ワイヤード・パンチ

Firefox 64bit 安定版がついに配信されたけど、ダウンロード場所がわかりにくい。

image

先日、Firefoxのバージョンが42にアップデートされ、それと同時に64bit安定版(Stable)がようやく配信されました。Developer Edition(テスト版)ならば64bitがすでに存在していたのですが、安定版の配信は延期続きでした。なお、今回の話はOSがWindowsのものです。

広告

公式サイトを探しても見つからない。

いつもどおりにFirefox内のメニューからアップデートを実行してみても、32bit版のままです。公式サイトからインストーラをダウンロードし、上書きでインストールしてみても、32bit版のままです。いったい64bit版はどこに?(なお、現在使用中のFirefoxが32bitか64bitか判別するには、タスクマネージャーでわかります。)

いつもと違うところからダウンロードしないといけないのですが、公式サイトからはリンクが見当たりません。しかし探しまわっていたら、以下のサイトが参考になりました。

Firefox 42 64-bit version for Windows released

上記サイト内に記述されているリンクからでも64bit版をダウンロードできるのですが、英語版にリンクされています。われわれは日本人であるため、日本語版が欲しいところです。よって、そのリンクは以下です。以下から日本語版の64bitのインストーラをダウンロードできます。

Directory Listing: /pub/firefox/releases/42.0/win64/ja/

公式サイトは、もっと堂々と64bitを宣伝するべきだと思った。そうしたらこのような記事を立てることも無かったのに。

32bit版と64bit版は別々に存在する。

image

64bit版インストーラをダウンロードし、いざインストールを行うことになりますが、デフォルト設定のままならば、32bit版はProgram Files (X86)、64bit版はProgram Filesにインストールされることになります。つまり、別々のアプリとして存在することになります。上書きではありません。二つ残していても問題はないと思いますが、二つも同じようなものはいらないと思うならば、コントロールパネルから32bit版を削除してしまいましょう。32bit版にはX86、64bit版にはX64という名前がついています。間違えないように。

果たして動作が快適になるのかどうか。

先んじてChromeの64bit版が配信されており、32bitより動作が快適になると話題になりました。現在のOSは64bitが主流なので、アプリも64bitが望ましいです。しかし、FirefoxはChromeと同じくらい有名なブラウザなのに、なかなか64bit版が登場せずにやきもきさせてくれましたが、そんな中でようやく登場です。とは言いつつ、ぼくが普段使っているブラウザはChromeで、Firefoxがどう変わったかは検証するのは、他の人に任せます。

ちなみに本サイトは、ChromeとFirefoxだけで動作検証しています。今後もそうする予定。対応OSの多さも、CSSの再現度も、使い勝手も優れていますからね。

追記。(2017/12/26)

現在は公式のトップページからすぐに64bitがダウンロードできるようになっているので、この記事で書いたことは意味がなくなりましたね…。