ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

e5489で特急券を予約するときは二回予約が必要。

image

JRのe5489というサイトで、ネットから乗車券と特急券の予約ができます。先日の記事にも書いたとおり、大阪天王寺から和歌山串本に特急くろしおで行くことがありました。そこまでの区間の予約を行い、実際にみどりの窓口へ券を受け取りにいったのですが、「帰りの特急券がありませんが、よろしいですか?」なんて聞かれてしまいました。えっ、何で無いの?

広告

往復分を買えるのは乗車券のみ。

上記の画像は、乗車券指定の画面まで進んだところです。始点が天王寺、終点が串本です。

何度も予約するのはめんどくさいと思って、ここでは往復乗車券を選んだのです。ところが、あくまでもここで選択できるのは乗車券のみであって、特急券は必ず片道分しか発行してもらえません。つまり、この予約を終えてからみどりの窓口に券を受け取りにいっても、行きと帰りの分の乗車券と、天王寺から串本、つまり一度の予約では行きの分の特急券しか発行してもらえません。特急券も同時に往復分出るものだと思い込んでいました。

行きと帰りそれぞれの予約が必要。

どうすれば良いのかというと、始点と終点を逆にしてもう一度予約、つまり帰りの分の予約が必要になります。もう一度乗車券の種類を選択する画面に入ったとき、乗車券なしを選択すればいいのです。これで、窓口にいった際に、乗車券はなしで、帰りの分の特急券のみ発行してもらえます。帰りの乗車券はすでに、行きの予約で往復分もらっているので、問題ありません。

なんで一回の予約で特急券も往復分出してくれないんでしょうかねぇ。帰りの分は、串本から帰る直前になって予約して、現地で発行してもらうことになりました。とはいっても、予約するとその時間の特急にちゃんと乗らないといけません。何時に帰りたいかそのときになってみないとわからないし、やっぱこれでいいのかもしれない。

というか大阪なんかに帰りたくない。