ワイヤード・パンチ

PPSSPPで、PSP版アーマードコアをPS2版と同様にキーアサインしよう。

かつてPS2で発売されたアーマードコア3、サイレントライン、ラストレイヴンは、携帯機であるPSPにも移植されています。

ただの移植に留まらず追加パーツなどもあったのですが、PS2版と比べてボタン数が少ないせいで快適に遊べたとは言えず、非常にもったいないゲームでした。

しかし、PCで遊べるPSPエミュレータ「PPSSPP」を使えば、PS2版と同等の操作性を実現できるかもしれません。

広告

(今回の件はPSP版移植作3作品すべてに通じますが、写真はすべてラストレイヴンのものです。)

PSPにおけるACの操作の問題点。

PS2よりもボタン数の少ないPSPであっても、いちおうPS2版におけるB操作すべての動作は一通り可能となっています。

しかし、PSPのボタンにはL2とR2と右スティックが無く、さらに左スティックはあるけど押し込みができないので、どうしても不自然な形でコントローラを握らざるを得ません。

もう手元にPS2もPSPもないので、代わりにXboxOneコントローラでの説明になりますが、写真で示すと、これだけ多くのボタンがPSPでは使えなかったということになります。

そして、デフォルトのキー操作設定で、基本的になるであろう握り方をしてみます。

(以下、ボタン表記はPSPのもので。)

前進、後退、左右への旋回は左スティック。平行移動はLとR。ブーストは×。右武器発射は□。視点上下は△と○になります。

(Xbox系とPS系では、左スティックと十字キーの位置が逆ですが。)

しかし、この操作方法で厄介な点は、左武器発射が十字キーの下であること。

連続で振らないブレードなどだったらまだしも、基本的にボタン押しっぱなしになるであろう射撃武器を左に持たせていた場合、左手親指を左スティックから離すことになります。

つまり、左武器を使っている間、移動ができないことになってしまいます。

これでは、両手に銃を持たせて戦うような機体が、満足に活躍できません

いちおう対策として、左武器のボタンを○などにして、右親指一本で右武器とブーストを操作するという手もあります。

でもそれだと、今度は視点の上下移動が十字キーになってしまうので、飛び回るような相手とは戦いづらくなってしまいます

もっと試行錯誤すればなんとかなるかもしれませんが、何かを犠牲にせざるを得なかったり、あるいは不自然な握り方をして、手を痛める結果になってしまったり。

機敏で柔軟な操作性がウリのACなのに、ボタンが足りないだけで台無しです。

ゲーム側およびエミュレータ側のキーアサイン。

明らかにボタン数の少ないPSPでしたが、冒頭にも書いたとおり、PCでPSPのエミュレータ「PPSSPP」で遊べば解決です。

PSPにコントローラはつなげられませんが、PCだったら問題なし。

PS2のコントローラどころか、それよりも高機能なPS4のコントローラ、あるいは他社であるXboxOneコントローラでもOKです。

ただし、当然ながらゲーム側ではPSPに本来存在しないボタンを割り当てることはできません。

よってエミュレータ側で、PSPのボタン1つに対し、コントローラの複数のボタンを割り当ててやりましょう

ところが、やみくもにキーを割り当ててはいけません。

戦闘中に弾切れした武器をパージするためのコマンドですが、これは必ず「視点上下+左右並行移動+該当の武器ボタン」という組み合わせで固定となっており、変更することはできません。

ボタン数が少ないにも関わらず、PS2版よりもなぜか必要なボタンの組み合わせが増えているのが厄介です。

よって、たとえば視点上下を十字キーの上と下に割り当てるなど、同時に押すことができないキーの組み合わせにしてしまうと、武器をパージできなくなってしまいます

以上により、PSPに存在しないキーを有効活用し、なおかつ武器のパージも可能な設定にしなくてはいけません。

ゲーム側(アーマードコア)の設定

今回はPS2版でいう、B操作ではなくA操作に近いものを目指します。

そして単純にA操作と言っても、ぼくの場合はR1で左武器、R2で右武器、L1でブーストにしていました。

しかしPSPのデフォルト操作だと、L1とR1に当たるボタンは平行移動と被っています。

よって、平行移動をよそのボタンへ追いやってやることが必要になります。

またA操作は、近年のFPS作品のように、左スティックの左右が平行移動、右スティックの左右が旋回だったと思います。

しかし、ぼくもFPSの場合はそれがやりやすいのですが、アーマードコアの場合はなぜか逆の方がやりやすいです。

でも、PSP版のデフォルト操作ではスティックが旋回になっているので、それはそのまま残します。

  • Go forward: パッド上
  • Go back: パッド下
  • Go left: ○
  • Go right: ×
  • Look up: 十字キー下
  • Look down: 十字キー左
  • Look reset(設定不可): 十字キー下 + 十字キー左
  • Look left: パッド左
  • Look right: パッド右
  • Change unit: △
  • Arm unit L/Event: R
  • Arm unit R: 十字キー上
  • Extension: □
  • Disarm select: ○ + × + 十字キー下 + 十字キー左 + △
  • Disarm left: ○ + × + 十字キー下 + 十字キー左 + R
  • Disarm extension: ○ + × + 十字キー下 + 十字キー左 + □
  • Boost/Jump: L
  • OB/EO: 十字キー右

これだけ見ると、どう見ても不自然なボタン配置です。

でも問題ありません、次の設定でPS2版とほぼ同等の操作を実現してみます。

エミュレータ側(PPSSPP)の設定。

PPSSPPではPSPのボタンごとに、PCと接続しているコントローラの複数のボタンを割り当てることができます。

もちろん、PSPには存在しないLやRトリガー、右スティックもOK。

PS2には同等のボタンが存在するので、これらをうまく使えば、PS2同等の操作性を実現できます。

戦闘中のみならず、メニュー画面の操作にも差し支えないようにしておきます。

下記の表のうち、左はPSPのボタン、右は今回使用XboxOneコントローラのボタンを示しています。

  • 方向キー上: 方向キー上、RT
  • 方向キー下: 方向キー下、右スティック上、右スティック押し込み、LT
  • 方向キー左: 方向キー左、右スティック下、右スティック押し込み、LT
  • 方向キー右: 方向キー右、左スティック押し込み
  • ○: A、右スティック左、LT
  • ×: B、右スティック右、LT
  • □: X
  • △: Y
  • L: LB
  • R: RB
  • パッド上: 左スティック上
  • パッド下: 左スティック下
  • パッド左: 左スティック左
  • パッド右: 左スティック右

これで、PSP版でありながら、右スティックで視点上下と左右旋回、Rボタンとトリガーで両手武器の同時発射が可能になりました。

ブースト移動しながらでは押しづらい、○×や十字キーは、ほぼ使わなくてもいいということに。

また、1つのボタンを複数に割り当てることで、視点リセットはPS2版同様に右スティック押し込みで実現しました。

武器のパージはどうしてもPS2版と異なりますが、LTを押しながら該当ボタン、つまり2ボタンだけでパージ可能になりました。

5ボタン同時押しは、どう考えても無理がありますからね。

なお、PS2版A操作ではインサイドを直接発射するボタンがありますが、残念ながらPSP版には存在しないので、それは再現不可です。

よって、インサイドを使いたければ、どうしても武器切り替えが必要です。

各ボタンの機能を整理。

XboxOneコントローラに合わせた表記にするなら、以下のとおりになります。

なお、実際にはゲーム側で全ボタン割り当てられていますが、エミュ側で他のキーに割り当てていて、ほぼ使わないボタンは機能なしとしておきます。

  • 左スティック上下: 前進、後退
  • 左スティック左右: 旋回
  • 右スティック上下: 視点上下
  • 右スティック左右: 平行移動
  • A: なし
  • B: なし
  • X: エクステンション
  • Y: 武器切り替え
  • LB: ブースト
  • LT: パージ
  • RB: 左手武器
  • RT: 右手武器
  • 右スティック押し込み: 視点リセット
  • 左スティック押し込み: OB/EO

前述のように、近年のFPSを意識した操作ですが、旋回と平行移動は入れ替えています。

FPSだとAがジャンプであることが多いですが、それだと飛びながら撃てないので、LBにしています。

ただ、暴発しやすい左スティック押し込みで、ここぞというときのOB/EOというのは、ちょっとまずいかもしれません。

LTのパージか、□のエクステンションと入れ替えてもいいかも。

ちなみにメニュー画面にて、上記のキー設定の場合だと、PSPの○にあたる位置のボタンでキャンセル、×にあたる位置のボタンで決定ということになります。

PSP本来のものとは逆になりますが、Xboxの場合はこちらが通常であり、なおかつぼく自身がXboxの方に慣れてしまったので、こうしています。

実際に操作してみる。

上の動画が、実際にPSP版アーマードコアを、PPSSPPにてXboxOneコントローラで操作した様子になります。

PSPでは困難だった、両手武器を発砲しながらのブーストや視点上下が、PS2版同様に問題なく行えています

なお、対戦相手はPSP版で追加されたイサミ・ジャッシュ。この勝利リプレイを収めるまでに、20回くらい再戦してしまいました…。こんな強かったっけ。

しかし、エミュのことはさておいて、なんでこんなに追い込まれているんだろう。相手が強化人間ってこともあるけど。

余談。

やっぱりアーマードコアシリーズは、コントローラを握っていて最高に気持ちのいいゲームですね…。

これ以上のゲームに出会ったことがないじょ、冗談じゃ…。

でも、PSP版は本来コントローラがないですし、コントローラでやろうものなら、上記までのように正規ではない手順に頼らざるを得ません。

また、PSP版の仕様により、フレームレートも30までしか出ません。こればかりはエミュでもどうしようもありません。

フレームレートだけでなく、画質そのものもPS2より劣ります。携帯機である以上、仕方ないのですが。

とにかく、このままにするには非常にもったいないゲーム。現行据え置きハードあるいはPCで、HDリマスター版を作ってもらいたいところです。

あわよくば、新作を出してほしいところ…。もう5年近く新作が出ていない…。20周年も迎えたのに…。

追記。やっぱりPS2版と全く同じというわけではなかった。(2018/2/17)

ゲーム側とエミュ側のキーアサインをうまく使うことで、たしかにPS2版と同様に、左右のスティック、L2・R2、スティック押し込みは使えるようになりました。

しかしそれでも、ジナイーダなどのようにびゅんびゅん飛び回る敵に対しては、かなり照準が合わせにくいのです。

自分のエイムの腕前ももちろんあるのですが、もっともな原因はおそらく、スティックの倒し加減が反映されないこと。

PS2版であれば、右スティックを軽く倒すと、視点の上下移動がゆっくりとなり、深く倒せば早くなります。

しかしPSP版だと、本来右スティックでやっていたことをボタンに割り当てざるを得ないせいか、視点上下が必ず最速になってしまいます。

だから、ほんのちょっとだけ視点を動かしたくても、行き過ぎてしまうのです。そのため、うまく合わせられません。

それならば、視点上下をもともとPSPにもあるスライドパッドに変更してみましたが、それでも倒し加減は感知されず、最速の視点移動になりました。

PSP版アーマードコアがそういう仕様なのか、PSPのスライドパッドに倒し加減の感知がそもそもないのかはわかりませんが、とにかくPS2版の操作の完全再現とはなりませんでした。

でもPS2版には追加パーツがない…。ほんと、HDリマスター版出して!