ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

農業したいならAT限定解除しよう。

IT企業をやめて農業に就きたいのは、以前の記事でも挙げたとおり。さっそくハローワークなどで地方の求人を見に行ったのですが、やはり荷物運びをやることが多いのか、普通自動車免許を要求される求人ばかり。それだけならまだしも、クルマはクルマでもトラックに乗ることになるせいか、農業はAT限定不可と明記された求人がやたらと多いのです。

広告

MT車が乗れることの利点。

普通自動車免許ならすでに、初めに勤めていた会社を辞めて、しばらくプー太郎してた頃に取得しています。でもそのときはまだクルマそのものが必要になる職種に就くことは考えておらず、ただいろいろなところで使う身分証明として欲しかっただけなので、AT限定で取得してしまったのです。でもAT限定といえばMT車には乗れません。農業にはおそらくMT車が大半のトラックはつきものなので、AT限定では話になりません。

AT限定でも可能の求人もあるにはあるのですが、どうしても数が少なくなります。一口に農業と言っても、さらにどの分野に就きたいのかは、まだ明確には決めていませんが、AT限定のままでは選択肢が狭まってしまいます。今の時代は農業の人手不足もあって、受け入れ手が増えているそうなので、せっかくなのでMT車も乗れるようにして、就職先の選択肢を広げようと思ったわけです。(MT免許があればスポーツカーにも乗れるという話もあるけど、そんなの買うお金ない。)

再び教習所へ。

MT車にも乗れる免許を手に入れるため、再びAT限定免許を手に入れた教習所へと向かったのです。すでにAT免許を持っているおかげで、今回行った教習所の場合、全く新規の講習ではなくAT限定解除と呼ばれる講習になっており、4時間分の実技講習+試験だけという短時間で済むようになっていました。また、新規の場合の料金は30万近くかかりましたが、AT限定解除の場合の料金は約53,000円でした。本当は新規だったときにMTをいきなり取った方が安上がりなのですが、既に過ぎたことなのでこればかりは仕方ありません。

お金も支払って、いざ講習へ。と行きたかったところなのですが、どういうわけか4月はやけに講習を受けにくる人が多く、2週間先まで予約がいっぱいという状況になっていました。学生の春休み期間ならともかく、1週間後くらいにはもう春休みは終わっているはずなのに。(もしかしてぼくのように、大阪の仕事をやめて地方に移りたいために、クルマが欲しい人が増えたのかな。)

たった数日で免許獲得まで進みたかったところなのですが、土日くらいしか講習を受ける暇がないので、早くても月末までかかることになりそうです。数日前に会社に退職願は出したものの、1ヶ月ルールがある以上すぐに辞めるわけにはいかないので、やはり平日は講習に行けそうにありません。

よってもしこれからみなさんも農業を目指したいなら、迷わずMTを選びましょう。そして、どうしようかためらっていたら、やりたいことがどんどん先延ばしになってしまうので、決断は早めにしましょう。ぼくはグズグズしていたせいで、やりたくない仕事の会社にその分居続けることになってしまいましたし、その分MT免許の講習が遅れました。

待っている間は?

さて、ぼくが実際に講習を受けられるのはまだしばらく先なので、その間どのような行動をするか考えなければいけません。やはり優先すべきか、どの分野に就きたいか考えるということになるのでしょうか。あるいは、どの地域に移り住みたいか。むしろ地域を優先的に選んで、その周辺で仕事を探すというやり方もありかもしれません。

移住候補地の一つとして岡山県があるのですが、4月から大阪に、岡山の農業担当の相談員が来ているはず。講習を待っている間、その人に仕事の相談を持ちかけにいくのも良いのですが、具体的な目標が決まらない以上、漠然と相談しに行ってもぐだぐたになる恐れがあります。よって、やっぱ目標設定が優先になります。