ワイヤード・パンチ

移住前にお店のポイントを使い切ろう。

まだ移住先は決定したわけではないものの、常々お伝えしているとおり、いずれは大阪を出て行く予定です。ただ、おそらく地方へ移住するとお店がほとんど見つからないと思われます。よって、まだ大阪に居るうちにポイントを使い切ってしまいましょう。

広告

ポイントをいつまでも放置する意味はない。

ポイントカードを使えるお店だと、次回以降のお買い物時に、その溜まったポイント分だけ値引きできるお店が多いはずです。なぜか使わずに貯めておく人が多いのですが、貯めたら貯めるだけの特典が付くわけではありません。ポイントを使用してのお買い物でもポイントはちゃんと付加されるはずなので、有効期限切れで無駄にしてしまう前に、毎回のお買い物で全額使ってしまった方がお得でしょう。結果的に、合計の値引き額は同じなのですから。

それに加えて、ぼくは大阪を出る予定です。大阪はたしかに店が多いことは魅力ではあるものの、それに伴って人が増えるため、ただ生活するだけでも息苦しさは増すばかりです。一方、地方に行けば大阪にあったお店と同じ店が無いかもしれないので、その場合は今まで貯めたポイントが無駄です。

地方に行っても今の時代は通販があるので、買い物自体に困ることは無いのですが、地方では使えないポイントを地方に持って行っても意味がありません。たとえ地方と大阪で同じ価格の商品があったとしても、ポイントが貯まっているお店の方で買う方が得なので、全部使い切ってから移住することにしましょう。

以下、ポイントでのお買い物報告です。

マリオのamiibo。

初めに貼った写真のものです。唐突にマリオメーカーがまたやりたくなったのでやったところ、やけに夢中になってしまって、連休中であることを良い事に、ほぼ不眠不休でのめり込んでしまいました。みんなはちゃんと休みましょうね。

他の職人さんたちが作ったコースで遊んでいたところ、巨大なキノコを取ると巨大なマリオに変身できるコースがありました。ただ体当たりするだけで硬いブロックをどんどん破壊できるのは、本来のマリオにはないまた違った爽快感が味わえます。

しかし、自分でそんなコースを作ろうにも、パーツ一覧の中にその巨大なキノコが見つからないのです。すべてのパーツを解放したにもかかわらず。どうやって使えるようになるのか調べてみたところ、マリオメーカー専用のamiiboが必要とのこと。

巨大なキノコを使えるようになるamiiboは、写真のようにドット絵マリオのamiiboだけであり、クラシックとモダン、2種類のカラーがあります。amiiboのカラーに応じて、ゲーム中でも変身できるマリオのカラーが変わります。

amiiboという追加料金を払わないと出現しないアイテムという存在に、不満を抱く方も居そうですが、普通ならばただ見るだけだったフィギュアに、遊ぶという使い道を付加しれくれたのは評価したいところです。

ぼくは普段、フィギュアは買いません。ただ見るだけですし、手入れしないとホコリが積もるのもめんどくさいから。フィギュアというとたいていは美少女ものばかり思い浮かびますが、今は家族と同居の実家暮らしなので、さすがにそんなものは置けません。でもこのamiiboだったら、机に置いといても良いかなと思わせてくれます。遊べるのはもちろんのこと、誰もが知っているマリオなので、置いといても白い目で見られることはないので安心です。

この連休中にコースをいくつか作成しましたので、後日に本サイトでも紹介するかもしれません。むしろ作ったコースを積極的に紹介していかないと、プレイしてくれる人が居ないかもしれません。発売した頃に比べて、コースが新規投稿されるペースがかなり早くなっている気がするので、ほったらかしでは以前ほどプレイされなくなりました。なかなかプレイ数が1桁超えません。

なお、本当は以下に書く、全く違う商品だけを買いに来たつもりだったのですが、お店でamiiboが並んでいるのを見て、マリオメーカーの巨大キノコのことを思い出したので、一緒に買っておきました。

あとamiiboと言えば、スプラトゥーンのamiiboがどこに行っても売り切れですね。すごい人気。イカしたデザインなので、欲しくなるのもわかります。マリオメーカーで使うとそのキャラに変身できるようになるのですが、amiiboなしでスプラトゥーンのボーイもしくはガールに変身したい場合、100人マリオチャレンジを難易度むずかしいでクリアしないと入手できません。むずかしいは本当にむずかしいので、デザインの良さに加えて、クリアできない人たちも買っていってる気がする。

過去のプリキュアの3DS版。

以前にハピネスチャージの3DS版を買いましたが、そのアニメ版の本放送中は飛び飛びでしか見てなかったうえに、現在は再放送されていないものだったので、買うタイミングとしてはいまいちだったと思われます。

でも、プリキュアファン歴はまだまだ浅いものの、ゲーマー歴は長いので、各プリキュアのゲーム版も押さえておいた方が良いと思い、今回はスマイルプリキュアとドキドキプリキュアのゲーム版を買ってきました。残念ながら新品はもう存在しないため、中古になります。

この2つにした理由はまず、最近アニメ版の再放送を見たためです。スマイルの方は現在もBS11で再放送中であり、ドキドキの方はしばらく前までアニマックスで再放送されていました。どちらも途中からの視聴なので全話見たわけではないものの、それでもハマってしまいました。小さなおともだち向けアニメは、途中からでもだいたい話の流れを掴みやすいのが、ありがたいところ。

他にも理由はあり、ハピネスチャージはゲーム中の3Dの出来が少々残念であったことに対し、これら2つは写真だけ見る限り、のちの作品であるはずのハピネスチャージよりもなぜか3Dの出来がよく見えたためです。あくまでも写真だけなので、実際にゲームを起動してみるまでは、良し悪しはわかりませんが。

あとの理由としては、3DSのゲームであったことでしょうか。3DS本体でも初代DSのゲームはできるのですが、それでも新しい機種のゲームがやりたいと思ったので。

また、スマイルの方は置いているお店が結構多かったのですが、ドキドキの方はなかなか置いている店が見つかりませんでした。もう中古しかないので在庫に限りはあるのは仕方ないものの、実家周辺には8軒ほど中古取り扱い店があるにもかかわらず、ドキドキが見つかったのはたった1軒でした。もしやゲームの出来がいいことの現れなのでしょうか。それともドキドキ自体の人気が高いのでしょうか。(PixivやTumblrを見ると、最新作である魔法つかいに次いでよく見るような。)あるいは現存するカセットそのものが少ないのか。

ゲームの感想はまた後日に上げるかもしれませんが、特にスマイルの方は紹介を見る限り、本当にゲームそのものが初めてな子向けな感じなので、いくらファンでも大の大人が楽しめるものなのかどうか。

そういえばぼくの初めてのゲームって何だっただろうか。やっぱりマリオワールドかな。

あっ、そうだ。5月4日は映画NewStage1、5月5日はNewStage3とドキドキ45~49話(最終話)が、アニマックスで放送されるので、契約している人は早起きして観ましょう。(NewStage2だけ抜けてるのですが、それは。)

ポイントを使うときは、しっかり意思表示しよう。

ところで、お店でポイントを使って買いたいのに、店員さんが「ポイントをどうしますか?」って聞いてくれないことは多いです。聞かれなかったので、うっかりポイントを使わずに買ってしまい、店から出たあとに気づいたので、また店に戻って「さっきのお会計、ポイント使ってやり直せないですかね?」って尋ねるハメになってしまいました。

結果的にはポイントを使っての買い直しが出来たのですが、クレジットカードを使ってのお買い物だったので、手続きのやり直しが何回か発生してしまいました。ぼくだけでなく店員さんに無駄な時間を使わせて、ご迷惑をおかけすることに。みなさんもポイントを使うときは気をつけましょう。

その長い手続きの間、レジにプリキュアのパッケージを置きっぱなしにするのは、さすがに恥ずかしかったです。(堂々と出来ないあたり、まだまだファンとしての心意気が足りないようである。)といっても、もうポイントは使い切ったし、これからは通販頼りの生活になるだろうから、今ほど人目を気にすることもなくなりそうですが。