ワイヤード・パンチ

週に三回、同じアニメを楽しむ?

image

直前の記事にて、引越し先の空き家でのテレビのトラブルについて書きました。これを対処したことで、すでに設置済みのスカパープレミアムに加え、地デジも復活し、BSも新たに追加したので、テレビ1つで地デジ・BS・スカパー、3つの放送形体が観れるようになったということです。そうなることで何ができるかというと、週に3回も同じ話が楽しめるアニメが存在するのです。

広告

3つの放送形体で同じ番組が存在する。

image

現在使っているSonyの4Kテレビはスカパーチューナー内蔵であり、外部機器も必要ありません。リモコン1つで簡単に地デジ、BS、スカパーを切り替えられるため、テレビ1つで何でも観れる感じがますます強くなります。

そこで、放送形体が3つあることの何が良いかと言うと、アニメによっては3つすべての形体で最新話が放送されるものも存在します。

直前の記事同様にまた女子力高い話になってしまいますが、たとえばよく観ているアイカツスターズとプリパラの例でいうと、地デジだとテレビせとうち(岡山の場合)、BSだとBSジャパン、スカパーだとAT-Xという、計3つのチャンネルで放送されます。それぞれ放送日時は違えど、同じ週には最新話が放送されるはずです。つまり、週に3回も好きなアニメと付き合えるのです。ファンならおそらく何度見返しても飽きないはずです。

ただ、週に3回とは言っても、BSジャパンとAT-Xの方はあまり都合の良い時間に放送されていなかったりします。なお、AT-Xでは3回放送がありますが、最速のものだけで考えます。

アイカツスターズの場合。

地デジは木曜の午後6時25分から6時55分まで、BSは翌週月曜の午後5時から5時30分まで、AT-Xは翌週木曜の午後9時半から10時まで、という順で同じ話が放送されます。

ぼくが仕事から家に帰る時間はだいたい5時前後なので、BSの方にはギリギリ間に合うとしても、問題はAT-Xの方です。

地デジ同様にAT-Xでの放送日は木曜ではあるものの、地デジ放送から1週間と3時間半経ってからが、AT-Xにおける最新話の放送となっています。

つまり、地デジ放送から3時間半経ったあとにAT-Xを観ても、そこにあるのは1話前の話となってしまいます。よって、残念ながら週に3回同じ話を観るという定義に当てはまりません。

それにしても、夜空お姉さまと真昼ちゃんの姉妹愛がべっぴんすぎてグッときます。

プリパラの場合。

一方こちらは、地デジ、AT-X、BSの順で最新話が放送されます。

地デジは火曜の午後5時55分から6時25分、AT-Xは土曜の午後10時半から11時までとなっていますが、BSだけ翌週火曜の5時29分から5時58分までという、やけに半端な時間です。

この場合の問題点は、まずAT-Xでの放送が、大人を対象としたアニメではないはずなのになぜか夜遅くだということ。

AT-Xを契約するほどのアニメファンならばだいたい夜行性だと思われますが、ぼくの場合は勤め先が毎日朝早くの出勤になるので、常日頃から夜更かしするわけにはいきません。

また、土曜夜ということは、次の日にはいわゆるニチアサも控えているので、なおさら一度観たもののために夜更かしはしづらいというものです。

次に、BSと地デジの放送は同じ火曜ですが、BSで1つ前の話が放送されたあと、地デジの方ですぐに最新話が放送されるという形になります。しかし、BSの方の放送終了時間は5時58分、地デジの方の放送開始時間は5時55分なので、地デジとBSで3分間放送が被っています。

ただ、放送の残り3分というと、エンディングもしくは次回予告に入っている段階、あるいはすでにそのあとのCMに入っていると思われるので、さほど大きい問題ではないでしょう。

3回の放送が1週間以上にまたがってはいないため、プリパラの方が週に3回同じ話を観るという目的を達成しやすいかもしれません。

そういえばガァルルは、ついに背景キャラを脱却しましたね。長かった。がるまげの三人の絆に祝福を。

そもそも録画で良いんじゃないの?

いずれかの放送形体で一度録画してしまえば、消さない限りあとは何度でも見放題です。わざわざ次の放送を待つ必要もないように思われます。

それでも3回もの放送を心待ちにする理由は、録画していても実際にあとから観直すことはあまりなかったためです。(リアルタイムで観れなかった場合を除く。)でも、決まった時間にまた放送してくれれば、再度観直すための予定が立てやすくなります。

一回観ただけでは来週になったときにところどころ内容を忘れることが多々ありましたが、また観れば記憶に残りやすいですし、一度観ただけでは気づかなかった点も出てくるかもしれません。二回ではなく三回なのでなおさらです。

なお、感覚的な問題なのでどう書けば良いか迷うところですが、録画だとそのアニメを今観ているのは、自分一人だけということになります。でもリアルタイムの放送であれば、放送のたびに他のファンたちとつながれるような気になれそうですし、さらに複数の放送局で放送されていれば、それだけそのアニメを大事にしてくれている放送局が多いという思いにもなれる気もします。

と、いろいろ考えてみましたが本当のところは、リモコンの3つのボタン全部を使えるようにしたかっただけかもしれません。あと、3回も観るのは実際は多すぎかも。2回ならともかく。

あとから観直すという点を抜きにしても、3つも放送形体を用意しておけば、大雨や台風などで電波が悪くなったときの対策になります。仮に地デジで放送される日に台風が来て全く映らなくなり、放送を見逃してしまったとしても、後日BSやスカパーで放送される日に天気に問題がなければ、遅れを取り戻せるかもしれません。

ブルーレイ買わないならAT-Xがおすすめ?

上記にてAT-Xの名前を出したので、それについて思うこと。

ぼくは普段、ブルーレイやDVDを買うことはありません。ものによっては特典やおまけ映像が付いていることもあるのですが、基本的にブルーレイは価格が高いうえに、再生する機器も持っていません。

さらに今の時代はネット配信もあるため、また観たくなっても無理にブルーレイを買う必要もありません。しかし、どうしてもネット配信は画質が劣るという弱点はあります。(とはいえ、そもそもぼくの家はまだネットがつながっていないのですが。)

しかし、ブルーレイを買わずに浮いたお金を使って、代わりにAT-Xに加入するのは充分にアリではないでしょうか。月額1,944円なのでスカパーのチャンネルとして見るとかなり高いのですが、毎月ブルーレイを1枚ずつ買うよりはおそらく安く済むはずです。

チャンネルの特徴としてもっともわかりやすいのは、番組中にCMは一切なく、画面隅によくあるチャンネルの透かしロゴも、始まってしばらくすると消えてくれることです。世間がどうなろうがお知らせや速報が出てくることもありません。ほぼ完璧な状態で録画を残したい人にとって、うれしい配慮です。

番組と番組の間にはさすがにCMがありますが、それでも他の番組の番宣が中心です。スカパーの他のチャンネルによくある、健康食品や保険などのスポンサーCMが流れることはほとんどなく、気分が害されることもありません。(いきなりどでっ腹が映るCMほんまキツい。)

ただ、放送という形式上、好みの番組が必ず放送されるとも限りませんし、ブルーレイと違って常に透かしロゴが消えているというわけではない、という欠点はあります。

でも、観たい番組が運良く存在し、他チャンネルより透かしロゴの消えている時間が長いことが利点と思えるなら、契約する価値はあると言えます。

そもそも地デジで好きなアニメが放送されない地域に住んでいる、という場合も選択肢になり得るでしょう。