ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

JRの乗車券は途中乗車も途中下車も問題なくできる。

JRのe5489というサイトで、特急や新幹線などの予約をすることができます。ネットでクレジットカードを使って前払いで予約し、各地の主要駅にあるみどりの窓口から、乗車券を受け取るシステムです。始発駅と終着駅を指定しますが、もしその途中の駅へ急遽降りたくなった場合の乗車券の扱いは?

広告

途中駅も問題なく立ち寄れる。

先に結論を挙げてしまいますと、乗車券の範囲内であれば途中乗車も途中下車も可能です。途中駅に降りた場合は、乗車券が自動改札に吸い込まれたままになったり、駅員さんにそのまま持って行かけるということはありませんでした。以下、実例です。

和歌山から大阪へ帰るときの乗車券。

先日の土日の間、和歌山県の串本町へと行ってまいりました。そのときのレポートはまだ別の機会に書くとして、今回の乗車券の使い方について。

行きのときは途中下車することなく行きましたが、帰りのときは複数の駅で途中下車しなければいけない用事がありました。乗車券には和歌山県串本→大阪市内と書かれています。串本から普通電車で数駅進んだところに和深という駅があります。もともとは串本から大阪天王寺まで特急一本で帰るつもりで買った乗車券ですが、串本から普通電車の和深に行く際にも乗車券は利用できました。和深駅にはまったく人がいないので、降りる際に運転手さんに乗車券を見せる形になります。

和深からまた大阪へ帰ろうと思ったのですが、和深には普通電車しか通りません。よって、次の特急停車駅である周参見まで行くことになります。そこで、また同様に串本→大阪市内の乗車券で、和深→周参見への普通電車に乗ることもできました。周参見は特急停車駅であるからか、まったく無人の駅ではないのですが、改札には人がいないため、ここも和深同様に乗り降りの際に運転手さんに乗車券を見せる形になります。

周参見についたはいいものの、特急が来るまで時間がかかるので、いったん駅から降ります。待ってる間に周辺の店で腹ごしらえをし、再度周参見駅へと入ります。このときでも串本→大阪市内の乗車券で、周参見→天王寺の特急に乗ることができました。そして天王寺到着です。(大阪なんぞに帰りたくねぇ…。)なお、周参見駅にはみどりの窓口がないので、あらかじめ串本駅で特急券を発行してもらう必要があります。

一つ注意点として、予約時に串本から天王寺という区間を指定したにも関わらず、乗車券には天王寺ではなく大阪市内と書かれています。よって、大阪市内のどこかの駅に降り立った時点で乗車券は消滅してしまうので、注意です。とはいえ、特急で和歌山駅をすぎると、次の駅は天王寺なんですけどね。

余談。特急乗車前には入念に酔い対策を。

大阪から和歌山各所は、特急くろしお一本で行けるようになっています。面倒な乗り換えがないので、これは便利です。しかし、一本で行けるとはいえ、今回の串本へ向かう場合は三時間以上も乗車することになってしまいます。電車は揺れますし、座りっぱなしで自由に姿勢を変えられないので、普段から乗り物酔いする人は充分に気をつけた方が良いでしょう。

おそらく自由席よりは、多少お金のかかる指定席の方が、車内の人が少なくなると思われます。(でも5489のクレジットカードがあれば、自由席と同様の価格で予約できます。)みんなきっと窓側を選ぶだろう、自分の隣の席に誰も座らないだろう、二つ席またいで寝そべれると思って、ぼくは窓側の指定席を選んだのですが、これが甘かった。ぼくの席の周辺に団体さんが乗り込んでしまい、あろうことかぼくの隣の席にまで入り込んできたので、寝そべることができなくなってしまいました。酔いやすいぼくとしてはかなりの災難で、隣に座られてからは徐々に吐き気がこみ上げ、到着するまでかなりしんどい思いをしました。

あと乗車中、スマホばっかり見てるのは絶対にやめた方がいいです。おとなしく寝てるのが一番です。酔い止めの薬も忘れずに。今度からグリーン車にしようかな。高くつくけど。

大阪から出てしまえば、もう特急に何度も乗ることないのに。