ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

KAGOYAのVPSが解約できないときの対処法。

以前まではマストドンを自分で建てており、VPSが必要になるため、いろいろなVPSを試していました。

でも今は、金銭的な都合かつ、黒い画面でコードを触っていくことがもうイヤになったので、VPSは一切利用していません。

利用していたVPSの中にKAGOYAもあり、アカウントが存在している限りお知らせメールが来てしまうので、ジャマだから解約したかったのですが…。

広告

なぜかパスワードが間違っていると言われる。

会員メニューへログイン後、右上の自分のアカウント名をクリックすると、すぐに解約へのリンクが出てきます。

解約ページに入り、ログイン時と同じパスワードの入力を求められます。

それと同じはずのパスワードを入れてみたのですが、なぜか「パスワードが正しくありません」と言われて先に進めません。

思い当たるパスワードをすべて入れてみたのですが、それでもダメ。

よって、いったんパスワード変更を行ってみて、新しいパスワードで再度解約を試してみましたが、それでもダメ。

さすがに、新しいパスワードでも通らないのはおかしい…。

パスワード変更はすぐに反映されない。

先程の現象について、いったいどういうことなのかと、サポートにお問い合わせを行ってみました。

すると、翌日には返答が来ました。

それによると、どうやらパスワードの変更は即座には反映されず、10分程度待ってからでないとダメだったようです。

なぜ即座じゃないのか疑問ではありますが、もう一日すでに経っているので、もう一度新しいパスワードでログインおよび解約を試してみます。

すると今度こそ、新しいパスワードでログインも解約も成功しました。

パスワードが通れた即解約となり、パスワード変更と違ってあっさりと終わりました。

なぜ古いパスワードでは、ログインはできたのに解約ができなかったのか、結局謎のままですが。