ワイヤード・パンチ

現金と財布はもういらない。クレジットカードとスマートフォンだけ持ち歩こう。

財布の中で小銭がごちゃごちゃしていると支払いが面倒だし、財布自体がかさばってお荷物になります。よってぼくはもう、財布と現金は持ち歩きません。クレカだけで買い物を済ませています。そして、クレカとともに常に持ち歩くことが多いのがスマホ。この2つを一緒に持ち歩くのに便利なグッズをご紹介。また、クレカも増えてきたのでいらないものを整理してみます。

広告

スマホが財布代わり。

今回紹介するグッズは「Sinji Pouch Basic 2」、簡単に言うとスマホの裏にポケットを追加して、カード収納スペースにするグッズです。

使い方は非常に簡単。ポケットの裏が粘着になっているので、スマホの裏に貼って、それで終わり。あとはお好きなカードを入れるだけ。

これでわざわざカードを入れた分厚い財布を持ち歩かなくても、レジでスッとスマホを取り出して、サッと裏からクレカを抜き取るだけです。

カードとスマホをくっつける都合上、スマホとしては分厚くなってしまいますが、スマホと財布を一緒に持ち歩くよりは、かさばらないはずです。

さらに、カードをポケットに入れっぱなしであっても、接触型のカードリーダーにはキチンと反応してくれます。それらに対応したレジだと、さらにお買い物が早く済むこと間違い無し。

なお、今回カラーはライトブルーを選択しました。現在使っているXperia X Compactの色に合わせるためです。

このように多数のカラーが展開されているので、様々なスマホに似合うことでしょう。

ちなみにXperiaは防水なのですが、このSinji Pouchはおそらく防水ではありません。防水性を損なってもいいかどうか、よく考えてから貼り付けましょう。

また、「Sinji Pouch Basic 3」というのも存在しており、2から3になっているので一見良くなっているように見えますが、カラー以外の違いは無いようです。

お好きな方を選びましょう。

何のカードを入れていく?

いちおうカードが10枚までは入るようですが、そんなに入れては分厚くなりすぎてジャマですし、カードの取り出しもしにくくなります。

3枚ほどがおすすめとありますが、それでも抜き出しにくく感じるので、ぼくとしては入れるのは2枚までをおすすめします。

よって、ぼくの生活の場合はどのカードを入れるのがいいか、考えてみます。

まず候補として、ザッと6枚ほどカードを選びました。

運転免許証。

常に持ち歩くものとしてすぐに候補に挙がりそうな運転免許証。顔写真もついているので、身分証明としては最も効力を発揮するものです。

でも、身分証明を求められる場面ってそんなに多くないはずです。

最近、身分証明が必要だった場面といえば、いらないものを売りにいったり、銀行でちょっと手続きをしたときくらいでした。

よって、運転免許証はスマホと一緒にはせず、普段よく乗る原付のトランクの中にしまっておくことにしました。

いちおうトランクの中なら、運転中でも免許不携帯ということにはならないでしょう。

健康保険証。

上の写真だと左下の青いやつですね。会社働きの人なら、だいたいこれかと。

ぶっちゃけほとんど病気しないので保険なんて入りたくないくらいですが、国がそれを許してくれないので仕方ありません。

それはさておき、これも常にスマホと一緒に持ち歩くべきかと言えば、そうではないかもしれません。

身分証明としては運転免許証の方が強いですし、保険証として必要な場面は病院に行ったときだけ。

病院へ行くとしたら、これもおそらく原付で行くことになるので、原付のトランクの中にしまっておいて、病院に着いたときだけ取り出すようにします。

ゆうちょキャッシュカード。

地方銀行や都市銀行と比較すると、ゆうちょのATMは全国に存在しています。

よって、たとえ違う地域に行ったとしても同じATMさえあれば引き出し手数料がかかりませんし、さらに良い事に土日だと手数料が上乗せされるなんてセコいマネもしません。

個人の利用であれば、実店舗が存在する銀行口座として、地方銀行や都市銀行よりもはるかに優秀だと思います。

しかし、引き出しなどをするとなると、やはりキャッシュカードがどうしても必要になります。

このスマホと一緒に入れておけば、うっかり忘れたりなんてことはなくなるでしょうけど、やはり1枚分の荷物になります。

よって、以前の記事でも書いたように、主に利用する口座はじぶん銀行に切り替えました。

セブンイレブンのATMに限られますが、じぶん銀行だとスマホアプリを使って取引が出来るので、もはやキャッシュカードは必要ありません

肝心なのはセブンイレブンがあるかどうかですが、ぼくの身の回りはそこそこ田舎なのに案外セブンイレブンが多いので、問題ありませんでした。

というわけで、ゆうちょは使わなくなったのでスマホ裏から外すことにします。

なお、現金はいらないと言っておきながら、どうしてもゲーセンで遊ぶときだけは現金を引き出すことになります。

ゲーセンに居る間、現金はどこにしまっているかと言うと、ポケットの中です。でも、遊んだ後に現金が余ったらまたATMに戻すので、やっぱ財布はいりません

ファミマTカード。

クレジットカードの1つです。ぼくが初めて作ったクレジットカードでもあります。

もともとぼくは大阪生まれの大阪住まいであり、そのときは身の回りにファミリーマートが多くありました。

また、期間限定で初音ミクの絵柄のものがあり、それにホイホイされてしまったので、このクレカを作ることになりました。

ファミマなどを含め、あらゆる店舗で利用できるTポイントの機能も付属しているので、別途Tポイントカードを作る必要がありません。

しかし、岡山に引っ越した今となってはファミマなどが近くになく、Tポイントを恩恵を受けられなくなりました。

後述しますがセブンカードを新たに作ることになり、クレカが複数あると請求先もややこしいことになるので、このTカードは使わなくなりました。

よって、これもスマホ裏から外しておきます。

ちなみに、以前の記事に書いたように、このカードを急遽停止させないといけない状況となり、その後再発行手続きをしたため、今は新しいTカードになったのですが、絵柄は選べず地味なものに変わってしまいました。残念。

セブンカード。

もう1つ持っているクレジットカードです。現在はこちらがメインとなっています。

先述のように、ぼくの身の回りで最も多いコンビニはセブンイレブンであり、さらにこのセブンカードは、nanacoの機能も合わせもっているので、別途nanacoを作る必要がありません。

ATMから現金引き出しのためにセブンイレブンによく寄るのはもちろんのこと、nanacoがあれば通常なら現金でしか払えないガス代も、クレカでチャージしてから支払えるので、そのためにセブンイレブンに寄ることも多いです。

さらにnanacoはカードリーダーにタッチして使えますが、このセブンカードでも同様のことができます。スマホに入れたままでもnanacoが反応してくれるので、スマホ裏から抜き取る必要もありません。お手軽。

よって、このセブンカードはスマホと一緒に入れておくことにします。まず1つカードが決まりました。

できれば、先程のTカードのように、かわいい絵柄のものがあればよかったんですけどね。

みなさんもクレジットカードを選ぶ際は、特にひいきにしている店がどこなのか考えてから作るのが良いかもしれません。

WAON POINT。

主にイオンで使えるポイントカードです。ポイント以外の機能は、特にありません。

これまた以前の記事に書いたとおりですが、土日はイオンの中にあるゲーセンまで遊びに行くことが多いです。

その帰りにイオンで買い物していくことも多いので、ポイントカードを作っておくことにしました。よってスマホ裏に入れておきましょう。

たかだが数円の値引きのためにカードを出し入れするのも面倒な話ですが、これ以外のカードは上記の1枚だけなので、これを入れても2枚。

そんなにジャマではないので、入れておいてもいいでしょう。

入れていくカードは2枚に決定。

というわけでスマホ裏に入れておくカードは、セブンカードとWAON POINTに決まりました。

普段の買い物はセブンカードのクレカ機能で、ガス代の支払いはこれまたセブンカードのnanaco機能で、イオンで買い物するときはクレカと一緒にWAONも提示、現金の引き出しはスマホでやるのでキャッシュカード不要。

これでカードの使い分けはだいぶ絞り込めました。

みなさんもいらないカードがないか、改めて整理してみてはいかがでしょうか。いらないものを削れたら、このスマホポケットと一緒に、身軽に買い物へ出かけましょう。

外で出かけるのに、大荷物は必要ありません

できればもっとカードを減らしたい。

持っていくカードをたった1枚に?

イオンカードセレクトならばそれが出来るのではないかと考えています。

イオン銀行のキャッシュカード、クレジットカード、電子マネーWAON、この3つの機能が1枚に集約されています。

先述のようにイオンによく行きますし、さすがにキャッシュカードを使うことになりますが、イオン内にはATMがあるので現金引き出しも可能です。

イオンに向かう道中でセブンイレブンに寄り道する必要もなくなります。

さらにWAONが付いているので、イオンでの買い物でポイントが付くのはもちろんのこと、ミニストップでガス代などの公共料金を支払える機能があります。セブンイレブンのnanacoと似たようなものですね。

やりたいことがこの1枚で、すべて出来るのではないかと思わせてくれるようなカードです。

しかし、どうしても今のぼくの環境でできないのが、WAONを使った公共料金の支払い。岡山県にはミニストップが一軒も存在しないのです…。

近所の人も「テレビでミニストップの宣伝されても困る」とつぶやく始末。香川だと店舗が多いんですけどね。岡山では香川のことも一緒にテレビで流れます。

よって、今はセブンカードのままにしておくのが良さそうです。

もはやカードすら不要?

お財布ケータイ機能があるスマホであれば、もはやクレジットカードを持ち歩く必要もないのでは。つまり、今回のスマホポケットすら貼らなくてもいいのです。防水も維持できます。

使ったことがないのではっきりとは言えませんが、お財布ケータイはおそらく、スマホに各種電子マネーの機能を組み込んだものだと思われます。

電子マネーはそれぞれ使える店舗が限られるので、普段ひいきにする店をだいぶ絞る必要はあると思われますが、スマホ1つで外に出かけられるのは、身軽すぎて想像するだけで気分爽快です。

しかし、今ぼく使っているスマホはXperia X Compactの海外版。日本版Xperiaであればお財布ケータイが搭載されていたのですが、海外版Xperiaにはそれがありません。

お財布ケータイのためだけに何万もする機種を買い換えるのは高すぎますし、日本のスマホはいらないのに消せないアプリが多すぎるから、あまり使う気になれないんですよね。

画面の上をうろうろすんなヒツジめ…。