ワイヤード・パンチ

HD Video Converter Factory Proで、動画の切り抜きや形式の変換を試してみる。

PCのゲームを録画しながらプレイすることが多く、良かった場面だけを録画から切り抜いて、TwitterやYoutubeなどに投稿することが多々あります。

ただ、録画をそのままアップロードした際、Twitterでは昔は切り抜きできたはずなのですが今はできなくなっており、Youtubeではできますがそもそもアップロード時間が長くなりすぎます。

よって、ローカル側であらかじめ録画から必要な部分を切り抜いたあとに、投稿するようにしています。

いつもは別のソフトを使うのですが、今回は「HD Video Converter Factory Pro」というソフトで試してみます。

WonderFox HD Video Converter Factory Pro―超高速HDビデオ専用変換ソフト

切り抜きから変換までの手順。

起動すると、上のメインメニューが開かれます。

今回は「変換」を選びます。

編集したい動画ファイルを、画面上の+のボタンの上にドラッグ&ドロップするか、左上のファイル添付をクリックします。

開きたい動画ファイルを選びます。

動画が開かれました。

今回は動画から必要な場面だけ切り抜きたいので、ハサミのアイコンをクリックします。

動画の中から必要な部分を、左右の青い矢印を動かして指定します。

矢印を直接動かしてもいいのですが、開始と終了の入力欄に時間を入力して範囲指定もできます。

しかし、時間を入力する場合、最低の単位が秒となっており、ミリ秒やフレーム単位での入力はできません。

また、キーボードの矢印キーを押してフレーム単位で再生位置を動かすなんてこともできません。

仕方ないので秒で範囲指定するか、うまいこと矢印を動かしましょう。

範囲が決まりましたら、緑色の切り取りボタンをクリックします。

すると、画面下に切り取った部分がストックされます。

元動画は残るので、引き続き他の部分も切り抜いてつないでもいいでしょう。

今回はこのまま、青い確定ボタンを押します。

前の画面に戻ってきます。

このまま変換といきたいところですが、動画フォーマットがまだ設定されていないので、右上のMP4という大きなアイコンをクリックします。

様々な動画フォーマットが選択できます。

一般的に使われているH264エンコードのMP4もできますが、デバイスごとに適したフォーマットも選べたり、ウェブと書かれたボタンを押せばWebMにもできたり。

今回はいつものH264でいいので、MP4のまま変更しません。

エンコード形式を変更するには、MP4ボタンのすぐ下にある、パラメータ設定をクリックします。

エンコードやビットレートなどを設定できる画面です。

「知能適合」というよくわからない翻訳になってしまっていますが、おまかせということでしょうか?

また、フレームレートを知能適合のままにすると、元動画が60FPSであっても30FPSになってしまうので、手動で設定しておきましょう。

設定が終わりましたら、前の画面に戻って左下の出力パスを変更後、右下の変換ボタンをクリックします。

しばらくすると変換が完了します。

確定ボタンを押すと、出力先のフォルダがエクスプローラが自動で開かれます。

自動で開いてしまうのは、残念ながら無効化できません。

ビットレートの設定を変えるとどうなる?

今回の比較対象となる動画は、上のツイートの元動画。

上の動画はTwitter側で変換されてしまっているためガビガビですが、元動画はサイズが42.0MBで、総ビットレートは23495kbpsです。

そしてパラメータ設定の際に気になったのが、VBRと非破壊という項目。

VBRにするとビットレートの数値入力は不能になるので、もしや自動的に適したビットレートになってくれるのでしょうか?

と思ってVBRのチェックを入れて変換してみたところ、サイズは6.43MB、総ビットレートは3590kbpsとなり、ガビガビすぎて見れたものではありませんでした。

非破壊とVBR両方有効の状態にして変換しても、結果は同じでした。

また、VBRなしでビットレートは知能適合のままの場合、非破壊の有り無しどちらでも、元動画とほぼ変わりませんでした。

非破壊とは、どういう効果があるのでしょう…?

Youtubeからダウンロードを試してみる。

最初のメインメニューに戻ると、変換以外にも動画からGIFに変換する機能や、Youtubeから動画をダウンロードできる機能があります。

特にYoutubeからのダウンロードに関しては、Webで様々なサイトからできないこともないのですが、怪しい広告が貼ってあったりなど、あまり踏みたくないサイトばかりです。

でもこれならそんなことは起こらないので、心配なく使えます。

メインメニューからダウンロードボタンを押して、ダウンロード画面を開きます。

左上の新しいダウンロードボタンをクリックします。

ダウンロードしたい動画のURLを入力して、分析ボタンをクリックします。

分析が完了すると、WebMでダウンロードするかMP4でダウンロードするか、解像度も落としたり、あるいは音声だけダウンロードするように選べるようになります。

今回は元の解像度のままMP4を選びます。

ダウンロードが予約されましたので、ダウンロードを開始を行います。

すると、今回の3分ちょっとで解像度が1280×720の動画の場合、なんと5秒もかからずにダウンロードできました。

動画からGIFに変換してみる。

動画からGIFに変換するのも、最近はWebからできないこともないですが、やはりローカルからの方が安定するでしょう。

メインメニューからGIF製作を選ぶと、「動画はGIFに変換」「画像はGIFに変換」がありますが、今回は前者でいきます。

画面が切り替わったら、動画を直接画面にドラッグ&ドロップで開けます。

あとは、解像度やらフレームレートやらを選んで、変換を実行します。

フレームレートの設定ですが、何枚の写真を一枚ごとにという言い回しになっていますが、要は何FPSにするかです。

元動画の4Kかつ60FPSのままだと、あまりにも重くなることが予想されるので、フルHDの10FPSに落として変換させてみました。

おそらく5分くらい経過後に変換が完了し、動画全体で256色しか使えないはずのGIFとは思えないほど、高画質で出力できました。

ただ、変換時間およびファイルサイズは、動画ファイルよりも大きくなってしまいます。

まとめ。

動画変換としては、切り抜きの範囲指定がしづらいなど、使い勝手がいまいちなところがあります。

また、フォントもガタガタしており、翻訳が正確ではないところもあります。

しかし、他の有料の動画変換ソフトと比べると安価であり、最近のエンコード形式であるH265のMP4や、VP9のWebMにも対応しています。

どうしても高価なエンコーダーに手を出せない場合は、選択肢になり得ると思います。

PC