ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

急にアクセスが伸びた?素直に喜ばずスパムを疑おう。

本サイトを立ち上げてから二ヶ月以上は経過しました。金なしコネなしで始めたこのブログ、初めの頃は毎日のアクセス数が数えるほどか全くのゼロということもしょっちゅうでしたが、今は徐々に伸びてきており、10は超えることも増えてきました。ところが、多くても20程度だったアクセス数が、ある日だけ倍近い40程度と、急にアクセスが伸びていました。その要因は?

広告

自分のサイトに知らないページがある?

アクセス解析にはgoogleアナリティクスを使用しています。一日のアクセス数だけでなく、サイト内のどのページにアクセス数が多かったのか知ることもできます。つまり、人気ページの把握です。それを知るにはぼくの場合、「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」とたどることにしています。

ところが、問題となったのは11月19日の木曜日です。ユーザの方々の仕事の関係か、日曜日に近づくにつれてアクセス数は増加し、月曜日に一気に降下するのは、先程の写真からも把握できます。しかし、木曜という中途半端な日に、急にアクセスが伸びたのは何の記事なのでしょうか。それを確認するため、記事ごとのアクセス数一覧を開いてみましたが、その中のトップとしてあったのが「/?from=http://get-your-social-buttons.info/?ref=xxxxxxx」何なんでしょうか、これは。

social buttonだの何だの書かれているので、各記事にあるツイートボタンから誰かが投稿し、それをまた別の誰かが見つけてそこから来てくれたのかと、初めは思ったのです。でもこれはリンク元の一覧ではないので、どのサイトから来たかなどは関係ありません。また、先頭のスラッシュのあとにハテナを続けて書いているので、アクセス後にあたるトップページに何らかの値を持って訪れたということになります。言うまでもないですが、当サイト内に、このような引数を持ったリンクはありません。

以前からスパムに取り憑かれていた。

この怪しいURLについて検索してみたところ、どうやらこれはリファラースパムという存在であることがわかりました。このスパムの詳しい目的は各自で調べていただくとして、これを放置していると、アクセス数が無駄に増える状態になってしまいます。アクセスが増えたらそれでいいんじゃないの?なんて思う人ももしかしたらいるかもしれませんが、そんなわけにはいきません。その増加分はすべてウソのユーザからのものとなるので、アクセス数のグラフを公開しても、ウソを教えたことになってしまいます。

また、19日だけでなく、それ以前からも毎日のようにスパムに取り憑かれていたことがわかりました。つまり、最初に貼ったグラフは、ほとんどウソの結果だったということです。悲しい。それはさておき、スパムを把握する別の方法として、「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」→「Refferal」とたどっていくとわかります。ドメイン名がずらりとならんでおり、google.co.jpやjbbs.shitaraba.netは馴染み深いものですが、それ以外のドメイン名が怪しすぎます。特にget-your-social-buttons.infoは、19日にアクセスされたページ名とアクセス数が一致しています。

もう一つスパムがいると疑うべきだったページとして、「ユーザー」→「地域」→「言語」があります。本サイトは海外発祥のサービスであるTumblrで作られているので、もしかしたら海外からのアクセスもあるかもしれません。ランダムなリンクをたどっていったらたまたまたどり着いた、とか。でも、この言語一覧におかしな言語があります。(not set)とかいう言語不明があったり、ごくわずかだけどpt-brとかde-deとか、どこの国かわからないものがあったり。特に(not set)は、スパムである恐れが非常に高いです。

とにかく、リファラースパムによるアクセス数を残していたら、ぼくもウソつきになってしまいます。迷惑以外の何モノでもありません。リファラースパムの除外方法はまた各自で調べていただくとして、怪しいドメインおよび(not set)によるアクセスはすべて除外するようフィルターを設定しておきました。ただし、新たなスパムが増えたらその分フィルターも追加しなければならず、完全な除外は難しいです。20日の時点ではまだ一つスパムが残っており、21日からはスパムのない正確なアクセス結果となりました。昨日である23日は、スパムなしで順当にアクセスが伸びてます。良かった。

定期的なチェックを心がけましょう。