ワイヤード・パンチ

壁掛けワイヤーネットへの収納はやめた。

大阪の実家に居たころはタンスを除けてまで壁掛けワイヤーネットへの収納に切り替えて、タンスがない今の岡山での空き家暮らしになってからも続けていました。

タンスに収納していると、何を持っていたかわからなくなりますし、ただ隠しているのと同じですし、タンス自体が大きくて邪魔でした。

しかし最近になって、この壁掛け収納すら邪魔になってきたので、中にしまっているモノごと捨てることにしました。

広告

収納場所が多いから使わないものが増える。

タンスではなく壁掛け収納にすることで、何が入っているのかすぐ目に届きますし、床に置かないか掃除機を通すのが楽

そう思って、タンスから壁掛けへの収納に切り替えました。

ただ、その中にしまっているものを取り出す機会が多かったかと言われると、そんなことはありませんでした。

改めて中にしまっているものを探ってみると、出て来るのは小物だらけ。

それだけならまだしも、出てきた小物は、余ったUSBケーブルやイヤホン、それに乾電池や、裁縫の針や帯ゴムなどなど…。

まずUSBケーブルに関しては、一度に10個同時に充電できる充電器はいちおう持ってるものの、そんな同時に各機器の充電が切れることはありません。

イヤホンも、外で音楽を聞くことがめったにありません。遠出の際はたいてい原付に乗るので、音楽を聞ける状況ではありません。

乾電池は、おそらくリモコンとか時計に使うためです。でも、けっこう長持ちするのでこんなに余るほどいりません。

裁縫の針などは、周りが明るすぎる大阪に居たころの影響で、いつも寝るときにアイマスクをしているのですが、そのアイマスクのゴムが緩くなってきたので、交換するためです。

どれもこれも、一度は使っても、それ以降使うことのないものがほとんど

置いてても無駄だと感じたので、棚ごと捨ててしまうことにしました。

なお、もし仮にまた必要になっても、どうせそれぞれ単価が安いもの。買い直したところで、そこまで大きな出費にはなりません。

買うにしても、まとめ買いの方が値引率が高いので、ついそちらを選びがちですが、長いこと余らせていると結局無駄なので、必要な分だけ買うことにします。

本はいっぱいいらない。

本もけっこう、溜まってくると邪魔になりがち。

こちらはワイヤーネットではなく、プラスチックケースをぶら下げて収納していました。

ただ、ここに収納していたのは、漫画雑誌だったり、その時期的なことだけが載っているゲームのファンブックだったり、あるいはテレビの番組表だったり。

漫画雑誌に載っていた漫画は、あとからまた読みたくなったら単行本を買えばいいこと。

ファンブックはまだしも、テレビの番組表は時期が過ぎたらもう読みません

あとから読むことが全くなくなった本は、捨ててしまって問題ないでしょう。

そもそも、紙の本というもの自体が、スペースを取る原因。

すべての雑誌が電子書籍化されているわけではありませんが、電子書籍が配信されているものであれば、そちらの方がスペースを無駄に食うことはありませんし、破れや劣化の恐れもありません。

そして、読まなくなった本だけを除けた結果、空になった棚自体もいらなくなったということに。

使う頻度の多いものはしまわなくていい。

このワイヤーネットには、キーボードとマウスを収納していました。

パソコンを使い終わったあとは、毎回ここに片付けて、次に使うときにまたここから取り出します。

しかし、キーボードをかけておくところのヒモが切れてしまったので、かけられなくなりました。

それならまた結び直せばいいことですが、その結び直すのが面倒だったので、結局そのままにして、キーボードとマウスを机に置きっぱなしになりました。

でも、パソコンは毎日のように使用します。

それなのに毎回毎回、いちいち席から立ち上がってキーボードとマウスを取りに行く行為というのは、非常に無駄だしめんどくさいって思ったのです。

それに、机の上で他の作業をやるのは、だいたいメシを食べたりイラストを描いたりするくらい。

キーボードとマウスを机の隅に避けてても、そんなにスペースを取らず作業の邪魔になることは少なかったのです。

というわけで、キーボードとマウスをいちいち片付ける行為はやめて、作業の効率を優先することにしました。

そもそも壁掛け収納ってそんなに邪魔?

スペース的に言えば、そこまで邪魔ではないかもしれません。

ただ、いつの日だったか、何らかの事情で気分がすごく落ち込んでいるときがありまして、目に付く余計なものすら邪魔に思えるときがあったのです。

そこで、思い切って壁掛け収納を片付けてやったら、部屋が非常に広くなったように見えて、気分がすっきりしたのです。

そういえば実家に居たころ、母にこの壁掛け収納を見られたとき、「ごちゃごちゃしてる」みたいなことを言われたときがありました。

素人が作った、デザイン性のない急ごしらえの収納でしたし、見た目からして煩わしいものを身の回りに置いていることが、気分を駄目にしてしまう原因かもしれません。

余談。

うちの家の庭には物干し竿がないので、洗濯したあとはいつも、暖房がある作業部屋の壁から壁に通してるヒモの上に、洗濯物をひっかけています。

それだけならまだしも、洗濯物が乾いたあとも、片付けるのがめんどくさいし、干したままの方が次使うとき取り出しやすいと思って、そのままにしていることが多いです。

でもこれだと、さっき書いた見た目がごちゃごちゃに当てはまってしまうのでは。

広い部屋を取るべきか、不要な作業の発生を防ぐべきか。