ワイヤード・パンチ

游ゴシックを使うことも、フォントを強制することもやめました。

当サイトでは何日か前まで、フォントに游ゴシックを使用していました。

一方で、とあるアプリのフォントが一時的にメイリオから游ゴシックに変わっていたこともありました。

その際に身内から「游ゴシック見にくいわ」って言われてしまったので、当サイトで游ゴシックを使い続けるべきか、考えてみることに。

広告

游ゴシックとメイリオの比較。

上の写真は、当サイトで游ゴシックが使われていたころの様子です。

Windows8まではメイリオがUIの標準フォントでしたが、Windows10からは游ゴシックが標準となりました。

メイリオと比べると細いフォントになっています。

一方でこちらは、メイリオに切り替えた現在の当サイトです。

この2つを比べてはっきりわかったことは、細いフォントは長文になると読むのに疲れるということ。

個人差はあるかもしれませんが、細いフォントを見ていると、どうも目に力が入ってしまうような感じがします。

普段、ブログの記事はサイト上ではなくテキストエディタで書いており、そこで使っているフォントは游ゴシックではありません。

サイト上に公開したあとも、間違いがないかザッと確認するくらいですから、游ゴシックになっている自分の記事の欠点に、なかなか気づけずにいました。

そもそもなぜ游ゴシックを使っていた?

Windowsで標準搭載されているフォントはメイリオであるのに対して、Macで標準搭載されているフォントはヒラギノです。

つまり、ほとんどのWindowsではヒラギノは表示できず、Macではメイリオが表示できません。

そのうえ、メイリオとヒラギノは別物であるため、当然見た目も異なってきます。

一方で游ゴシックは、Windows10と最新のMacともに標準搭載されています。

(Macには詳しくないので、最新のバージョンの名前はわかりません…。)

つまり、WindowsとMacどちらでも使える、数少ないフォントとなります

OSの違いによるフォントの違いがなくなり、どちらのOSでも全く同じデザインのサイトを表示させられます。

そもそもフォント統一のことをツッコむと、LinuxやAndroidやiOSも含めた場合、游ゴシックでは統一できません

さすがに、すべてのOSに標準搭載されているフォントというのは、存在しないでしょう。

なお、Webフォントを使えば、標準搭載されていないフォントでも表示することができます。

しかし、Webフォントだと読み込みまでのタイムラグが発生するので、Webフォントの読み込みが終わるまで本文が見えない、あるいはフォントが切り替わってしまう瞬間が見えてしまうので、ストレスになります。

游ゴシックやめました。

先程までのことを考えると、フォントを統一する意味は本当にあるのか、フォント統一はサイト制作者の考えの押しつけなんじゃないかと思えてきました。

…というか本音を言うと、ぼくはMacおよびiOSがキライです。

MacおよびiOSに標準搭載されているブラウザであるSafariは、ChromeやFirefoxと比べると、表示崩れが多いので…。

(Windowsでも、Edgeは優れていると言い難いですけどね。IEはもう無視。)

つまり、自分が触る気のないOSやブラウザのために、わざわざ配慮する必要なんかないということ。

というわけで、当サイトは游ゴシックの使用をやめて、ブラウザの設定に委ねることにしました。

body {
	font-family: "Yu Gothic", YuGothic, Meiryo, sans-serif;
}

もともとのCSSのコードは、上記のようになっていました。

游ゴシックがない古いWindowsのためにメイリオも指定していましたが、よく考えると古いOSに配慮する必要もありませんでした。

body {
	font-family: sans-serif;
}

今はもう、これだけ。

「sans-serif」と指定した場合、ブラウザのゴシックフォントの設定が使われることになります。

なお、設定されているにもかかわらず有効にならないのは、sans-serifの左側に書かれているフォントが優先されてしまう、CSSの仕様によるものです。

かつてのコードだと、ブラウザの設定よりも游ゴシックが優先になっていたということですね。

でも今回のコードは「sans-serif」以外何も入力されていないので、他に優先されるフォントは存在しません。

ちなみに、ソースコード表示部分だけは「Source code pro」というフォントを使用しています。

さすがにソースコードは、等幅フォントにしないと読みづらいので。

フォント指定をやめた理由は?

游ゴシックが見にくかったということもあるのですが、フォントを無理やり縛り付ける必要性もなかったということ。

たいていのブラウザだと、デフォルトで設定されているゴシックフォントは、メイリオやヒラギノになると思います。

それらは非常に優れたフォントであるのは間違いないのですが、違うフォントでサイトを見たいという人も、もしかしたら居るかもしれません。

でも、CSS側でメイリオやヒラギノを指定しまうと、ユーザ側でフォントを変えることができなくなってしまいます

よって、標準搭載フォントであるメイリオやヒラギノも指定しないことにしたいのです。

なお、サイトロゴや、デザインを凝る必要性があるサイトだった場合は、さすがにフォントをCSSで指定した方がいいでしょう。

でも当サイトは、何よりまず記事の内容を優先するブログであるため、フォントの見づらさでユーザを突き放してしまっては、元も子もありません

そのため、フォントの選択はユーザに任せるのが一番と言えます。

ユーザのもっとも好きなフォントで、記事を読ませてあげましょう。

まとめ。

游ゴシックをやめた理由は以下のとおり。

  • 游ゴシックは細いので、長文にすると疲れる。
  • 触るつもりのないOSに配慮する必要がない。
  • ユーザが好きなフォントで読めるようにした。