ワイヤード・パンチ

KAGOYAのWordPress専用サーバに対して、ムームーDNSを指定する方法。

以前の記事にも書いたとおり、当ブログをKAGOYAのWordpress専用サーバに移転しました。

マルチサイトができない欠点はあるものの、一つだけサイトを運用するなら、他のあらゆるサービスより安く済みます。

しかし、サーバのIPアドレスが出ていないので、IPを指定するタイプのDNS設定に手こずってしまいました。

広告

ネームサーバーではなくIPアドレスで指定したい。

まず、独自ドメインはムームードメインを使用しています。

ムームードメインの中にはDNSの設定方法がいろいろあるのですが、今回は「ムームーDNS」を選んでいます。

ムームーDNSはサブドメインごとにIPアドレスを入力する形になっており、それぞれ接続するサーバを変えることができます。

たとえばサブドメインなし、つまりメインのドメインである「wiredpunch.com」は、今回使いたいKAGOYAの方に。

「don.wiredpunch.com」ならば、マストドンの自動作成サービスであるムトーの方へ、と言ったように。

一方でこちらの写真はKAGOYAのコントロールパネルから、独自ドメインの設定画面です。

ご覧のとおり、ネームサーバは表示されているのですが、Wordpressサイト宛のIPアドレスがありません

IPアドレスそのものは載っていますが、それはネームサーバと一緒に入力が必要な場合のIPアドレスであり、今回使いたいものとは違います。

ムームードメインのDNS設定方法をムームーDNS以外にするとネームサーバで設定する形式となりますが、それだとサブドメインごとに宛先を変えることができなくなります。

よって、ムームーDNSのまま、当ブログである「wiredpunch.com」の宛先を、KAGOYAのIPアドレスにしたいのですが…。

元のドメインからIPアドレスを割り出す。

KAGOYAのサーバに独自ドメインを割り当てる前は、(アカウント名).kagoyacloud.comとなっています。

それを利用すれば、IPアドレスを割り出すことが可能です。

今回はWindowsでの方法となりますが、コマンドプロンプトに以下のコマンドを打ち込みましょう

ping (アカウント名).kagoyacloud.com

(アカウント名)のところは、KAGOYAで登録している各自のアカウント名に置き換えてください。

すると、そのサーバと接続可能がどうか通信が行われますが、そこでサーバのIPアドレスも一緒に記載されています

そのIPアドレスをムームーDNSに割り当てて、設定を反映すれば、ムームーDNSを使った状態でもKAGOYAに独自ドメインを当てることが可能となります。

わざわざこんな回りくどいことになくても、コントロールパネルにIPアドレスを載せておいてほしいところですけどね…。

余談。FTPにつながらない?

KAGOYAのサーバにFTP接続する際、ヘルプページを見れば手順は載っています。

そこではホスト名を「(アカウント).kir.jp」にするとありますが、実際にそれを入れてもつながりませんでした。

でも、さっきも使った(アカウント名).kagoyacloud.comであれば、FTPに接続することができました

ただ、接続はできても、FTPS接続だとなぜかたびたび接続が切れます

よって、仕方なくただのFTP接続でデータをやりとりするハメに。

KAGOYAのWordpress専用サーバはまだ新しくできたばかりだそうなので、まだところどころ不備があるのでしょうか?