ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

米のまとめ買いをやめたので米びつを捨てたけど、その代わりになるものは?

以前の記事に書いたとおりですが、食材のまとめ買いをすると、腐らせないようにしようと思って食べ過ぎるか、あるいは結局腐らせてしまうので、いくらそのときは安くとも、まとめ買いすることはやめました。

米も例外ではなく、一人暮らしだと10kgを消費するのに時間がかかりすぎるので、今は2kgのものを買うようにしています。

2kgだけの米に対して10kg用の米びつは大きすぎるので、ジャマなので捨てることにしました。

広告

大きい米びつの問題点。

一気に米を買いすぎることも問題ですが、その米を入れておく米びつにも問題はあります。

まず、大きすぎて洗うのが面倒なこと。

流し台に置いても狭くて思ったように洗えないですし、いざ洗えても逆さにして乾かしておける場所がありません。

そもそも米なんて汚くないから、米びつは洗わなくていいんじゃないの?

と思い込んでしまいますが、底にはカスがいっぱい溜まっていますし、全部払ったつもりでも残ってるかもしれませんし、カスだって腐るかもしれませんから、やっぱ洗わないといけないでしょう。

でも、その洗うのが面倒…。

もう一つの問題が、大きいので動かすのが面倒だしジャマだということ。

置きっぱなしだとさすがに周辺にホコリが溜まるので、動かして掃除しないといけませんが、その動かす行為が面倒。

また、でかい荷物がいつまでも部屋の中に鎮座していると、部屋が散らかって見えて、やはり落ち着きません。

というわけで、米びつをもう使うことはないので、処分することにしました。

なお、米びつは燃えないゴミとして回収してくれました。

タッパー保存に変えてみたけど…。

どうやら米は、そのまま米びつで常温保存するより、冷蔵庫で保存していた方が、腐りにくくて良いとのこと。

冷蔵庫に入れてはいけないというわけではないようですね。

ただ、米びつのようなでかい入れ物は冷蔵庫に入らないので、代わりのものを探さないといけません。

そこですぐ見つけたのか、空気を抜いて密閉できるタッパー

米は2kgだけなので、いくつかに分けてタッパーに入れれば、冷蔵庫に問題なく入ります。

ただ、タッパーから必要な分だけすくい上げるときが問題でした。

いざ計量カップを入れてすくってみても、底が浅いので思ったように米をすくうことができません

かと言って、タッパーを持ってカップに流し込もうとすると、口が広いので想定外のところへこぼしてしまいます

カップすりきり一杯まで入れようとするときも、いちいち下に受け皿を用意するのも面倒です。

(これに関しては違うカップに変えればいいのですが。)

何か他に良い入れ物はないでしょうか。

2kg用の米びつを発見。

一人暮らしにオススメな米びつ(2kg用)、安くてコンパクトで使いやすい! | ネタンク

そもそも一人暮らしで2kgずつ米を買っている人は居るのだろうか、と思って調べているうちに、上の記事を発見。

米びつなんて10kgくらいのものしかないと思いこんでいたので、2kg用があることは、ちょうどぼくにも合いそうでした。

そして実際に購入。今回購入したものは「パール金属 日本製 米びつ 2kg 計量カップ付 ハンディ ライス ストッカー ベリー H-5603」というものです。

2kg用と書かれているとおり、実際に2kgのお米を買ってきて全部入れてみたところ、ギリギリのところまで入ってくれました。

ただし、ギリギリになるのでいきなり袋から全部入れようとすると、外にこぼす恐れがあります

今日炊く分だけ炊飯器に移しておいて、それから残りを米びつに移した方がいいでしょう。

また、米びつのフタが計量カップの機能も併せ持っており、フチよりちょっと下あたりが1合となります。

先程まで使っていた計量カップと違って、一杯まで入れて1合というわけではありません。

米びつを持ち上げて、じょうろのように米をカップに注ぎ込むことになります。

ただ、これも計量カップが小さくて、一気に入れてはこぼす恐れがあります。

できればもう少し大きい計量カップを用意して、それに入れた方がいいかもしれません。

一人だとたいてい1日に2合は食べるでしょうから、1合までの計量カップだと、2回は計る必要がでてきます。

肝心の収納性ですが、上の写真のように、冷蔵庫の扉の裏の細いところにしまうことが可能です。

10kgの米びつだったら冷蔵庫保管ができないところ、これなら実現できました。

これで夏場に腐敗を心配することがありません。

そもそも2kgなので、腐る前に食べきってしまいますが。

とはいえ、完全に腐らずとも常温だとやはり日ごとに劣化していくでしょうから、どのみち冷蔵庫保管が安全です。

まとめ。

部屋の隅にあった大きい箱がなくなってすっきり。

なおかつ、2kgだけ買い続けるようにすれば、使い切ったときの感覚が何度も味わえるのですっきり。

モノを溜め込むことは自分自身の余裕を削ることになるので、溜め込みすぎない生活を目指しましょう。

余談。

つい先日、実家の両親がぼくの家までやってきて、冷凍うどんやレトルトカレーやインスタント味噌汁などを、大量にくれました。

それはそれでありがたい気もするのですが、いくらなんでも数が多すぎるのです。

保存の効きやすいものであっても、長時間冷蔵庫や棚に居座り続けるのはジャマ。

かといって早く片付けようとすると、毎日同じ食事になってしまい、ぶっちゃけ飽きてきます。

やはり、食料品をまとめ買いすることは、金銭的には一見お得に見えても、のちのち精神的に影響を及ぼしてくるのです。

食料品も日用品もまとめ買いすると結局損するのでやめた。 – ワイヤード・パンチ