ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

黒柴の脱毛が急に激しくなったけど、その理由は?

上の写真は、わが家に居る犬です。たぶん黒柴です。オスです。元迷い犬なので、歳はわかりません。犬の飼育はこれが初めてで、飼い始めて3ヶ月ほどになりますが、今月の頭くらいになってから、抜け毛が目立ってきました。初めは足元だけだったのに、次第にあちこちに広がっていき、やがて全身に。もしや病気ではないかと疑ったのですが、近所の愛犬家の方によると、その心配はなさそうです。

広告

現在起こっている症状。

上の写真は、わが家に来たばかりのときの様子です。まだ全身に厚い毛がありました。先述のように、今月になってから足元に毛が抜けている箇所が見つかりました。しかも、その部分をよく舐めている様子もありました。その光景が見つかってから抜け毛の範囲はさらに広がっていき、身体から飛び出た毛を掴んでみると、簡単に引き抜けてしまいます。また、仕事が終わって家に帰ったときには、家中に抜け毛が散乱していて、掃除が大変です。

そういえばこいつを風呂に入れたのは最初だけで、それ以降は入れていませんでした。散歩中に草むらの中や土の上を歩きまくっているので、ノミでも拾ってきたのではないかと思って、また風呂で洗ってあげたのですが、それでも抜け毛が収まりません。むしろ、風呂中が毛だらけです。以降はどんどん抜け毛が留まるところを知らず…。

ついには、全身ほぼ全ての毛が抜けて、下に残る薄い毛だけの状態になってしまいました。かろうじて頭に厚い毛が残っているくらいです。写真では少々わかりにくいかもしれませんが、全体的に黒さが増しているでしょうか。

ただの季節的なもの。

抜け毛の原因がわからず心配しつつ毎日の日課である散歩に出かけたところ、たまたま近所の方も犬と散歩しているところに会いました。色は白いものの、おそらく同じく柴犬を飼っていらっしゃいます。

いったいこの抜け毛は何なのか、もしかして病気なのか、飼育の経験者であるこの聞いてみたところ、「ただの生え変わりや。もうすぐ春やから、春用の毛になるだけや。」といった感じの回答をいただきました。まだ寒い日はあるものの、雪が降る機会も減ってきているため、たしかに時期的なものと言われると納得です。

さらに、毛があまりにも抜けすぎて肌が見えてしまっているわけではなく、上の厚い毛だけが抜けており、下の薄い毛は全部残っています。これがもし病気だったら、下の毛まで抜けてしまうかもしれないので、やはり病気ではなさそうです。

ただ、それでも寒い日はまだ存在しますし、近所の方の柴犬はまだ毛が厚いです。むしろ、毛が多すぎるのか太っているのかはわかりませんが、丸すぎるように見えます。それに対してぼくの犬は何で生え変わってしまったのか、思いつく原因は2つ。室内で飼っていたことと、暖房を入れている時間が長いことです。

大雪が降る日が多かったうえに、充分な出来の犬小屋もないため、外では寒すぎると思って、留守の間も家の中に犬を入れていました。また、夜寝るときから朝起きるときまでずっと、暖房を付けっぱなしの状態です。気温が寒いと犬が感じる瞬間はおそらく散歩の間だけなので、季節が変わったと勘違いしてしまったのでしょうか。

たとえ大雪でも外に出しっぱなしにしているという方も居ますし、本当に病気ではないと断定することもできないので、結局どれが正解かはわかりません。病院に連れていくのが一番なのですが、ぼくの住む町内に動物病院はまったく無いのが難点。さらに、連れていくにもクルマが必要になりますが、ぼくはクルマを持っていません。安心して犬を飼える町になるのは、いつになるやら。

余談。

以前どこかの記事でも書きましたが、飼い始めることになった経緯を改めて説明。この犬はもともと、畑仕事のアルバイトをしている最中に、職場の近所の方がこの犬を連れて突然やってきました。どうやら近くで一匹だけで迷っていたのを発見し、飼い主を探しているとのこと。

近所の人は犬を飼えない環境なので職場の方でしばらく預かることになりました。ただ、その職場でも最近犬が死んだばかりなので、すぐさま新しい犬は飼いたくないとのこと。そこでぼくに対して飼ってみないかと言われ、ぼくもちょうど独り身で、家に帰っても誰も居ない環境なので、犬を引き取ることになりました。

3ヶ月経っても元の飼い主が一向に現れないのは残念ですが、代わりにぼくが責任を持って面倒を見ていこうと思います。