ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

CORESERVERでSTFP接続を行うための方法。

当ブログを設置しているサーバをCORESERVERに移転したのは、以前の記事でも書いたとおり。

データの転送にはWinSCPを使っていますが、FTPSで接続するとなぜかフリーズしてしまう不具合があります。

かといってFTPではセキュリティが甘くなるので、代わりにSFTPで接続することはできないでしょうか?

広告

SFTPで接続したい理由。

まず、冒頭で挙げたとおり、WinSCPにはFTPSで接続するとフリーズしやすいというバグがあります。

WinSCPを使ってFTPS接続する方法 | おきしゅみ

最初に触れておきますがこのWinSCPというソフト、FTPSだけでなくSFTPやSCPにも対応しているのでなかなか高性能なんですが、FTPS接続での日本語表示に不具合があるかもしれません。
私の環境で最新版の5.13(2018年3月現在)からバージョンを落としていき検証してみましたが、日本語表示で不具合が出なくなったのは5.7.7で、そこまでのバージョンでは接続時または接続中にフリーズかクラッシュしてしまいました。

上記の記事によると、日本語表示にしているとFTPS接続の際にフリーズしやすいようで、英語に切り替えることでフリーズはしなくなりました。

また、現在は5.13.1が最新版となっていますが、それでもバグは残っています。

操作さえ覚えていれば英語でも使えないことはないのですが、やはり我々日本人は、日本語の状態で使いたいもの。

かといって使い慣れたWinSCPを変える気にはなれず、暗号化されないFTP接続は危険…。

そこで代わりの手段となるのが、SFTP接続。FTPSではなく。

SFTPとFTPSの詳しい違いはさておいて、SFTPならFTPSと同様に暗号されるはずです。

WinSCP側の設定としては、「転送プロトコル」をSFTPに変えるだけで簡単なのですが、そのまま接続しようとしても、自動的に切断されてしまいます

これには理由があり、CORESERVERのコントロールパネルで、SFTP接続を許可しなければなりません

新コンパネでSFTPを許可する方法。

CORESERVERのコントロールパネルでSFTPを許可するため、いざ手順を検索してみても、旧コントロールパネルの情報ばかり。

現在でも旧コンパネを使えないことはないのですが、のちのち新コンパネへ完全移行されるので、できれば新コンパネでの操作を押さえておきたいところ。

その手順は非常に簡単。

まずコントロールパネルにログイン後、左のメニューから「サイト設定」をクリック。

ページが切り替わったら、次は左下の「ツール/セキュリティー」をクリック。

あとは、「SSH接続IP許可」の青いボタンをクリックし、現れたウインドウ内にある、同じく「SSH接続IP許可」の緑色のボタンをクリックすればOKです。

設定後、特に画面に変化はありませんが、これで設定完了しています。

ただ、完了後の画面にあるとおり、接続可能になるまでには5分程度かかるそうなので、あせらず待ちましょう。

また、注意点をクリックしたところにあるように、30日経過後には許可が解除されるようなので、そのときはまた同様の手順が必要になるでしょう。

とはいえ、上記のとおり手順は非常に簡単なので、困ることはないでしょう。

これで無事に、現在使っているネット環境に限り、WinSCPからSFTP接続が可能になり、なおかつバグ持ちだったFTPS接続と違って、フリーズすることはないでしょう。