ワイヤード・パンチ

Google AdsenseのPINコードが届くまで。

サイトを開設して、はや半年。Adsenseの広告による収益がようやく一定額に達したため、住所確認を求められるようになりました。身元のわからない人間に、お金を渡すわけにもいかないからでしょう。しかし、住所はいますぐ入力できるわけではありません。まず6桁のPINコードの入力しないといけないのですが、そのPINコードが書かれた封筒が、現住所まで届くのを待たないといけませんでした。

広告

どのくらいで届く?

ある日、いつものように収益を確認するため、adsenseの管理画面を開きました。すると、画面上部に赤色に白文字のバーが現れており、一定額に達したため、住所確認をしてほしいとのこと。今まで築き上げてきた記事は無駄ではなかったことが、証明された瞬間でした。まだほんの端金ですが。それはさておき、このメッセージが出る前から住所は入力済みなのですが、PINコードによる確認が必要です。入力された住所がウソいつわりのないものかどうか、確認するためでしょう。

メッセージが出たからといって、すぐに特別な手続きをしないといけないわけではありません。PINコードが書かれた封筒は勝手に発送されるようです。PINコードの入力画面に進んでみると、封筒を郵送した日付と、その封筒の中身のサンプルが表示されていました。しかし、封筒が届くまではどうしようもないので待つしかないのですが、到着までには2~4週間要するとも書かれていました。海外からの発送になるためなのか、あるいは多忙だからなのかわかりませんが、すぐには届きませんでした。

そして、PINコードのことをすっかり忘れていた、2週間と3日経った今日、ようやくgoogleから直々の封筒が届きました。それを開けてみると、管理画面で見たサンプルと同様の内容で、PINコードが書かれていました。それと同じ値を、管理画面で打ち込むことで住所確認が完了となり、赤色のメッセージは画面から消えました。なお、上記の所要日数は大阪の場合であり、他の地域の場合は前後するかもしれません。最大4週間とも書かれているくらいですので。

次に行う行動は?

住所確認の完了後、管理画面右上の歯車マークから「お支払い」を選ぶことで、お支払い方法の入力が可能になっています。つまり、どこの銀行口座に振り込んでほしいかということです。口座情報の入力は済ませましたが、2~3日後に少額の入金があるから、その金額を入力してほしいとのこと。口座が本物かどうか、確認するためでしょう。でも、まだ日数が経っていないため、これからどうなるかは様子見です。

なお、口座の確認が済んでも、今すぐお金を振り込んでくれるわけではありません。本当にお金が振り込まれるには、さらに収益額が一定の値を超えないといけないようです。住所確認が始まるまでの値では、振り込みしてくれません。

また、見積額がそのまま確定額になるということはなく、先月の収益額からなぜか8%ほど、無効なトラフィックという理由で差し引きされていました。詳しい原因は不明ですが、考えられる原因の一つとしては、広告はクリックだけでなく表示するだけでもほんのわずかな収益になりますが、ぼく自身がサイトの動作テストのために、何度もページのリロードを繰り返していたせいでしょうか。とにかく、見積額そのままの収益は入らないと思った方が良さそうです。

というわけで、振り込み確定まで進むには、もっとアクセスが集まる記事を書かなければいけません。今のペースだと、確定までに最低でも5ヶ月はかかってしまいます。でも、先月は一時的にアクセスが700オーバーの日があったのに、いまは300いくかどうかまで落ち込んでしまったので、5ヶ月でも厳しいかもしれない状況です。お金稼ぎっていうのは難しいですね。