ワイヤード・パンチ

サイトレイアウトを変えてみました。よろしければアンケートにご協力ください。

rank-checker.onlineはリファラースパムなのでブロックしよう。

googleアナリティクスを開いて、サイドバーから「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」と進み、画面が切り替わったら「Referral」を選ぶことで、リファラースパムが存在しないか確認することができます。ここ最近はリファラースパムがほとんどないか、あっても被害数が1で、ほとんど無害に近いものばかりだったのですが、久々にスパムらしいものが現れ、アクセス数を不正に10も吊り上げられてしまいました。

広告

rank-checker.onlineは何者?

今回問題となった「rank-checker.online」というドメインについて、googleで検索してみてもスパムだという報告例はまったくなし。新種のスパムでしょうか。ドメイン名からしても怪しく、当サイトはランキングに関わるようなサイトには一切登録しておらず、末尾が.onlineなんて見たことがありません。直接足を踏み入れるのも怖いため、サイト内検索を行うためのキーワード「site:rank-checker.online」で検索してみましたが、検索結果は0。つまりサイトとして存在していないことになります。

極めつけは、そのドメインの国。「Referral」のページを開いている状態で、「セカンダリ ディメンション」から国または言語を選択することで、どこの国からやってきたものなのか判明します。その結果、国はロシアだと判明しました。またロシアか!

当サイトは日本人向けのサイトであるため、ロシア人が訪れることは無いに等しいです。たまたま流れ着くこともあるでしょうけど、存在しないサイトから10件も流れ着くことなんてありえません。よって、「rank-checker.online」はリファラースパムだと断定できます。

カウントしないようにブロックしよう。

不正にアクセスを吊り上げられるのも困るので、いつものようにブロックしましょう。方法はあちこちのサイトで示されているので、改めて書く必要性も薄いのですが、ここでも一応説明しておきます。

まずヘッダーから「アナリティクス設定」を選び、画面が変わったら右側メニューから「フィルタ」を選び、「フィルタの追加」へ進みます。

フィルタの追加の画面に移ったら、「新しいフィルタを作成」を選択します。フィルタ名はお好きなものでいいのですが、ここではドメイン名と同じく「rank-checker.online」、フィルタの種類は「カスタム」を選択し、ラジオボタンの選択肢は「除外」、フィルタ フィールドは「参照」、フィルタ パターンはまたドメイン名と同じく「rank-checker.online」を入力します。

あとは「保存」ボタンを押して完了です。これ以上カウントされないことを祈るのみ。