ワイヤード・パンチ

新しく買ってきたオトシンクルスがやけに暴れる?

ちょうど一週間ほど前ですが、オトシンクルスを新たに2匹購入しました。しかし、すでに水槽内に居るオトシンクルス1匹と比較すると、やけに暴れて落ち着きがありません。心配です。

広告

オトシンクルスを追加した理由。

もともと水槽内にはオトシンクルスが存在していました。しかし、初めは5匹存在していたオトシンクルスも長くは保たずに死んでしまい、今ではたった1匹となってしまいました。

当初はコケ取り目的として購入したオトシンクルスですが、コケの繁殖の方が早いのか、それとも何か対処の仕方が悪いのか、5匹居てもコケが減る様子はありませんでした。

仮に、本当にコケが取れてしまうと、それ以降はエサになるものが無くなってしまうので、どのみちコケ取りとして購入するのは過ちだったかもしれません。

しかし、コケを取れる取れないはさておいて、壁に貼り付いてぐねぐね動く様は、他の魚と違って明らかに異質なので、見ていて楽しいものがあります。それがたった1匹になってしまってさみしいと感じたため、今回追加することにしたのです。

オトシンクルスを落ち着かせたい。

すでに水槽内に居るオトシンクルスは、壁や水草に貼り付いているときの方が多く、動くのがめずらしいくらいです。しかし、今回新たに買ってきたオトシンクルス2匹は、水槽に投入されるやいなや、壁などに貼りつく様子はなく、底砂の上を這いずり回ったり、壁際をひたすら上下します。落ち着きがない、暴れ回ってると思われても仕方ないほどの動きです。たまに貼り付いたと思っても、ずるずるとずれ落ちる力の無さが見られます。

もしかしてうちの水槽の水質が合わないのかと、初めは考えました。このまま放っておくと、死んでしまうのではないかとも思いました。

しかし、このオトシンクルスたちがまだお店にいた頃、水槽内に入れられているのではなく、水面に浮かべられた、水の入ったビニール袋の中で管理されていました。その中に居てた間も、湾曲したビニール面だからなのか貼り付くことはできず、バタバタ動き回っていました。

なぜちゃんとした水槽を用意してやらなかったのか、店に対して不満は出たものの、正しい環境に置いてやれば落ち着くのではないかと、と言うよりは他の対処法がわからなかったので、様子を見るしかありませんでした。

そして一週間経った今日、改めて様子を見てみると、初めから水槽に居たオトシンクルス同様に、新しいオトシンクルスたちも、壁に張り付いているところが多く見られ、暴れているような様子を見せることは無くなりました。今日こうなったというよりは、買った次の日から時間が経つにつれて落ち着きを取り戻してきたと感じます。

よって、買ってきたばかりオトシンクルスがやけに騒がしくても、病気か何かだと変に疑う必要はないと思われます。そして、オトシンクルスが貼り付ける場所をしっかり様子する必要があると言えます。特に意識しなくても、あるとは思いますが。

混泳させたら長生き不可能?

余談ですが、新しいオトシンクルスを追加したことをきっかけに、以前買ったプレコのエサを与えることに再度挑戦してみることにしました。プレコのエサとは書かれていますが、オトシンクルスにも与えることは可能です。

でも、エサを底に置いていてもエサだとは思わず、見向きもしてくれません。ピンセットでエサを目の前に持ってきてやると、そのエサに貼りつくことはありますが、すぐに離れてしまいます。ただ、少しでも貼り付いてくれるということは、食べてくれる可能性が多少はあるのだと感じさせてくれます。

しかし、オトシンクルスにエサを与える際の最大の難関は何と言っても、他の魚たちにエサを食べられてしまうことです。水槽にはオトシンクルス以外に、多量のグッピーやプラティなども一緒に飼っており、そいつらの方がエサへの食いつきがすごいのです。あっという間にエサを、水槽の奥へと持って行かれてしまいました。

よって、オトシンクルスにエサをちゃんと食べさせたい場合、混泳は禁物と言えるでしょう。混泳させている場合は、コケ取りとして努めてもらうだけでしょうか。