録画サーバそのものを作りたいなら、初めに参考にしたサイトなどに従って、地上波だけが観れるラズベリーパイを作ることでしょうか。

でもそれだけでは物足りないので、BS/CSも観たいとなったら、OSにはこだわらず、電源が増えることも我慢して、「PX-W3U4」に頼ることになるでしょうか。

望みどおりの録画環境を作ることは、まだまだ遠そうです。

そもそもPCから録画する必要あるの?

録画という行為そのものならば、テレビだけでも行なえます。わが家の場合は、テレビにUSBメモリを挿して行っています。

でも、テレビから録画を行った場合、ダビング先はブルーレイディスクだけになってしまいます。

しかもダビングできる回数には制限があるため、回数を超えるとストレージからは消去され、そのダビング先のディスクでしか観れません。

さらに、そのディスクをもし破損してしまったら、もう二度と観れないということに。

いちおうディスクから録画番組を、PCにコピーする方法はあるそうですが、コピープロテクトを外すことになるので、法に触れるとのこと。

一方で、録画サーバを使った場合はプロテクトがかからないだの何だの…とにかく法に触れることはないそうです。

現状、録画番組を長く残しておきたいなら、録画サーバでやるのが最善になりそうです。

それに、今使っている「KJ-43X8300D」というテレビ

Android OSが搭載されており、ネット配信のアプリなどが使えることはいいのですが、とにかく処理速度がもたつくことが多く、チャプター飛ばし機能もないため、使い勝手が良いテレビとは言えません。

だから、望みどおりの録画サーバが作れるんだったら…と思ったのが、今回の記事に至るまでのきっかけ。

そもそも無理に録画を残さなくても、のちのちネット配信で同じ番組が出てくる時代です。

また観たいと思ったころには、ネット配信も始まっているころでしょう。

とはいえ、テレビ放送よりは画質が劣り、レンタルになるので期限付きという欠点はありますけどね。

ただ、今回のことで、これまであまり見向きもしなかったラズベリーパイに興味が出てきたのは、思わぬ成果でした。

5,000円程度でサーバにできて、なおかつ小さいPCが手に入るというのは、大きい成果ですね。

まずは地上波だけに対応させるというやり方もあり…。