ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

IE対応のサイトを作るのは、もう時間と体力の無駄。

image

ぼくの仕事はWEBサイト制作です。もちろん、ブラウザでちゃんと表示できるサイトを作らなければいけません。世間的に最も使われているであろうブラウザはChromeとかFirefoxだと思われますが、これらはWindowsのインストール直後には入っていません。初めから入っているブラウザといえば、Internet Explorer(以下IE)。他のブラウザの存在を知らないと、必然的にIEを使うことになります。それだけならまだいいのですが、古いIEにも対応させろと無茶を言う人がいまだにいます。

広告

IE8はすでに対応しなくて良くなった。

一口にIEと言っても、様々なバージョンがあります。最新版は11ですが、WEBサイトの担当者なら旧式のIE8に頭を悩ませたことはありませんか?

あちこちの職場で去年くらいまでは、WEBサイトをIE8に対応させろと言う指示が多かったでしょう。その理由としては、WindowsXPをいまだに使い続けているユーザが多く、WinXPだとIEは8までしか使えないからです。

しかし、WinXPのサポート期限は去年切れました。サポートがされなくなったことにより、セキュリティパッチがもう配信されることはありません。パッチが配信されないということは、たとえセキュリティ面の危険性が発覚しても、まったく対処できないということです。古いOSのセキュリティを強固にするにも限度があります。

そんな危なっかしいOSをいつまでも使い続けるわけにはいきません。XPの利用者は徐々に減少していき、Win7以降に乗り換えていったことでしょう。Win7以降ならIE9以上が入っているうえに、IE8はインストール不能です。それに伴い、IE8の利用者も消滅していきました。つまり、IE8対応のことはもう忘れていいのです。

実際に私の職場でも、IE8に対応させてほしいという案件はなくなりました。

IE8じゃなかろうが、旧式のIEを使うのはもうやめてほしい。

IE8が無くなり一安心。というわけにもいきません。最新は11ですが、9と10という旧式も残っています。Windows7だと、初期状態で入っているIEのバージョンが9という場合があります。IE11にアップデートできるはずなのですが、アップデートのやり方を知らないのか、あるいは自動更新を止めてしまっているのか、IE9のまま使い続けている人が居るようです。

IE9のまま使い続けている人のことを配慮してなのか、ぼくの職場ではまれに、IE9に対応させてほしいという案件が来ることがあります。正直言って、IE9対応なんてするのはご勘弁願いたいです。

imageセキュリティうんぬんという話ももちろんありますが、そんなことよりも厄介な点として、cssの一部コードが使用できないという点があります。たとえば上の写真のように、3つの要素がありそれぞれ左寄せ、中央寄せ、右寄せとなっています。IE11ならば、下記のようなコードを使えば簡単に実現できます。

div {
	display: flex;
	justify-content: space-between;
}

しかし、IE11でない場合はどうでしょう。上記のコードが使用できません。旧来のコードでも等間隔そのものは可能であっても、左右端にぴったりくっつけた等間隔は、自力でピクセル数を測ってmarginなら何やら調整する、めんどくさいコードを書かないといけません。たとえうまく調整できたとしても、枠内の幅が変わってしまうと、それに合わせてまた自力で調整し直しです。つまり、古いブラウザに合わせたコードは、影響範囲が大きいのです。コードも複雑になって、バグも孕みやすくなります。

こんなIE9対応をやっていては、時間がかかって仕方ありません。依頼者から追加料金をもらえるとしても、やりたくありません。依頼者側も、無駄なお金は払いたくないでしょう?わざわざIE9対応なんてお願いするくらいなら、IEのアップデート方法を周知していった方が、よっぽど手っ取り早いです。

古いInternet Explorerは2016年1月にサポート終了! その対策は?

さらに上記サイトなどによると、来年の1月、つまり2016年1月には、そのOSが利用できる最新のIE以外のサポート期限が切れてしまうという情報があります。Windows7の場合だと、2016年1月にはIE9とIE10のサポートが切れてしまうということです。サポート切れのリスクとしては、前述の通りです。こんなもうすぐ非推奨になるブラウザのために、わざわざ対応しないといけないというのは、バカバカしい話だと思いませんか?

そういえば、WinXPとWin7の間にVistaなんてもんがありました。あれだとIEは9より上にアップデートできません。さらに、1月になってもVista向けのIE9はサポート切れしませんが、Vista自体の使用者なんて居ないも同然なので、やっぱりIE9はもう無視してOKです。

たとえ最新版のIEであろうが、IEそのものがもう古い。

現在、Windowsの最新バージョンは10です。最初からインストールされているIEのバージョンも当然、11です。しかし、Win10には新たにEdgeという別のブラウザがインストールされています。IEではcss面などで限度が来ており、実際にEdgeはその面で、IEに勝っていると言えます。(使い勝手に関しては劣りますが…。)

さらにEdgeが登場したことにより、どのOS向けでもIEはもうバージョンアップされることがなくなりました。細かな修正は入るかもしれませんが、バージョン番号は11で打ち止めとなります。つまり、IEの存在そのものが旧式ということになります。いずれIE11にもサポート切れという運命が待ち構えているのが目に見えます。

ただし、EdgeはWin10でなければ使用することができません。Win7やWin8の場合だとIE11を使うことになってしまいますが、先程も挙げたとおり、IEの存在そのものが旧式です。よって、これからもまだまだアップデートするであろう他社ブラウザ、ChromeやFirefoxなどを使用することが望まれます。IEと比較して、使い勝手でもcss面でもはるかに勝っているので、無理してIEを使うことはないのです。もちろんWin10でも、Edgeがまだ完璧でない以上、Chromeなどは充分におすすめです。まさか、他のブラウザのインストール方法すらわからんとか言うんじゃあるまいな。

まとめると、IE対応の必要性はもうありません。

ブラウザとサイトの関係を別のものに置き換えてみる。

これと似たような話として、PS3が世に出始めたころ、PS3向けに作られたとあるゲームがありました。しかし、PS3をまだ持っていないユーザからPS2にも出せという意見があり、それに素直に従って後日PS2向けにも発売されました。しかしPS3版と比較としてPS2版は、あきらかに劣化だらけで大反発を招いたことがありました。

つまり、古いブラウザに対応させろといつまでも言い続けるのは、PS3のゲームをPS2本体でやらせろと言ってるのと同じなんです。開発者に無理言って劣化品を作らせるくらいなら、利用者が新しくなった方がよっぽど互いの精神上よろしいことなのです。