ワイヤード・パンチ

現金不要!普通の切符も、乗車前日にクレジットカードで買えます。

大阪の都会ど真ん中から岡山の田舎に引っ越して、普段は電車に乗ることがほとんどなくなったので、現在は交通系カードや定期券などは持っていません。

ただし、のちのちまた電車で遠くにでかける予定があるのですが、うちの最寄り駅は無人駅のため、車内かあるいは到着駅で切符を、現金で買わざるを得ません。

今の時代、現金を使うメリットは全くないので、どうしてもクレジットカードで買いたいところですが、なんとかならないでしょうか。

広告

みどりの窓口ならなんでもクレカで受付OK。

クレカで買う乗車券の種類といえば、新幹線とか特急に乗るための乗車券を、事前にネットで予約してクレカで買ったりでしょうか。

しかし、今回は各駅停車に乗ってのおでかけです。新幹線や特急に乗るわけではありません。

普通の電車に乗るときはたいてい、直前になってから券売機で現金を投入したり、無人駅から出発だった場合は、車内で切符をもらってから、到着駅で現金を支払ったりとなります。

そこで、みどりの窓口のある駅まで向かって、普通の電車に乗るためのいつもの切符もクレカで買えないか、尋ねてみました。

すると、普通の切符もクレカでOKとのこと。

購入方法としては、どこの駅から出発してどこの駅で降りるか、その電車に何月何日に乗ることになるかを伝えます。

みどりの窓口のある駅からでなくても、無人駅から出発でも問題ありませんでした。

なお、指定できる日時は、乗車する日から一ヶ月前までです。それよりも早くから予約はできません。

何度も電車に乗るのであれば、交通系カードや定期券を買った方がお得ではありますが、そうでない人であっても、普通の切符をクレジットカードで購入できるようにして、現金のいらない生活を目指しましょう。

余談。

しいて欠点を挙げるならば、みどりの窓口のある駅でないと、クレカで切符を買えないというところでしょうか。

無人駅では当然、誰もいないので窓口すらありません。

ただ、今回のぼくの場合、別の用事ついでに、みどりの窓口のある最寄りの駅まで原付で向かえたので、そこまでの切符代を払うハメになったということはありませんでした。

普段電車に乗らない人の場合、何かのついででみどりの窓口に寄れるような用事を作っておくといいかもしれません。