ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

電源ユニット付属のケーブルを紛失してしまった場合の対処法。

PCにGTX750Tiのグラフィックボードを取り付けていますが、最近のゲームに対してはそろそろ力不足に感じてきたので、近々GTX950のものに買い換える予定です。しかし750のときは補助電源なしでも動作したのですが、950からは補助電源が必要となってきます。補助電源といっても新たに電源ユニットを追加するわけではなく、既存の電源ユニットと新しいグラボをケーブルでつなぐことになるのですが、そんなケーブル捨ててしまいました。

広告

そもそもグラボの補助電源を得るには。

補助電源を必要とするグラボと既存の電源ユニットを、電源ユニット付属のPCI-Express(PCI-E)と呼ばれる種類のケーブルでつなぐ必要があります。さらに6ピンや8ピンに分かれます。ぼくのPCに組み込まれている電源ユニットはオウルテックの「SS-650KM3」というものであり、電源ユニットから直接ケーブルが生えているわけでなく、必要な分だけ取り外しできる構造となっています。いろんな形式のパーツに対応させるためか、多数の種類のケーブルが付属していました。

ただし、ケーブルが多数付属しているといってもすべて使うなんてことはありません。初めに自作PCを完成させたときに、そのケーブルのほとんどが余ってしまいました。もしかしたら何かのときに使えるなんてこともあるかもしれませんが、そんなことはよほどのことがないとありません。よって置いといても邪魔になるだけと思い、余ったケーブルは残さず捨ててしまいました。

これが今になって影響を及ぼしてしまいました。その捨てられたケーブルの中にPCI-E、つまりグラボの補助電源として使うためのケーブルがあったのです。これが無くなったことにより、たとえ新しいグラボを買ってきたとしても、補助電源を与えることができず動作させられません。

グラボを買ってもケーブルなんて付属しない。

電源ユニットに付属していたケーブルは捨ててしまいましたが、グラボの方にもしかしたら付属しているのでは。そう思ってグラボの製品情報をくまなく調べました。ところが、補助電源は必要とは当然書いているものの、ケーブル付属なんて一言も書いていませんでした。

本当に入っていないのか。あるいは書いてないだけか。どのみち買いたいグラボだからすぐ注文してしまっても良かったのですが、これでケーブルがないとなると、またそれを注文する手間が増えます。よってここは仕方ありませんが、すでに購入済みの人が居るかどうか、某掲示板で尋ねてみることにしました。

もしケーブルが付属していないと言われたら、ケーブルもグラボと同時に注文しよう。そう考えました。ところが、予想していたのとは全然違う答えが返ってきました。「グラボにケーブルなんか付属していません。」決めつけるような書き方に少し腹が立ちますが、これはまだわかります。しかしその続きは「ケーブルに代替品なんて存在しません。」どういうこっちゃ。

ケーブルに代替品なんて存在しない。

なんで電源ユニットのケーブルに替えが無いなんて決めつけるのでしょうか。ケーブルごとき替えなんていくらでもあるんじゃないの。またもやそう思って、ネットで代替品があるか探してみたのです。たとえばLANケーブルやUSBケーブル、はたまたHDMIケーブルなど、機器に付属していたケーブルを無くしてしまっても、これらの替えは後からいくらでも買うことができます。だから電源ユニット用のケーブルも替えくらいあるだろうと、タカをくくっていたのです。

ところが、いくら探せど電源ユニット用のケーブルが全く見つかりません。延長ケーブルや変換ケーブルは見つかりますが、そんなもんは元のケーブルがないと意味がありません。PCI-Eなどいかにも共通規格な名前が付けられているにも関わらず。実際、同じ名前のケーブルは差込口がすべて同じ形状をしているはずです。それなのに付属品以外の替えが無いなんて。

質問掲示板への回答はまだ続いていました。「付属品以外のケーブルを使うと壊れかねない。」もう言われると、替えの品がないことに納得せざるを得ません。つまり、電源ユニットに付属しているケーブルは、他に使えず替えも無い、それ専用のものということでしょう。差込口は同じであっても、導線部分に何らかの違いがあるのでしょうか。

ケーブルをなくしたことへの対処法として提示されたのは「新たに電源ユニットを買い直す。」もしくは「補助電源が必要なグラボをあきらめる。」この二択だそうな。いや、いくらなんでもそれはあんまりです。たかだかケーブルを手に入れるためだけに高価な電源ユニットを買い直すのは、あまりにもお金がもったいないです。それに、現存する補助電源不要のグラボではこれ以上のスペック増加が望めません。泣き寝入りするしかないのでしょうか。

メーカに問い合わせよう。

最後の手段として、電源ユニットのメーカに電話で問い合わせてみることにしました。グラボの補助電源のためにPCI-Eのケーブルが必要なこと、そのケーブルを無くしてしまったため予備を送ってほしいこと、その旨を担当者に正直に伝えたところ、ケーブルの在庫があるとのことで、予備を送ってもらえることになりました。助かった。

ただし金曜夕方だったので、商品到着は来週になってしまうということと、着払いで費用は負担できないということ。ぼくの勝手な都合なのでそれは仕方ありません。ともかくこれで、電源を買い直すような多大な出費を避けられました。着払い手数料だけで予備のケーブルを手に入れられました。現物はまだ届いていませんが、これが来たらグラボもようやく買えます。

オークションで探すという手もありましたが、さすがにケーブルだけは置いていませんでした。

付属のケーブルは保管するべき?

このように、今回は電源ユニットに付属のケーブルを捨ててしまったことで、グラボを買い換えられず、予備のケーブルにお金を費やしたという事態になってしまいました。だから、ケーブルはちゃんと保管していた方がいい。そう思えてきます。

でも、そもそもケーブルの追加や入れ替えが必要になる場面なんて、年に何回もあるわけではありません。たとえ無くしてしまっても、手数料のたった数百円を払えば予備を送ってもらえる。そう考えたら、無理して保管しておく必要も無いと考えられます。特にぼくは、めったに使わないモノを溜め込みたくない性分なので。

ケーブルの在庫が無かったら、マジで電源ユニットを買い替えるしかありませんでしたが。