ワイヤード・パンチ

PC版CoD:BO3のプレイ人数を確認する方法。

前作AWから引き続きなのですが、BO3でも相変わらずマルチプレイの画面に入っても、接続中のプレイ人数の表示がなくなっています。そのせいで、現在何人か接続中なのかさっぱりわかりません。ルールごとに割合なら書いているのですが、たとえば90%と書いていて多そうに見えても、実際はたった90人かもしれません。ところが、ゲーム以外のところで、プレイ人数を見る方法がありました。

広告

Steamのコミュニティから見る。

PC版のCoDシリーズはSteamを通じて起動することになります。そして、Steamで配信されているゲームにはそれぞれ、コミュニティハブと呼ばれる公式のコミュニティのようなものが存在します。そのコミュニティハブを見れば、現在接続中のプレイヤー数が一目でわかるのです。

コミュニティハブへの辿り方は色々ありますが、もっとも手っ取り早い方法として、まずSteamアプリを起動して、ゲーム一覧からBO3を選びます。画面右側にリンクと書かれた項目がありますので、そこからコミュニティハブをクリックすれば、すぐにたどり着けます。

これがコミュニティハブです。ファン同士が何やらやりとりし合ってますが、英語なので何のこっちゃかわかりません。それはさておき、真ん中よりちょっと上あたり、緑で書かれた文字に注目。6,356人がBO3を現在プレイしているということがわかりました。

ただ、この人数がマルチプレイだけに絞られるのか、キャンペーンやゾンビモードをプレイしている人数も含むのかどうかは不明です。

ちなみにこのときの日時は10月14日、金曜日の午後10時前。日本では明日が休日な夜ですが、国土の大きい海の向こうでは朝なので人数は減っているかもしれません。でも、何時だろうがやっぱりPS4版と比べたら少なすぎるのではないでしょうか。

そもそも何でゲーム内での人数表示が消えたのかは、ずっと謎のままです。多くのファンが言うには、最近プレイヤーが減ってきてるのが恥ずかしいから消した説が濃厚ですが、消したところで何の得もありません。今回のように回りくどいやり方をする手間が増えるだけです。次回作IWでは人数表示の復活を願いたいです。

人が居ないと散々言われるPC版BO3と比べても、ぼくのサイトの毎日のアクセス数なんてたった400前後です。でも臆することなく、毎月のアクセス解析の報告は欠かしていません。同じような立場の人の目安になってもらいたいからです。だからCoDも恥ずかしがってないで頑張れ。

ゲーム内から確認する方法も実はあるけど…。

CoD:BO3:「接続プレイヤー数」を表示する方法が発覚 | EAA!! – FPS News

上記のサイトなどでも書かれているように、今年3月の時点で既に発覚していました。ただ、上記のサイトで説明されているのはPS4版であり、PC版でも使えるかどうかは試していないので不明。というか回線の切断や接続をいちいちやるのがめんどくさい。それならコミュニティハブ見る方が早いというものです。

他のCoDシリーズの人数は?

せっかくなので調べてみましょう。ついでに各作品ごとに思い出もちょっと挟みつつ。

まずはみんな大好きCoD4から。ところがCoD4のコミュニティハブを開いても、人数の表示がありませんでした。古い作品には対応していないのでしょうか。

今となっては地味に見えるCoD4ですが、その分もっとも実力の出るCoDじゃないかなと思います。以降、作品を重ねるたびに、強いやつがどんどん強くなるシステムになっていってるので。とはいえ、近年のはだいぶ調整されています。

続けてWaW。こちらはコミュニティハブで人数を見ることができ、1,086人でした。BO3でもWaWのマップがリメイクされていますが、懐かしいと思って元の作品に戻る人たちが増えているのでしょうか。

WaWのみマルチプレイに戦車があり、なぜかこれを結構嫌う人が居ます。強すぎて一方的に蹂躙されるからなのか、乗り物はバトルフィールドにまかせておけということなのか。でも、なかなか倒れない重装甲と、なんでも吹っ飛ばす大砲には本当にシビれるので、個人的には大好きでした。

次にMW2。この作品からAWまで、モードごとに別ゲーム扱いになっており、コミュニティハブも分かれているため、今回はMultiplayterと書かれている方で調べます。

そして人数は1,736人。WaWよりもちょっと増えました。この作品からキルストリークや装備などの種類が急増して、やれることが増えましたが、まだバランス取りがうまく行ってなかったような印象です。グレポン地獄…。

次はBO1。今度も増加するかなと思ったのですが、逆に651人と急に減ってしまいました。WaWよりも少ないです。

そういえばBO3にも途中から契約モードが増えましたが、もともとはこの作品から始まりましたよね。次々に目標が現れて、結構好きでした。一方、PERKのプロ化が難しすぎたのが、BO1の欠点。

次はMW3。当時はPCじゃなくてXbox360の方でプレイしていましたが、特に思い出深い作品です。本格的にマルチプレイにのめり込んだのも、ここからでした。

そして人数は2,000人ぴったり。クセの少ない武器が多いうえに、死んでもキル数が継続されるサポートストリークの実装など、初心者が最も入り込みやすいCoDじゃないかなと思います。

今でもやりたいなと思うことはあるのですが、PC版はコントローラ未対応なのが残念。BO1では対応しているのに。キーボードとマウスでやるのは苦手です。でもBO2以降ではまたコントローラに完全対応になりました。

次はBO2。未来が舞台になったとはいえ、まだこの頃は地に足を付けて戦っていました。

そして人数は2,305人。いまだに根強いファンが居るもよう。ただ、ぼくにとってBO2はあまり良い思い出がありません。MW3に慣れすぎたせいか、武器のブレやすさや威力の低下にぜんぜん馴染めず、またMW3に戻ってしまうことに。でも逆に言うとあちらが簡単に倒せすぎたので、こちらが本来あるべき姿だったのかもしれません。

次はGhosts。個人的にはそこまで悪くないと思っていたのですが、世間的には最も不評だった不遇な作品でした。

そして評判どおり、プレイヤー数はたった433人。BO1にすら劣る結果に。何がダメだったか理由はいろいろあれど、思いつく限りではマップが広すぎるのかいけなかったと思います。スナイパーが強くなってしまう。

ただ、AI分隊同士を戦わせるモードが何気に好きでした。メンバー6人それぞれ違った見た目や名前を入れて妄想したり、それぞれに似合う武器を持たせて、うまいこと動いてくれるか観察するのが微笑ましかったです。でも、以降の作品に採用されていないのが残念。

最後にAW。この作品からとうとう、二段ジャンプが可能になりました。人類はついに地上から飛び立ちました。ただ、壁走りはBO3になってから。タイタンフォールを真似したとも言えますが。

BO3の1つ前の作品なので、ここでまた増えるかなと思ったのですが、なぜかCoD4と同様、人数を表示できず。表示に未対応なのか、それとも全くプレイヤーが居ないのか。数ヶ月前にプレイしてみたところ、全くマッチングしなかったので、残念ながら本当に後者かもしれません。

AWに対しても何か語りたいところなのですが、発売当時は個人的にBO2が気に入らなかったことをずるずるひきずっており、公式サイドもBO2を意識していたようなので、そのときはAWを買うことをパスしてしまいました。そしてBO3発売直前になってから吹っ切れてAWを買ったのですが、時既に遅しで、もはやまともに遊べませんでした。悲しい。

余談。(2017/6/19追記。)

年月も経ってBO3の次の作品であるIWも出ましたが、ゲーム性はほぼ変わらずで、プレイヤー数も相変わらず見えないまま。

IWの限定版には、あのCoD4のリメイクであるMWRもついてくるのですが、抱き合わせ商法が災いしてか、マルチプレイで遊ぶのは困難でした。

どうもプレイヤーの求めているものと、開発陣が求めているものがずれまくっている気がしてなりません。

と思っていたところ、IWの次の作品はWW2。はるかかなたの未来が続いていましたが、ようやく第二次世界大戦に戻るようです。

もちろんブーストジャンプ等の機能も廃止で、空から一方的に蹂躙されることも少なくなりそうです。待ちに待ったCoDが帰ってきたって感じです。

プレイヤー数表示も帰ってきてくれたら嬉しいのですが。

ただ、どうやらBO2以来となるドルフィンダイブも復活するもよう。舞台的にスライディングがふさわしくないと判断してのことだと思いますが、ぶっちゃけ使っても不利になるだけなので、これはやめてほしかった…。