ワイヤード・パンチ

サイトタイトル変えたい…。もうメカメカしいの関係なくなった…。

自炊をしているはずなのに、食費が毎月3万を超えていて高すぎる。

毎日の食事は自炊の方が安上がりだとよく言われていますが、それなのにタイトルにあるとおり、毎日3万を超えていて困っています。

わたくしは一人暮らしであり、毎日3食。

かといって、食事を抜いたり削ったりするのは、腹が保たないのでやりたくありません。

外食も先月は一度しかしてなかったのに、この食費。

毎月かなり金銭的にギリギリの状態であり、このままでは非常にまずいので、なんとか対策を考えたいところです。

広告

まず安い食材がない。

わたくしの住まいは、人口が万にも満たない田舎です。

そして、田舎は物価が安いとたまに言われますが、ぶっちゃけウソです。

ほとんど高いです。

普通のうどん玉200gが、遠出した先にあるデパートなら一個18円(税込)ですが、うちの近くの場合だと30円(税込)です。

大都会のように、大幅な安売りというのがまずありません。

人口が少ないので、安売りしすぎると店が保たないのでしょう。

かといって、その安売りしている店に行こうにも、片道40分近くはかかる長旅。

安売りしている遠くの店までしょっちゅう行くのは、時間的にもガソリン的にも無理です。

よって、うちの近くのスーパーに行くことは変えないまま、消費金額を抑えていかないといけません。

割引品につられすぎ。

田舎なので元の価格が安くないということはありますが、売れないせいか消費期限が近づいて、割引になることもしょっちゅうあります。

とくに目に付くのはエビなど、元の価格が高い食材が割引になっているとき。

本来は買う予定がなかったのに、今買わないともったいないと思って、ついつい買ってしまいます。

買うにしても、元から買おうと思ってたものを削らず、その上から追加してしまいます。

だから、金額がかさむだけにとどまらず、食い過ぎにもつながってしまいます。

よって、元から高価な食材の割引品を見つけても、つられないように我慢するか、あるいは別のものを削りたいところです。

割引品を買いだめしすぎ。

先程の話にもつながりますが、元が高価の割引品を、一回の食事分だけ買うのではなく、数日分買いだめしてしまうこともありました。

しかし、割引品は消費期限が近いから、割引になっているのです。

賞味期限ではなく消費期限のナマモノなので、日数経過による劣化が早くなっています。

だから買いだめしてしまうと、早く使い切らなきゃと思って、一度の食事の量が増えすぎてしまいます。

そのため、想定よりも早く使い切ってしまうのでまた買い足しになり、さらに食い過ぎにもつながります。

よって、大量の割引品を見かけても、自分が買わなくても、そのうち何個かは他のお客さんが買ってくれるという、分け合いの心を持つようにしましょう。

買いだめした方がいいものもある。

先程までは腐るまでが早い、海鮮や肉の話でした。

これらは、1パックの量が多かろうが少なかろうが、グラム単位の価格が変わらないので、あまり量の多いものを買う意味がありません。

一人暮らしなので、多いのを買ってもすぐに使い切れないということもあります。

冷凍すれば少しは持ちますが、味に変化が出るかもしれませんし、解凍がめんどくさいです。

一方で、一人暮らしでも買いだめしていいと思うものが、米です。

米は夏場の常温放置さえせず、冷蔵庫に入れておけば、めったなことがない限り腐らないと思われます。

さらに米は、内容量が多いものほど、グラム単位の価格が安くなっています。

つまり、2kgよりも5kgの方が安上がりです。(10kgはうちに売ってない…。)

ただ、夏場の暑い中で常温放置するのは、米びつに入れていようが本当に危険です。

(以前、30kgもの玄米を買ったことがあるのですが、常温放置していたら虫が湧きまくってしまい、ほとんどパーに…。)

かといって普通の10kg用の米びつは冷蔵庫に入れるには大きすぎるので、下記のような2kg用の米びつを使っていました。

でも、探してみると5kg用の米びつもあったんですね。

商品写真にもあるとおり、冷蔵庫にしまえていますし、こちらに乗り換えようと考えています。

2kgの米は900円、5kgの米は1800円なので、2kgの米を4kg分買うだけで、5kgと同じ値段に。

冷静に考えると高すぎなので、やはり安く済ませるなら5kgです。

主食は米よりパスタの方がさらに安上がりと言いますが、米が食べたいんですよね。

カップラーメンは安上がりだけど、食い過ぎ。

なぜかカップラーメンは高い食べ物だと、しょっちゅう言われています。

しかし、高くても200円程度で、それ一つでお腹いっぱいになるカップラーメンに比べて、それだけでは食い足りないエビなどは数匹で300円近く。

高めの食材を使った自炊よりは、カップラーメンの方がよっぽど安上がりです。

(健康面うんぬんの話はさておき。)

ただ、そんなカップラーメンを、昼の休憩中にしょっちゅう食べています。

それだけならまだいいのですが、家からご飯を持ち込んでいるにも関わらず、カップラーメンも買ってしまうのです。

これじゃ高く付くうえに、食い過ぎになります。

実際、食後に満腹すぎて苦しくなることも。

しかし、そんな目にあっているのに、食べる前はご飯だけじゃ足りない、ラーメンだけじゃ足りないと思ってしまうのは、そんな食事を続けているせいかもしれません。

よって、ご飯とラーメンを一度に食うのは、やめたいところです。

片方だけで、充分に腹は保つはず。

間食は完全に無駄。

仕事帰りに割引になっている菓子パンやケーキ、つまりおやつを買い、家に帰ってから食べることもしょっちゅうあります。

そのおやつを食べるとき、実際はそんなにお腹が空いているわけではありません。

それになのに、おやつを食べてから2時間後くらいには、もう晩飯を食べてしまってます。

つまり、食い過ぎです。

仕事帰りのおやつを食べようが食べまいが、支障はほとんどありません。

むしろ菓子パンを買うなら、必要ではない間食にするのではなく、主食にしてしまうべきでしょう。

そもそもなぜ菓子パンを買うようになってしまったかと言うと、ちょうど仕事帰りの時間に割引になっていることが多いから。

先述のように、買わないともったいないって気にさせられてしまうんですね。

釣られないようにしましょう。

今の仕事に勤める前は在宅オンリーで仕事しており、おやつを買うことはほとんどありませんでした。

元から、おやつがなくても生活できる身だったのです。

なお、おやつを削るならジュースも削るべきですが、いわゆるエナジードリンクは買おうと思いません。

そこらの炭酸ジュースとの味の違いがわからず、飲んだからって気分も変わるような気がしないのに、なんであんなに高いのかわかりません。

コーヒーとかも苦いので苦手です。飲み物に関しては、ほとんど無駄遣いすることないですね。

たまには惣菜を買う。

毎日自炊でしたが、お金うんぬんはさておいて、正直言って作るのも片付けもめんどくさいときがあります。

鍋ならただ茹でるだけで終わりで、片付けもすぐです。

でも、たまに炒めものとか天ぷらとかやってみると、もうめんどくさいだの何だの…。

かといって、同じ鍋ばっかり食べるのも飽きますし…。

そういうときは、すでに出来上がっている惣菜を買うのもいいかもしれません。

惣菜も仕事から帰るころには割引になっているので、高すぎることはないはずです。

ただ、今の季節、近所の人からピーマンだのゴーヤだの、鍋には向かず炒めものに向く野菜ばかりもらうので、めんどくさい目には会いますけどね。

もらいものなので、お金はかかりませんが。

まとめ。

  • 割引だからって買いすぎると、早く使い切りたくなってしまう。
  • 米は2kgより5kgが安い。
  • 米あるのにラーメンを買わないこと。
  • 仕事帰りの間食は、完全に無駄。
  • 今日作る予定の料理より、惣菜の方が安いかもしれない。

まだ去年、在宅オンリーで仕事してたときは、3万どころか2万も超えることなかったはずなのに…。

今はスーパーに勤めており、身近に割引品が見えるようになったので、それを境に無駄遣いが増えた気がします。

やっぱり釣られない心が大切です。