ワイヤード・パンチ

自作PCを買い換えたばかりなのに、気になる製品いろいろ。

スリムなケースなのに、これまでどおりゲームができる自作PCに買い換えたのは、以前の記事に書いたとおり。しかし、一度PCパーツについて調べだすと、次から次へと新しいパーツのことが気になってしまいます。もっと早く存在に気づいていれば購入していたかもしれないパーツを、いくつか挙げてみます。

広告

現状のパーツ構成。

まずはおさらいしておきます。以前使っていたケースは大きくて掃除のジャマだったうえに、拡張する予定もなくて持て余していたので、必要な分を適度な領域で収めるという考えのもと、買い替えをいたしました。

ケース

SILVERSTONE「SST-ML08B」

電源ユニット

SILVERSTONE「SST-SX500-LG」

マザーボード

MSI「H110I PRO」

グラフィックボード

MSI「GTX 950 2GD5 OCV2」

CPU

インテル「Core i5 6500」

メモリ

Corsair「CMK16GX4M2A2666C16」×2

SSD

CFD「CSSD-S6T128NHG6Q」×2

HDD

WESTERN DIGITAL「WD10EFRX」×1

ブルーレイドライブ

なし

CPUクーラー

SILVERSTONE「SST-AR06」

騒音の悩みを解決するかもしれないグラフィックボード。

現在使っているケースだと、サイズの大きいグラフィックボードを使うとHDDと干渉してしまうため、サイズの小さいものに交換しなければいけませんでした。しかし、サイズの小さくなってファンが1つしかないことが災いしてなのか、ファンが常に回りっぱなしです。やかましいというほどではないものの、音が少々気になる状態になってしまいました。また、ゲームを起動してしまうと音だけでなく熱も上がってしまいます。

ところが最近、それを解決するかもしれない新しいグラフィックボードが発表されました。

ZOTACの補助電源不要GTX950グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan」発売

この「ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan」というグラフィックボード、サイズが短いことや補助電源なしであること、ドライバがGTX950であることは、現在使用中のグラフィックボードと同じです。もしそれだけだったら特に注目していません。

しかしこのグラフィックボードの良さそうなところは、FREEZEテクノロジーというものを搭載したことにより、低負荷時にファンを止めて騒音を軽減できるらしいのです。現在、グラフィックボードのファンの音に悩まされているため、それを遮断できるなら大助かりです。

ただ、そのファンを停止する条件が不明なのが気がかりです。たった今この記事をPCで書いていて、グラフィックボードの温度を「HWMonitor」で測ってみると、42℃となっていました。この温度でファンを止めてくれるのか、あるいは止まっても大丈夫なのかどうか。ゲームしていないときくらいは静かになってほしいと願いたい。

なお、amazonによるとこの商品は明日、5月9日に発売されるもよう。試してみたいけど、グラフィックボードを買い換えたばかりなのに、またすぐ買い換えるのはどうなのかと。

また、同名の過去の商品が存在するため、検索の際は注意が必要です。今回発売される方の正確な型番は「ZTGT950-2GD5LOW001」となっています。

外付けなしで無線LANが実現できるマザーボード。

現在、PCでインターネットに接続するときは、無線LANアダプタをUSBスロットに挿して接続しています。有線LANだとこれまた掃除のジャマになるうえに、足をひっかけて転ぶ恐れもあるからです。

しかし、有線よりはジャマにはならないものの、やや長いサイズのアダプタをPC背面のUSBに挿しているため、ケースから飛び出しています。PCの後ろに回ることはそうそうないのですが、これだとうっかり蹴飛ばして無線LANアダプタを壊してしまう恐れがあります。見た目がすっきりしないのも気になります。

それなら、豆粒ほどの小さいアダプタにすれば良いのではと思われるかもしれません。たしかに以前はそれを使用していましたが、動作が安定しなくなってきたうえに、触るとものすごく熱くなっていたのが怖かったので、今は大きいものに変えました。また、小さいものは抜き出ししづらいという欠点もあります。

そこで、もしかしたら無線LANを内蔵にできるのではないかと思って探してみたところ、すぐに見つかりました。

ASUSのPRO GAMINGシリーズマザー購入でSSDなどが当たるキャンペーン実施中

商品の紹介というよりはキャンペーンの紹介なのですが、そのキャンペーンの対象となっている商品の中に、「B150I PRO GAMING/WIFI/AURA」というものがありました。発売時期も先月下旬です。

対象商品の中で規格がmini-ITXとなっているマザーボードは2種類で、無線LANが内蔵されているものはこれ1つでした。それ以外の特徴としては、ゲームが快適にするための機能がふんだんに、何やら盛り込まれているとのころ。

ただ、そのwifiの速度がどれだけ出るのか記載されていないのが気がかりです。現在使用中の無線LANアダプタの速度が最大866Mbpsと公称されているので、もしそれ以下だったら残念なところ。

また、仮にこのマザーボードに変えたとしても、サイズが長くてケースから飛び出している機器は他にも、XboxOneコントローラの無線アダプタがあります。いくら内蔵wifiに変えようが、USBに機器を挿している限り、ケースから飛び出していて蹴飛ばす恐れがあることに変わりありません。

なお、残念ながら今日、5月8日がキャンペーンの締め切りとなっています。気づくのが遅すぎた。

マザーボードもう1つの選択肢。

規格がMini-ITXかつwifi内蔵で、発売日も新しめの商品が他にもありました。

ASRockのH110チップセット搭載Mini-ITXマザー「H110M-ITX/ac」発売

こちらの「H110M-ITX/ac」は特にゲーミング用などと謳っておらずキャンペーンもありませんが、現在使用中のマザーボードと同じく、チップセットは必要最低限の機能が揃うH110であるためか、先ほどのものより価格は安いです。でもwifiが内蔵されているため、外付けのUSBアダプタは必要ないと思われます。

ただ、こちらは無線の速度が明記されており、433Mbspとなっています。残念ながら、現在使用中のUSBアダプタに劣っています。速度を落としたくなければ、そのままUSBを挿したままで行くしかないかもしれません。

しかし、現在のマザーボードの話ですが、USBアダプタによるネット接続は、PC起動時だけかなり不安定であり、接続操作のし直しさせられることがしょっちゅうなので、安定を求めるならば内蔵を試す価値はありそうです。

長方形だけがスリムではない。

PCケースというと長方形や、あるいはキューブ型ばかりが思い浮かびますが、円筒型という珍しい選択肢もありました。

エルミタージュ秋葉原 – これで全てが分かる。アイティーシー「黒鼓」徹底検証

「黒鼓」は名前のとおりカラーが黒の、円筒型のmini-ITX用ケースで、
~~一時期ゴミ箱みたいだと騒がれた~~Mac proを髣髴とさせます。

円筒型であっても全体的な大きさはATX用ケースよりもはるかに小さくなっており、3.5インチと2.5インチを1つずつ搭載できます。現在、2.5インチSSDを2つ使っているので1つ入らなくなりますが、マザーボードにm.2を挿せば代用できそうです。省スペースでありながら、最低限欲しいデータ保存領域を積めさせてくれます。

また、現在使用中のスリムケースと違って、天面と底面にはファンが搭載されているため、冷却面にも期待できそうです。現在使用中のケースは、CPUクーラーを強力なものに交換したあとも、完全に熱が冷めるわけではないのが少々不安な点でした。

しかし、円筒型という特殊な形状が代償となったのか、取り付けられるグラフィックボードは、ロープロファイル仕様かつ1スロット限定となっています。ちなみにロープロファイルというのは、ノートパソコンなどによく使われる、高さがかなり抑えられたもののようです。

現在使用中のグラフィックボードは、幅が短くなってはいるのですがロープロファイルではないうえに、2スロットタイプなので高さがオーバーしてしまいます。ロープロファイルのものは多数あれど、なおかつ1スロットのものだと、性能はかなり落とさなければいけないかもしれません。

少なくともロープロファイルかつ1スロットで、ドライバがGTX950のものは現時点では存在しません。よって、CoD:BO3など近年の3Dゲームは諦めざるを得ません。ただ、3Dゲームであっても古いゲームだったり、そもそも3Dを使わないゲームを主に楽しむのであれば、この黒鼓も充分な選択肢になり得ると思われます。

しかし、省スペースではあっても、幅がない代わりに高さがあります。そのため、最初に貼った写真のような、テレビ台の下の隙間に入れ込むことができません。まるっきり違う形のケースに買い換える際は、どこに置きたいか念入りに考える必要がありそうです。

追記。(2017/12/26)

1スロットではないかもしれませんが、ロープロファイルでGT1030のグラボなら、以下のようなものが存在します。

すでに所有しており、性能チェックも行っています。

一言で表すなら、GTX950とほぼ同性能でしょうか。