ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

家族みんなが格安SIMにするべきか?

家族みんな大手キャリアのスマホを使っていたころは、毎月7,000円だの8,000円だの、ふざけるなと思うほど高い料金を払ってきました。でもMVNOの格安SIMに変えてからは、約2,000円ほどまで安くなって大助かりです。ただ、安くなったは良いものの、機械オンチな母からたびたび別の不満が漏れてくるようになりました。

広告

クレジットカードでしか支払えない。

両親が大手キャリアのスマホを使ってたころは、自宅に届く用紙をコンビニに持っていき、現金で毎月の支払いを行っていました。しかし、格安SIMではクレジットカードでしか支払いができません。

もともとクレジットカードを持っていた父は何事も無かったものの、問題は母です。今まで全くクレジットカードを使ったことがないので、新たにクレジットカードを作成する必要がありました。

そこまでならまだ良いものの、問題は支払ったあとのこと。口座からの自動引き落としにしているため、支払い自体は問題なく行われているのですが、その明細はWEB上でしか見ることができません。冒頭で挙げたように母は機械オンチであるため、当然ながらWEBで明細を見る方法を教えてもなかなか理解してくれません。

そもそもクレジットカードの発行手続きやWEB会員登録も、母だけでは進めないと思ったので、ぼくが登録に関する手続きをほとんど行ってしまったのです。そのせいで、母から見れば何をされたのかさっぱりでしょう。ID管理などもぼくがしている状況です。

せめて大手キャリアと同様に、母自身が簡単に行える現金払いだったら、ややこしいことにならずに済んだのですが。

端末に慣れてくれない。

もともと母はau版のiPhone5を使用していました。しかし、当時はau回線の格安SIMがありませんでした。でも、iPhone自体が使える格安SIMも無かったので、別の端末に乗り換えさせる必要がありました。

そこで格安SIM乗り換え時に、ぼくが以前に使用していたDocomoのAndroid端末を母にあげました。しかし、iPhoneに慣れきったせいなのか、Androidが使いにくいと何度も言ってくるのです。何ヶ月も経った今でも言います。

今となってはiPhoneが使える格安SIMも増えてきたので、iPhoneに戻させてあげたいのですが、当時はiPhoneで格安SIMが使えなかったせいで、そのiPhoneはすでに売ってしまいました。iPhoneはやはり人気であるせいか、中古でiPhoneを買い直そうと思っても、いつでも高値が付いています。

ちなみに父は初めからAndroidの端末を使い続けており、母よりは機械の扱いに苦手意識がないため、特に不満を言いませんでした。逆にiPhoneを触らせると、どうなるかわかりませんが。

サポート窓口がない。

これが格安SIMの一番の問題だと思います。ただ、単に格安SIMと言ってもIIJmioなので、ビックカメラなどにいけば窓口はあります。しかし、そこで出来るのは新規契約くらいであり、何か端末の操作などでわからないことがあったとしても、おそらく聞き入れてもらえません。

窓口がなくても電話はあるのですが、面と向かって相談し合えないのが難点です。電話なんかでは、実際の画面がどうなっているのか見せられない。

サポートがなければ近辺の詳しい人間に質問することになるでしょう。たいていぼくが質問を受けることになるのですが、ぼくだって何でもかんでもわかるわけではありません。なんでGoogleMapでGPSが全く動作しないのか、なんでテザリングもすぐ切れるのか、調べても全くわかりませんでした。

また、ぼくはのちのち実家を出て行く予定なので、母から見れば質問相手が居なくなるということです。そういう面でやはり、代わりに相談に乗ってくれる存在、最寄りにサポート窓口があるのが大手キャリアの強みではないかと思われます。

乗り換えを検討中。

ネットに強い人間でなければ格安SIMは逆に扱いづらいシロモノなので、母だけ別のキャリアに乗り換えさせることを検討中です。しかし、アホみたいに高いDocomo、au、Softbankといった、大手キャリアにはもう戻りたくありません。

ではそうすりゃいいのか。候補としては、母がそこに変えたいと日頃からつぶやいている、ワイモバイルが有力でしょうか。CMをバンバン流しているので、もはや大手キャリアの一員と言っても過言ではないですが、月額2,980円(税抜き)と言われると、一般人なら誰もが注目してしまいます。

まず、ぼくも母も今はIIJmioみおふぉんのミニマムスタートプランを使用中であり、音声通話とネット込みで月額料金は1,600円(税抜き)です。ただ、電話は使った分だけお金が追加されてしまうので、なるべく安く抑えるために楽天でんわも併用中です。そんなに電話は多くしませんが、それを含めてもワイモバイルの最低料金を下回っているので、非常に安く仕上がっています。ついでに、データ容量制限も上回っています。

それではわざわざ月額料金を高くしてまでワイモバイルにせざるを得ない理由は何なんでしょうか。

まず1つは先程も挙げたように実店舗のサポート窓口が存在しているという点でしょう。ぼくが不在のときや、ぼくではどうしてもわからないことがあったときなど、サポートの人間にお任せすることができます。

もう1つの理由としては、他3社と同様に実店舗があるにも関わらず、それと比べるとはるかに料金が安いということでしょう。(格安SIMよりは高くつきますが。)

他3社だとデータ容量制限が5GBまでとか無駄に多くありますが、ぶっちゃけ動画さえ観なければ1GBでも余るくらいです。外で観ることもありません。でもワイモバイルの場合は最低額のプランで1GBと妥当であり、だからその分料金が抑えているのではないかと思われます。

あと1つ理由があるとすれば、iPhone5s用のプランがあるというところでしょうか。iPhone5sも今となっては旧式であり、iOSを新しくしてしまうと動作が重くなる恐れはありますが、少なくとも母が以前に持っていたiPhone5無印よりは新型であり、最新でなくても良いけどiPhoneであることは望んでいます。

また、端末代は24ヶ月の分割払いで、ネットと通話代とともに支払うことになるのですが、端末代割引が適用されるため、新品であるにも関わらず、24ヶ月経過時の端末代合計額は、中古品を一括購入したときと変わらないくらいの安さです。(2年経てば価値は落ちますが。)

ただ、やはり大手キャリアにありがちな2年縛りがつきまといます。でも、いろんな契約にがんじがらめにされるのが嫌いなぼくと違って、母は古い端末でも持ち続けられる精神の持ち主なので、2年縛りも苦ではないようです。2年なんてあっという間と言っておられます。(ぼくは長すぎると思いますが。)そもそもぼくが最初に格安SIMの存在を伝えなれけば、キャリアを乗り換えるという考えすら思い浮かばなかったでしょう。

サポートもある、2年縛りさえ耐えられるならiPhone5sも安く使える、先ほどは挙げなかったけど月300回まで10分以内の電話が追加料金なし、これらを踏まえたら格安SIMより多少高くなっても納得できるでしょう。残るは通信の品質だけが気がかりですが、大阪市内であればどこのキャリアだろうが通じないところはないと思われるので、問題はないでしょう。大阪から抜け出すのは、ぼくだけです。家族は置いていきます。

余談。

母のSIM乗り換え案は決まりましたが、今度はぼくのSIMもどうしようか悩み中です。

以前、岡山の山奥の町へと出かけましたが、不通になってしまうことがたびたびあったのです。さらに、大阪市内であっても電波が4本MAXになることが全くなく、入った建物によっては不通寸前に陥ってしまいます。しかし、岡山に居た人のガラケーは、何の問題もなく電話がつながっていました。

これはIIJmioのSIMが悪いのでしょうか。Docomo回線を流用しているそうですが、完全にDocomoと同品質とは限らないでしょう。また昔は評判が高かったのですが、今となっては利用者が増えすぎているために徐々に速度が落ちているとの噂もあります。

あるいは、海外版の端末にSIMを挿していることが原因でしょうか。以前は国内Docomo版のXperia X3 Compactに挿していましたが、そのときは特に電波が悪いと感じることはありませんでした。ただ、山奥には行きませんでしたが。

しかし、現在のSIMフリー版Xperia Z5 Compactに変えてからは、電波がMAXになるところを見たことがありません。全く同じ機種を持っている弟も、同じようなことを言っています。海外基準の端末のため日本との仕様の違いもありますが、ここまで差が出るものでしょうか。

様々な店が近くにあるのでなんとかなる都会と違って、これからはネットがさらに重要になる地方に引っ越すというのに、全く不通では話になりません。早めの対策が必要になるのですが、大手キャリアには絶対に戻りたくないですし、戻ったところで繋がる保証もありません。かといって他の格安SIMの品質もわからないので、困りに困っています。