ワイヤード・パンチ

元・大阪人が、岡山の山奥でも生きていけることを証明するためのブログ。

nanacoが届いてもクレジットチャージはすぐ出来ない。

二週間ほど前、事前に予約していたワンピースの絵柄が入ったnanacoカードがようやく到着しました。大人気マンガであるワンピースだけあって予約は殺到しており、ぼくがその予約の存在に気づいたときにはもう、3つある絵柄のうち1つだけ、わずかに残っているという状態でした。(翌日、完売になっていました。)それはさておき、クレジットチャージ機能を使えるようになるまで、かなりの時間を要してしまいました。

広告

まず会員情報登録。

nanacoはカードに事前に入金しておき、その額から差し引いて買い物をする仕組みです。入金方法は様々ですが、ぼくが使用したかったのは、クレジットカードからの入金でした。今の時代に現金でやりとりするのも面倒ですし、セブンイレブンにある装置を触るのも面倒なので、慣れたパソコンから入金するのが一番だと思ったからです。

ただしクレジットチャージを行うには、まずnanacoカードの会員情報を登録する必要がありました。先にクレジットチャージの方に進んでも、会員情報の登録を迫られるため、クレジットカードの登録はできません。

nanacoの公式サイトから会員ページにログインしますが、カードの裏に書かれている番号2種類を入力してログインすることになります。ログインして会員メニューが開かれたら、右下に「お客様情報登録・変更」というボタンがあるので、そこから画面の指示に従って入力していきます。

しかしこれの厄介なところとして、会員情報の入力内容は即座に反映されず、なぜか1週間以上の時間を要することになってしまいます。もう一度入力画面に入っても、先に入力した内容は表示されないため、本当に入力できたかどうか、不安になってきます。もちろん1週間待たずにクレジットチャージの方に進んでも、まだ会員情報が登録されていないため止められてしまいます。

なお、入力したことをすっかり忘れ、ほぼ2週間経った昨日になって唐突に思い出したのですが、さすがに今はクレジットチャージに進むことができるようになっていました。なお、会員情報が反映されたあとでも、会員情報修正の画面に入ったところで、何と入力したかは確認できませんでした。なんでやねん。

本人認証サービスの登録が必要。

会員情報が反映されたので、次はクレジットカードの登録へ進みます。nanacoの管理画面から「nanacoクレジットチャージ」のボタンを押せば、クレジットカードの登録画面に進みます。ほとんど画面の指示に従えばいいだけですが、入力が終わりいざ登録、と思って確定したところで、「サーバーエラー:PGSE37」となってしまい、登録できませんでした。

このエラーの原因としては、クレジットカード側で本人認証サービスが登録されていないためとのこと。ぼくが使用しているクレジットカードは、ファミマTカードですが、その管理画面にログインして、本人認証サービスの登録をしなければいけません。(nanacoはセブンイレブンのものなのに、クレカはファミマのものを使うとは、これいかに。)

ちなみにファミマTカードの本人認証サービスとは、ネットからクレジットカードで支払いを行う際、管理画面へログインするときと同じパスワードの入力を求められるというものでした。(ファミマのパスワードは、なぜか大文字アルファベットが使えないのが困る。)

本人認証サービスの登録はものすごく簡単で、ファミマTカードの管理画面にログインし、左のサイドメニューから「本人認証サービスお申込み」へ進み、画面が変わったらチェックを入れて送信ボタンを押すだけです。ややこしい会員情報の入れなおしなどはありません。ただし反映されるまで最大1時間かかるそうで、このときはもう夜遅かったので、寝て明日まで待つことにしました。

そして翌日、本人認証サービスのステータスは「登録済み」へと変わっており、再度nanacoのクレジットチャージへ進み、クレジットカードの情報を入れなおしました。送信後、本人認証サービスの画面へと自動的に以降し、クレジットカードのパスワードを入れることで支払い完了、無事にnanacoとクレジットカードを紐付けることができました。

もしみなさんもnanacoを作る際は、1週間以上の余裕を持っていた方がいいでしょう。